風景画を描く時の考え方

【絵を描く練習時間】最初は20時間を目標に。残りの10時間は遊びに使おう。

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【絵を描く練習時間】最初は20時間を目標に。
残りの10時間は遊びに使おう。
ということについてお話していこうと思います。

 

毎日絵を描くために使う時間は、どのくらいとっていますか?
一日24時間のうちに、学校に行ったり、
仕事に行ったりと、人によって時間の使い方は
さまざまで、きっと多種多様あると思います。

 

私も、介護生活をしている時は、
全く絵を描く時間さえありませんでしたし、
自分の時間を確保することすら難しく、
お風呂の湯船につかった瞬間とか、
布団の中にもぐり込んだときが唯一、
自分のために使える時間でした。

 

この絵を描く時間、絵を練習していく時間はいったい
どのくらいあれば、絵を描く技術や、方法が身についていくのか?
ということをお話していこうと思いますので
最後まで読んでみてください。

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

を描く練習に使う時間。まずは20時間を目標に。

 

 

世間ではよく、何か新しい物事を覚えたり、
身につけたりするのに「一万時間はかかる」なんてことを
よく言ったり、耳にしたりすることがあると思います。

 

でも、それって現実的に考えてみると、絶対無理なんですよね。
一日は24時間ですから、これに一年間の365日をかけて
計算してみると。。。8760時間

 

一年間を時間で表すと、8760時間+1392時間(58日約2か月)=10152時間
一年と約2カ月でやっと一万時間を超えるわけです。

 

でも、これはあくまで24時間フルに、一つのことに時間を
使った場合なので、普通の人は絶対一年間で一万時間なんて
フルに使えませんよね。

 

たぶん、一日24時間のうちに使える時間は、ほんの2~3時間だと思います。
そして、この2~3時間だって、突発的な出来事や急用が入ってしまえば、
あっという間にこの貴重な時間さえなくなってしまうのが、
人間だと思います。

 

そして、24時間フルに使えなければ、何年にもわたり、
物事に使う時間を、数時間ずつ使っていくしかありません。
でも今度は代わりに、歳をとります。
人間生身なので、いつまでも若いままではいません。
体も脳も気力も年老いていきます。

 

じゃあどうすればいいのか?というと、
まずは20時間を目標にして、取り組んでみようということです。
「ジョシュ カフマン」という方がこのことを本にして
分かりやすく解説しています。
(読んでみたい方は、ググってみてください)

「たいていのことは20時間で習得できる」という本です。

 

 

この方は、一万時間には無理があるし、
たいていのことは20時間でできるようになるということを
自ら体験し、説いているわけですが、私も本当にそうだなと思います。

 

とくに絵の場合、超絶うまく描きたいと思ったら、
他のことを覚えたり、習得したりするよりも
とてつもない時間がかかると思うんです。
(私も今現在そこを目指している一人なのですが (^-^;))

 

そうなるためには、どうやって時間を配分するか、
作っていくかだと思うんです。

 

例えば、私の場合、休みの日だと朝7時くらいに起きて
洗濯機回して、その間にご飯食べて、8時ぐらいには絵を描き始めます。
その合間に、絵を描き、洗濯機がとまったら干して、また続きを描きます。
私は午前中にしかあまり集中力が続かないので、

 

絵具を使って絵を描く時は、なるだけ午前中にだけしか描かないようにしています。
その方がうまく描けるのでそうしているのですが、
8~12時までの4時間くらいになりますね。

 

午後は好きなことをします。買い物に行くとか
ウォーキングに行くとかゲームするとか、友達と会うとか。
そして、気分転換して帰ってきたらまた、絵を描きます。
でも、絵具では描きません。デジタルで模写をしたり、
下絵を考えたり、デッサンをしたり、このブログ記事を書いたりと、

 

夜ごはんの支度もしながら同時に描いたり、練習したりします。
常に朝も夜も、ながら描きみたいな感じになります。
そうでないと、私の場合は続きません。というより、
家の中のことも同時にやらないといけないので、現状続けられません。

 

「たった4時間のプラスアルファかよ。」と思うかもしれませんが、
その分ものすごく集中できるので、
長い時間、何時間も続けてダラダラと描いているよりも、明らかに
早く絵を描くことができるし、アイディアも生まれやすいです。

 

一日24時間の中でのたった4時間前後だけれど、
これを一か月のうち20時間を絵のことに使うとして、
残りの10時間は、他のことや、遊びに使うことができる。

 

一日に、たったの1時間絵を練習するだけでも20時間は一か月に
絵のために時間を使えることができるわけです。
こう考えると、20時間って意外と誰でも目指せる、
やさしい時間の目標になると思いませんか?

 

最初から「よし!一日フルに朝から晩まで描くぞ!」といっても
なかなか続けられないのが人間なので、
まずは20時間を目安に、一日一時間からはじめてみると
いいのではないかなと思います。

 

 

 

を描く練習時間。残りの時間は遊びに使う。

 

 

一か月20時間を目標にしたら、残りの10時間はどうするのか?
ということですが、この残りの時間は、
遊ぶことに使った方がいいと思います。

 

外に行っていろんなことを体験したり、色んなものを見たり
自分の心を楽しませたり、リフレッシュさせる時間です。

 

私だったら、山の中の故郷に帰ったり、
山登りに行ったり、ドライブにいったり、
グライダーやってみたり、馬乗りに行ってみたり。。。
ずっとやってるわけではなくて、体験してみるということです。

 

台風の暴風雨雷の中、富士山に登ったことがあるのですが、
富士山ではあまりの高さがゆえに、他に高いものが周りにないので、
富士山自身に落ちます。

 

雷が落ちると、地面を紫色の稲妻が坂を転がって走るんですよ⁉
すぐ目の前に落ちたので、死ぬかと思いましたが。。。(゚д゚)!

 

 

こんなふうに、実際に自分で体験してみないと絶対分からない体験なんです。
そして、その時の出来事や感情を覚えておいたり、メモしておいて、
絵を描く時にヒントにしたり、表現したりすることに使えたりするので、
自分の心のリフレッシュにもなるし、
同時に絵を描く時の資料集めにもなってしまう。
一石二鳥ですよね。

 

だから、遊ぶことも絶対にわたしは必要だなと思うんです。
だからといって、毎回遠出する必要もなく、
近場でだっていくらでもできますよね。

 

街中を歩いていて、ウィンドウショッピングの季節の飾りとかを見て
あんな感じのを絵にしてみたらどうだろうとか、
本屋さんでみつけた雑誌を見て、
これは絵を描くヒントになるかもと考えてみたり、
アンテナを張ることは、近場でもいくらでもできます。

 

私なんか、道路工事のおじさんを見て、絵にしたこともありましたよ。(^-^;

 

練習することも大切ですが、「絵1つ」のことで、自分をがんじがらめにしてしまっては
とても苦しいだけの時間になってしまうと思うので、残りの10時間くらいは
自分を大切にする時間にしてほしいなあと思います。

 

 

 

今回のまとめ

今回は、【絵を描く練習時間】最初は20時間を目標に。
残りの10時間は遊びに使おう。
ということについてお話してきました。

 

まず、24時間フルにずっと絵を描く時間にするのは大変だし、
無理なことなので、まずは1か月20時間を目標にして、
1日1時間を目安に絵を練習する時間を作るといいということ。

 

そして、残りの10時間は自分を大切にする時間。
遊びに使うといいということ。自分を絵にがんじがらめにするのではなく、
自分の心も大切にしてあげて、楽しんだり、
リフレッシュしたりする時間。と同時に
アンテナも張りながら遊ぶと、一石二鳥になるよということでした。

 

絵に向き合う時間というのは、人それぞれ色んな形が
あると思いますが、1日にたとえ一時間でも、
全く何もやらないのとでは全然違うと思うので、
参考にしてみてください。

 

では、また次回
ヽ(^o^)丿