豆知識

初心者でも簡単!簡易的なボックスフレームを自作する方法を教えちゃいます!

 

こんにちは!nagaです。
今回は、初心者でも簡単に作れる簡易ボックスフレームを自作する方法
についてお話していこうと思います。

 

アナログで絵を描いていて、
せっかく描いたのだから、
やっぱり飾ってみたくなりますよね。

 

 

でも、いざ額縁やボックスフレームを
購入しようと思うと、これが意外にいいお値段が
するんですよね。

 

 

そこで、もっと気軽に絵を飾って
楽しめるように、安価に作製できる簡易ボックスフレームの作り方を
考えてみたので今回はそれを紹介しようと思います。

 

 

まずはボックスフレームに必要な材料を準備しよう!

 

<100均で材料を購入しよう>

まず、立体額のベースになる
フォトフレームを購入します。
100均なので、デザインは数多くありませんが、
フレームデザインなどにこだわりたい人は、
その他のお店などで、好きなフォトフレームを
購入してください。

 

準備するもの

フォトフレーム・木工用ボンド・ハサミ・ペンチ・油性マジック・つまようじ
フェルト(デザインシートでも可)・透明プラバン・水性ステイン(好きな塗料でいいです)
枠用のうすい木材・蝶番・三角吊り金具←これは、ホームセンターで購入してください。

 

 

 

 

<さっそく立体額を作っていきましょう>

フォトフレームを分解します。

購入したフォトフレームの包装透明ビニールを
外すと、もうすでにバラバラになっていると
思うので、まずは、フレームの一番後ろにある板の
スタンドを手で外していきます。簡単に外れます。
(スタンドがある場合のみ外して下さい)

 

そして、ペンチでスタンドについている止め金具も
外してください。

 

 

 

 

次に、フレームの止め金もペンチで外します。
ペンチで左右に動かしながら外すと
簡単にとれます。

 

 

次に、フェルトをさっき金具を外した一番後ろの板と
同じサイズになるようにはさみでカットします。

 

 

 

 

 

 

カットできたら、両面テープでフェルトと板を貼りつけます。

 

 

 

 

次に、枠用に購入したうすい木材を
一番上にあるフレームの内側の大きさに合わせて
のこぎりで4面分カットします。

 

 

 

 

 

カットできたら、ステインなどをハケで塗っていきます。
わたしは水性ステインをおすすめします。
すぐに乾いて、ほぼ無臭なためですが、
フレームに合わせて他の塗料で塗っても
構いません。

 

 

 

 

次に、プラバンをカットしていきます。
もともと、フレームを購入した時に、うすい透明な
プラスチックシートがあるのですが、これだと
少し強度が弱いかなと思うので、プラバンに変更します。

もともとついていたシートを、プラバンの上にのせて
油性マジックでサイズを写しとってはハサミでカット下さい。

油性マジックは、アルコールを含んだ
ウェットティッシュで後から拭けば落ちるので
大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

カットしたプラ板をフレームの内側に
木工用ボンドで貼り付けていきます。
この時、なるべくはみ出ないように、
つまようじなどを使って少しずつ貼り付けて
いきます。つけたら、乾くまで放置していてください。

 

 

 

乾くまでの間、先ほど塗った枠用板を
フェルトをつけた板の上に、ボンドで貼っていきます。

 

これで、絵を入れる部分とフタになる部分の完成です。

 

 

 

次に、フタと箱部分、片側2か所に蝶番をつけます。
蝶番の大きさは、使用するフォトフレームと、枠フレーム用の板
の厚みによって変わるので、ちょうどいい物を選んでください。
そして、飾るための三角吊り金具も2か所つけて完成です。


 

 

完成です!

 

 

 

<絵を実際にかけてみよう>

フレームが完成したら、実際に絵を一番後ろのフェルト板
部分にビスなどで固定し、飾ってみてください。

今回、ボックスを開閉式にしたので、季節に合わせて、
絵をかけ変えたいときなど、すぐに開けて、好きな時に好きな絵を
簡単に取り換えられるので、おすすめです。

 

フォトフレームのサイズを変更すれば、重さ的にA4サイズ
ぐらいであれば、壁にかけて絵を楽しめると思うので
ぜひ作って楽しんでみてください。

金額は、1000円以内でできると思いますが、
家に、ボンドやのこぎり、塗料などが元々あれば、
もっと安価に作れるのではないかと思います。

ちなみに、わたしは500円以内でできました。

 

 

ハガキサイズ↓↓↓↓↓

 

 

今回のまとめ

 

今回は、初心者でも簡単に作れるボックスフレーム
自作するについて紹介しました。

 

本格的な個展や、売り物として販売するための額ではなく、
自分の家に飾ったり、友人知人など、
気心知れた人などにプレゼントとしてあげる時
などには、安価に額を制作することができるので、
是非参考にしてほしいと思います。

ではまた次回。

ヽ(^o^)丿

 

-豆知識
-, , , , , , , , , , , , , , ,