豆知識

【独学】独学で絵を描くことはダメなの?無謀なの? 独学の4つのメリットとは?

 

こんにちは!nagaです。
9月になって、だいぶ過ごしやすい気温になってきましたね。
絵を描くことも、どんどん進みそうですね。

 

今回は、【独学】独学で絵を描くことはダメなの?無謀なの?
独学の4つのメリットとは?

ということについてお話ししていこうと思います。

 

私も今までずっと独学で絵を描いてきましたし、
絵の学校や大学などに通ったことはありません。

 

そのためか、周りからは
「絵の学校にも通ったことがないのに、絵描きだなんて何を考えているんだ」
とか
「絵の基礎も学んでいないのに、絵を描いていけるわけがないだろ」
とか
「絵なんか描いて、将来何になるっていうんだ」
とか・・・・
(ㆀ˘・з・˘)コワイ・・・よね?

 

「絵を描く」=「将来何にもなれない。ムダ」
みたいな、否定することばかり言われてきました。

 

そんなに絵を描くことが好きならなぜ、
学生の時に絵の学校や絵の大学を目指さなかったのか?
と言われそうですが、

 

私の場合は、
「目指さない」ではなく、「目指せない」でした。

 

今は中学や高校から、芸術学部や美術専門などの
多彩な芸術分野の学部や学校が新設されて、いろいろありますが
私の時代は限られたものしかありませんでしたし、
美術や芸術を目指すなら、美大やデザイン系の専門学校などが通常でした。

 

でも、美大は数も少ないし、倍率も相当で、
何より一番、目指せなかった理由は「学費が高い」ということでした。
(我が家ではそんな予算が皆無でしたので・・・)
( ;∀;)

 

これは今も思いますが、学費が高いという理由で、
どれだけの人が美術や芸術分野を途中で諦めているのだろうと
思ったり、「美大や専門学校をでないと美術関係に就職もできない」
みたいなシステムはなんとかならないのかな?と考えたりすることがあります。

 

そんな理由で、多くの期間、私は独学で絵を描いてきたのですが、

 

この「独学」、考えようによっては
いい面がたくさんあるよということを今回は
お話ししていこうと思います。

 

絵を描いていく上でも、いい面がたくさんある独学力
4つのメリットとは?

 

 

独学力とは何か?というと
教えてもらう師匠や先生などもなく、自力で
目標などを立てて、学習する方法のことを言います。

 

この独学、世間ではあまりいいようには捉えられていないようですが
私はそんなことはないと思っています。

 

なぜなら、独学にはいい面がたくさんあると思うからです。

 

 

1. 学びが深い

まず、独学で絵を描いてきた人には
先生や師匠などはいません。なので、常に誰かに頼ることなく
自分自身で学びを探し、方法などをみつけ
自分の道を自ら、つなげていくことができます。

 

 

2. 絵を学ぶときも常に楽しんでいる

絵を描くこと自体を常に楽しく、面白く感じながら
描くという学び自体も楽しんでいるので、嫌いになるということが
少ないです。

 

 

 

3. ヨコ型の学びや気づきを
柔軟に取り入れることができる

先ほどもいったように、
先生も師匠もいないので、過去の知識や技術の伝承などを
教えられたり、教えたりする日本ならではの
いわゆるタテ社会のみに縛られないので

 

考え方や行動などが、過去に固定させることなく
個々に自分を発展させて、ヨコ型の学びをしやすく
刺激し合い、どんどん自分で気づきを得て、上達していくので
新しいことをどんどん取り入れながら、
新しいことやものを、生み出す可能性が高いです。

 

 

 

 

4. 自分の考えを持っているので
チャレンジ精神が高い

自分なりの考え方や、意見を導き出せる人も独学の人には多いです。
独学でやってきている人は、ゴールがないので
一つの追求が終わると、また新たな追及をしていくので
探究心から、どんどんとチャレンジしていく
チャレンジ精神がとても高いです。

 

 

独学は「自分勝手」とか「個人的」とか
世間では結構マイナスなイメージがありますが
私はそんなことは全然ないと思っていますし、

 

むしろ、独学で何かをやってきた人ほど、それ以外のこともたくさん
学んできているので、これかからの時代は
とても大きなメリットになるのではないかと思っています。

 

 

なので、「自分は独学だけだから。。。」と諦めないで
それをどんどん自分の強みにしていってほしいなと思いますし
私自身もその最中です。

 

 

 

そして、どうしても独学では学べないなと思った時に
先生や師匠、プロなどから学んでいってもいいのかなと思います。
今はネットから、ある程度のことは自分で調べて学べたりするので
それからでも全然大丈夫だと思います。
現に、私がそうですのでね。
(^ ^)

 

 

なのでやっぱり、一番大事なのは
「続けること」「ブレないこと」「楽しめるやる気」なんですよね。
続けるといっても、なかなか難しいと思いますが
一日一枚、落書き程度でもいいので
鉛筆を持って手を動かしてみるとか
模写してみるとか

 

絵日記手帳みたいにして、毎日の出来事を
絵に描いてみるとかだったら、気軽に
続けることができますよね。

 

私は、結構夏休みの宿題で絵日記とか描くことが
大好きだったし、自由研究とか毎回楽しくてしょうがなかった
人間なので、よく描いたり作ったりしていましたね。

 

 

ただし、何も考えずに、目標も立てずに独学で描いていくのは
もったいないし、無駄になってしまうので、
せっかく独学で描いていくならば、
何か目標にするものを掲げて、描いていくのがいいと思います。

 

例えば、デッサンが自分は苦手だからと思ったら
デッサンを上達させるためにはどうしたら今より上達するのかを
考えたり、調べたり、工夫したりする。

 

自分は絵の具の扱い方が分からないからと思ったら、
いろんな絵の具を実際に数個買って、試し描きしてみるとか
あるいはこの時に、絵の具をもっと知るために、独学では厳しいから
教室に通ってプロに習ってみるとか

 

こんな感じで、独学+教えてもらう
でも十分絵は描いていくことができると思います。
私の場合、今はこれですね。

 

 

もちろん、経済的にもうちは大丈夫!という人は
専門的な学校に早くから通った方がいいにこしたことは
ないと思うので、それで全然いいと思います。

 

 

今回のまとめ

 

 

今回は、【独学】独学で絵を描くことはダメなの?無謀なの?
独学の4つのメリットとは?

ということについてお話ししました。

 

まず一つ目は
1. 学びが深いということ。
教えてくれる師匠や先生がいないので
ダラダラと話を聞くこともないし、自分の興味がある分野を
極めたいと、自らが望んで学んでいるので、より深く学びやすい
ということ。

 

 

2. 絵を学ぶときも常に楽しんでいる

絵を描くこと自体を常に楽しく、面白く感じながら
描くという学び自体も楽しんでいるので、嫌いになるということが
少ないということ。

 

 

 

3. ヨコ型の学びや気づきを
柔軟に取り入れることができる

先ほどもいったように、
先生も師匠もいないので、過去の知識や技術の伝承などを
教えられたり、教えたりする日本ならではの
いわゆるタテ社会のみに縛られないので

 

考え方や行動などが、過去に固定させることなく
個々に自分を発展させて、ヨコ型の学びをしやすく
刺激し合い、どんどん自分で気づきを得て、上達していくので
新しいことをどんどん取り入れながら、
新しいことやものを、生み出す可能性も高くなるということ。

 

 

 

4. 自分の考えを持っているので
チャレンジ精神が高い

自分なりの考え方や、意見を導き出せる人も独学の人には多いです。
独学でやってきている人は、師匠や先生に「よし!一人前だ」
と言われるようなゴールがないので
一つの追求が終わると、また新たな追及をしていくので
探究心から、どんどんとチャレンジしていく
チャレンジ精神がとても高いということでした。

 

 

なので、「独学はダメなのかな・・・?」とか
「独学では絶対に無理だ!」とか言われて悩んでいるという人は
今の時代、絶対にそんなことはないよ!ということを、

今回お話ししました。
季節も変わり始めて、これからどんどん涼しくなって
絵も描きやすくなると思うので、
ぜひ参考にしてみてください!

 

ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ