おまけの話

絵が描けない!つらい!比べてしまう・・・絵を描いている時に襲われる劣等感の話

 

 

 

こんにちはnagaです。
絵が描けない!つらい!比べてしまう・・・絵を描いている時に襲われる劣等感
について、少しお話していこうと思います。

 

 

絵に限らず、仕事でも趣味でもなんでも
そうですが、何かをやっていると、ときたま
劣等感に悩まされることが誰にもあると思います。

 

 

私も絵を描くということで劣等感を感じる
わけですが、私が一番最初にそれらしきこと
を感じたのは、幼稚園時代でした。

 

子供の時から絵を描くことが好きで、よく
描いてはいたのですが、ある時、風のように
やってきて、風のようにあっという間に
去っていった超絶絵の上手い転入生に
出会った時のことでした。

 

それまで私はクレヨンで、幼稚園児に
あるあるな絵を描いていて喜んでいたのですが、
その子の鉛筆で描くデッサン絵と
いうものを見た時、衝撃が走りました。

 

 

今で言えば大学生が描いたような馬の嘶く
デッサン絵でした。彼女の絵を見た周りの
大人たちも目を丸くして、すごいすごいと
ビックリ仰天。天才だといわれていました。

 

 

今思えば、あれが初めて劣等感、悔しさ、
嫉妬を感じた出来事でした。
今まで自分がクレヨンで描いていた絵を
スゴイねと言った大人たちは一体なんだったのか?

 

 

自分の心の弱い部分、悔しさとヘタクソと
どうしてあんなに上手く、しかも鉛筆という道具を
使いこなし、見たこともない
写実的な絵を描けるんだろう。自分はこんな
ヘタクソで、まったくかなわない。
幼稚でバカみたいじゃないかと劣等感丸出しでした。

 

 

のちに聞くと、彼女は裕福な家の子で、
当時は習い事ブームの初期だったのもあり、
複数の習い事をし、絵も習っていたそうで、
そりゃ上手いだろ。となるのですが、
きっとそうとうな努力をして、毎日毎日練習をして
いたのではないかと思うんですよね。

 

 

今では名前も顔も覚えてはいませんが、あの
彼女の描いた絵だけははっきりと今でも覚えています。

 

 

私が幼稚園時代ということは、今みたいに
パソコンもスマホもネットも、デジタルと
呼ばれるものは一切なかった時代だったので
習える教室なんかを個人で調べたり、人づてに教えて
もらって通うという一択しかなかったのに、

 

当時たった5歳で大学生のような絵を描いて
いたわけですから。色々と学べる状況下でも
あったのでしょうね。

 

で、何が言いたいのかというと、絵が上手い
人は、やっぱり環境に恵まれているという
ことは否めないということなんですよね。

 

これをいうと、環境のせいにしているだけ
とかいう人もいるかもしれないと思いますが、
現に、産まれてから5年で、かたやなんでも
習うことができ、すでに絵に関する様々な知識や
デッサンを知っている。

 

かたや貧乏家で産まれ、何一つ習えず、
近所の子のおさがりのクレヨンで初めて絵を描き始める。
産まれてから5年でこれだけの差が
すでにあるわけです。

 

 

それはそうなんですよね。人は生まれる
前から全員が平等ではありませんから。

 

 

でもここからが重要で、
一歩自分より進んでいる人に追いつきたい、
あの人のように上手くなりたいと思ったら、

 

 

自分の努力以外に勝ものはないということ。
結局それかと思うかもしれませんがソレです。ホント。

 

 

とくに、絵を描くことに関しては、今より
絵をうまく描きたかったら、描くしかない。
たくさん学んで吸収するしかない。

 

 

ただ描くのではなく、苦手な部分を練習したり、
分析したり、研究したり、
常に上手い人の絵を見て学び続ける。

 

 

努力は報われないという人がいると
思いますが、私はそんなことはないと思うんです。
絵に対しては、努力した部分は
ちゃんと絵にした時に現れると思うし、
無駄でもないと思う。

 

 

あれだけ描いたのに上手くならないという人は、
努力のやり方が上手くいっていないだけで、
積み重ねたものは、やっぱり自分の力になる。

 

それは私の子供時代の絵を見れば分かると
思いますが・・・↓↓↓↓↓ (;^ω^)

 

 

今とは全然違うでしょ。

 

これが上手くなるのに努力は無駄というなら何なのか、
私が聞きたいぐらいです。(^-^;

 

 

なので、誰かの絵を見たり、誰かに何か
キツイことを言われて、劣等感を感じても
ダメだと思わず、諦めず、こぶしの中
に感じた劣等感を入れてグッシャ!!と握りつぶして、

 

 

大丈夫。と自分に言ってあげましょう。
もしくは、お風呂に入った時に、
クソッ!クソッ!と言って、一緒に流してしまいましょう。

 

 

何もしないよりはスッキリしますよ。(´∀`*)ウフフ

 

すごく上手い絵を描くなあ。という
人に出会って、劣等感や嫉妬、羨ましさを感じたら、

 

 

すんごい練習したんだろう。毎日毎日。
自分よりも。ただそそれだけのことだよ。
そう自分にいってあげましょう。

 

 

本当に、ただそれだけのことですからね。
天才はいないと私は思っています。
もしいるとしたら、天才ではなく、
努力のやり方が上手い人、コツを学ぶのが
上手い人だと思います。

 

 

おまけの話を読んでくれてありがとうございました。
ヽ(^o^)丿

 

-おまけの話
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,