絵を描く時の考え方

【風景画にひと工夫!!】風景画に奥行きや迫力感を出すには、3つの透視図法を理解してみよう

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【風景画にひと工夫!!】風景に奥行きや迫力感を出すには
3つ透視図法を勉強してみよう

ということについて、お話していこうと思います。

 

透視図法、これも前回お話したアイレベル
と同じくらい、絵を描く人なら耳にした
ことがあると思います。

 

【透視図法】この言葉だけを聞くとなんだか
堅苦しい感じがして、難しそうでなんか
嫌だなぁなんて思いますよね。

 

私も実際に好きではありませんでした。
絵を描くのに、こんな物理みたいなことを考えて
理解しなければ絵を描く幅が広がらないのかなとか、思っていました。

 

でも、透視図法は、難しいと思われがちですが、
分かりやすく考えると、とてもシンプルなもので、

 

一度覚えて、知ってしまえば、奥行き感や
迫力のある絵を描く幅が広がると思うので、
気軽に最後まで読んでもらうといいかなと思います。

 

 

 

風景画に奥行きや迫力感を出すための透視図法とは何なのか?

 

 

透視図法とは、英語ではperspective(パースペクティブ)、
パースなどと言われたりしています。

 

絵や画像といった平面的な2次元の世界から、
モノの立体感や奥行き感、モノが実際にそこにあるように
感じられる迫力感、遠近感などを、
3次元に、視覚的に感じられるように表現する図法のことをいいます。

 

 

もっと簡単にいうと、
絵や図で実際にさわれるような、立体的なデコボコした
感じには表現できないけれど、絵や図を見た時に
あたかもそこに立体的にあるかのように描く方法です。

 

 

 

 

下の絵を見てください。
正面から見て、透明の板をはさんだ向こう側に、木材があったとします。

 

 

 

その透明な板にマジックで、
向こう側にある木材の形を描き写します。

この描き写した1枚の平面で見る世界が、2次元としての見え方です。

 

 

 

そして、モノが立体的に見える世界、
向こう側にある木材そのものが、3次元での見え方です。
実際に立体的になっているモノですね。

そして、さきほど透明な板にマジックでなぞった木材の絵、
これが透視図法の語源です。漢字を見ての通りですね。

 

3次元、実際にある立体的なものを、
2次元、平面で絵や図にすることをいいます。

 

どうでしょう?初めの堅苦しいイメージが
少しは、なくなったのではないかなと思います。

 

透明なものに、モノの形を写して描くことが透視図法という語源ということ。
簡単ですよね。

 

もし、分かりずらかったら、透明なプラバンや下敷きを買ってきて、
実際に自分でもモノを写しとってみてください。
より分かりやすくなると思います。

 

 

風景画に奥行きや迫力感を出すには、なぜ透視図法を使うことがいいのか?

 

 

では、風景画を描く時は必ず透視図法を使って
考えて描かなければならないのか?
というと、まったくそういうことはありません。

 

絵本なんかをよく見てみると分かりますが、
子供の目線で絵が描かれているので、
透視図法を考えて描かれているものよりも
むしろ、子供が初めて絵を見た時の感覚や

 

色の鮮やかさ、強烈なインパクトなどに
重心をおいて描かれていたりするので、
透視図法を使った絵の方がもしかすると
少ないかもしれません。

 

だからと言って、風景画を描く時に
完璧に透視図法をとりいれて、ガチガチに描く必要は
ないと思いますが、多少は考えて描いていった方がいいと思います。

 

なぜかというと、風景画は現実感がある絵にしてこそ、落ち着いた印象を与えたり、
癒しを与えたり、絵に説得力を与えたりすることができると思うからです。

 

風景は普段、人が常に目にしている景色と、一番近い世界にある存在ですよね。
それが、透視図法を使わない、自由でバランスは崩れ、色あいもめちゃくちゃで、
絵本のように感覚的な絵だったら、

 

どこか違和感がでて、不自然さが際立ち
見ている人もなんだか視線が落ち着かない。
風景画というより、むしろ抽象画といってもいいかもしれません。

 

風景画はある程度絵にまとまりがあって、バランスもとれていて、
見る人の視線もばらつかない。現実に近い絵にした方が、
見る人にとっても、落ち着く絵になるなのではないかなと思います。

 

なので、透視図法を風景画にとりいれる
ことはある程度、必要不可欠なのではないのかなと思います。

 

 

風景画に奥行きや迫力感を出す透視図法には3つの種類がある。

 

 

透視図法には、3つの種類があります。

step
1
【1点透視図法】

前回お話したアイレベルの時に、消失点
という言葉でてきたと思いますが、
この消失点が1つある、この消失点1つを利用して描いた絵や図のことをいいます。

 

 

step
2
【2点透視図法】

消失点が2つある、消失点2つを利用して
描いた絵や図のことをいいます。

 

 

step
3
【3点透視図法】

消失点が3つある、消失点3つを利用して
描いた絵や図のことをいいます。

それでは、これから一つづつ説明していこうと思います。

 

風景画に奥行きや迫力感を出すための図法その1。一点透視図法

 

まずは、【1点透視図法】について分かりやすく説明していこうと思います。

 

一点透視図法は、前回の時も少しお話した、
アイレベル上にある1つの消失点に向かって
だんだんと、モノが遠くにいくほど小さく、
普段見ている景色と同じような見え方で、違和感なく、
描いていくための図法です。

 

 

下の絵を見てください。
こんなふうに一点透視の考え方は、正面から見た時
1つの面だけがぴったりと、透明な板にくっついているイメージをする
分かりやすいと思います。

 

 

そして、全体を考えてみます。
下の絵のように、中心にある1つの消失点に向かって、全てのモノは
小さく縮小されて描かれます。

 

前回お話した、ロボ君と同じですね。
ロボ君の体を遠くに描くと、小さくはなるけれど、
ロボ君の身長は、どこまでいっても変わらないということです。

 

こんな風に一点透視図法の原理を使って描くと、
平面的に絵を描くよりも、実際にモノが立体的に見えるように
表現でき、遠くのものは小さく、
近くのもの大きくみせることができます。

 

 

 

風景画に奥行きや迫力を出すための図法その2。二点透視図法

 

二点透視図法は、これも読んで字のごとく、
アイレベル上にある2つの左右の消失点に向かって
普段見ている景色と同じような見え方で、違和感なく、
モノが小さく、そして、手前に来れば来るほど大きく描く
図法のことをいいます。

 

 

下の絵を見てください。
二点透視図法の考え方は、2つの隣り合う面の辺だけが
透明な板にぴったりとくっついていると考えてみてください。

 

 

 

 

全体を見てみると、下の絵のように
アイレベル上の左右にある2つの消失点に向かって
モノの形が縮小されているのが分かると思います。

この二点透視図法も、家や街並み、ビル群などを描く時に使うと、
それらしく遠近感がでて、奥行きなども表現することができます。

 

 

風景画に奥行きや迫力を出すための図法その3。3点透視図法

 

 

そして最後は、3点透視図法ですが、
これは2通りあります。

 

アオリ・フカンという言葉を聞いたことがあると思いますが、
まずは、フカンとも呼ばれる、上側からモノを見おろした時に使う
3点透視図法を説明していこうと思います。

 

 

 

下の絵を見てください。
フカンの時の3点透視図法の考え方は、
木材の3つの辺の集まった、角の部分だけが
透明な板にぴったりとくっついていると考えてみてください。

 

 

 

全体を考えてみると、下の絵のように
先ほど説明した2点透視の2つの左右の消失点と
真下にある、もう一つの消失点を合わせた3つの消失点に向かって
普段見ている景色と同じような見え方で、違和感なく、
モノが縮小されているのが分かると思います。

 

 

これがモノを見下ろした時、フカンと言われる表現を描く
一つ目の3点透視図法です。
これも先ほどの2点透視と同じく、家やビルなどに使ったり、
空の上から見下ろす構図なんかを描く時に使ったりします。
鳥の目線なんてこともいわれたりします。

 

 

そして、もう一つ、これと真逆の形、
今度は3つの辺が集まる角の部分を、下から見上げた形
アオリともいわれる図法です。

 

全体を見てみると、下の絵のようにモノを下から見上げて
いるように、左右の消失点と上の消失点3つに向かって
モノの形が縮小されているのが分かると思います。

 

 

 

これも、家やビル群、崖などを描く時にも使えますし、
絵に迫力を出したい時にも使える図法です。
アリの目線なんてことも言われたりしています。

 

この3つの透視図法を使って、風景を描くと、
普通に正面から見た風景を描くよりも、
普段とは違う構図になるので、色々な絵の表現をすることが
できるのではないかなと思います。

 

だからと言って、すべて完璧に透視図法に当てはめて
描いてしまえば、どこか違和感がでるので、
あくまでも図法は目安程度にして、建物や人工物には
この図法を当てはめて考えて、絵を描いていく
見ていて説得力のある絵が描けるのではないのかなと思います。

 

 

 

今回のまとめ

 

 

今回は、【風景画にひと工夫!!】風景に奥行きや迫力感を出すには
3つ透視図法を勉強してみよう

ということについて、お話しました。

 

絵や画像といった平面的な2次元の世界から、
モノの立体感や奥行き感、モノが実際にそこにあるように
感じられる迫力感、遠近感などを、
3次元に、視覚的に感じられるように表現する図法のことをいい、

 

もっと簡単にいうと、
絵や図で実際にさわれるような、立体的なデコボコした
感じには表現できないけれど、絵や図を見た時に
あたかもそこに立体的にあるかのように描く方法のこと。

 

透視図法には、一点透視図法・二点透視図法・三点透視図法の3つ
があって、この3つを目安にしながら絵を描いていくと、
実際にいつも目にしているような表現で描くことが
できるので、違和感がなく説得力のある絵が描いていける
ということでした。

 

正面からの絵の構図に飽きてしまったり、
何かもう一つ工夫したいという人は、
この3つの透視図法を使って一度絵を考えてみるのも
いいのではないかなと思います。

 

それではまた次回。
ヽ(^o^)丿

↓↓↓↓↓↓

【アイレベルというモヤモヤ!】風景を描くには、アイレベルを理解して色々なモノの見え方を考えてみよう!へ進む

 

 

 

 

 

 

 

-絵を描く時の考え方
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,