絵を描く時の考え方

【アイレベルというモヤモヤ!】風景を描くには、アイレベルを理解して色々なモノの見え方を考えてみよう!

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【アイレベルというモヤモヤ!】風景を描くには、アイレベルを理解して
色々なモノの見え方を考えてみよう!ということについて
お話していこうと思います。

 

【アイレベル】この言葉を、絵を描いている人なら
一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

アイレベルとは、英語で表すと【Eye Level】
絵を描くうえでのアイレベルは、カメラの高さのことをいいます。

 

このアイレベルの位置を、どのくらいにするかによって
絵の見え方がいろいろと変わってくるので、
知っておくと、より変化のある風景を楽しみながら
描くことができるのではないかなと思うので、

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

アイレベルのモヤモヤ!風景を描くには、まずアイレベルを理解してみよう

 

 

先ほども言いましたが、アイレベルとは、絵を描くうえでは、
英語で表すと【Eye Level】
カメラの高さのことをいいます。

 

このアイレベルという表現は、きっちりとした定義がなく、
色々な業界で高さを表す具合が違っていたります。

 

建築業界では、見る側の目の高さをアイレベル
と言ったり、地平線HL(Horizontal Line)
ホリゾンタルラインといったり、
EP(Eye Point)アイポイントといったりしますが

 

絵を描くうえでのアイレベルは、カメラの高さというように
理解した方が分かりやすいと思いますので、
ここでは、アイレベルはカメラの高さ
というふうにして説明していこうと思います。

 

 

 

 

下の写真を見てください。

 

あなたは、この場所でカメラを持って撮影しているカメラマンです。

 

下に真っすぐな道がありますが、この真っすぐな道、
ずっと向こうまで行くと、一つの点(オレンジ点)に向かって
手前から奥へと、道の幅がだんだんと小さく狭まっているのが分かると思います。

そして、点に向かって狭まっていった道の終わりは、もっと遠くにあるので
実際にはまだまだ先に続いていますが、
この場所から見ている時点では、オレンジ点のあたりで、
道は消えてしまっているかのように見えていますよね?

 

これを字のごとく、【消失点】と言います。

 

そして、この消失点がある同じライン上をアイレベルと言います。
あなたが立ってカメラを持ち撮影している、カメラの高さと同じです。

 

このアイレベルは、カメラで撮影する高さによって
いろいろと変化します。

 

下の図のように、カメラの位置が低くなれば、
アイレベルも同じく低くなります。

 

 

 

 

そして、カメラの位置が高くなれば、
アイレベルも同じく高くなります。

 

 

じゃあ、アイレベルは水平線と同じライン上にあるのでは?
と思うかもしれませんが、現実はそうではなく、
アイレベルと水平線は同じラインではありません。

 

アイレベルはあくまでカメラの高さで
水平線は水平線です。
その違いを説明していこうと思います。

 

風景を描く時のモヤモヤ!アイレベルは水平線とは違うのか?同じなのか?

 

アイレベルは、水平線とは同じではない
と先ほども言いましたが、ではなにが違うのか?

 

 

 

下の図を見てください。
ロボ君の身長が150㎝だとした時、
ロボ君がどんなに遠く離れて小さく見えても
地面とアイレベルの間隔はどこまでも150㎝の
間隔があいています。

 

 

 

遠くを拡大してみます。
こんなふうに、ロボ君がかすむほど遠くでも間隔は変わりません。

 

 

 

 

では、分かりやすく、これを真横から考えてみます。
真横から見ても、アイレベルと地面の間は150㎝で変わりませんし、
地面と同じラインにアイレベルが交わることはありません。

 

これも拡大してみます。
横から見ても間隔は変わりません。

 

じゃあなぜ、地平線とアイレベルは同じというようになったのか?
というと、絵を描く時に、そこまで細かく描き分けて
絵を描く人はいないからです。

 

遠くの点のように小さくなった風景部分を描く時に、
いちいち、150㎝の間隔をあけて・・・なんて描きませんよね?
結局アイレベルと地平線はだいたい同じライン上になってしまう。

 

なので、アイレベルと地平線は実際に言えば
絶対に交わることはありませんが、
絵を描く時は、そこまでいちいち細かく描き分けないので、
だいたい同じラインということで、
アイレベルと地平線は同じというように
なったのではないかと思いますし、

 

絵を見る側も、遠くにある点のような部分を
いちいちアイレベルがどこで
地平線がどうでなんて考えながら見る人も
いないと思いますしね。

 

これも以前お話した、絵作りの演出の1つ
それらしく見せる部分なのではないかなと思います。

 

なので、地平線とアイレベルは同じラインではないけれど
絵を描くうえでは、だいたい同じになってしまうので、
そのことを頭の片隅に入れながら絵を描いていくと
分かりやすくなるのではないかなと思います。

 

今回のまとめ

 

今回は、風景を描くには、アイレベルを理解して
色々なモノの見え方を考えてみよう!ということについて
お話してきました。

 

アイレベルとは、きっちりとした定義はなく、
業界によって様々な位置づけになっていますが、
ここでは、アイレベルはカメラの高さということ。

 

そして、カメラの位置が高くなれば、
アイレベルの位置も高くなり、
カメラの位置が低くなれば、アイレベルも低くなるということ。

 

アイレベルは、実際には地平線と同じラインではないけれど、
絵を描くうえでは、だいたい同じラインになってしまう、
絵作りとしてそれらしく見せる部分ということでした。

 

本当に、このアイレベルと地平線に関しては、さまざまな解説があって
今回お話したことが全て正しいことではありませんので、
自分なりに納得のいく答えをいろいろ見つけて理解するのも
いいのではないかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

ではまた次回。
ヽ(^o^)丿

 

↓↓↓↓↓↓↓

【初心のための練習】絵がうまく描けるようになるために、モノの質感を表現する練習をしてみよう!へ進む

-絵を描く時の考え方
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,