絵を描く時の考え方

絵の迷い人必読!年齢が脳裏にちらついて迷う。絵が上達するのに年齢は関係するのか?

 

こんにちは!nagaです。
今回は、絵を描くことと、年齢についてということで、
絵の迷い人必読!年齢が脳裏にちらついて迷う。絵が上達するのに年齢は関係あるのか?
についてお話していこうかと思います。

 

あーあ。もっと若かったら絵がきっとうまくなったのに。
もう若くないから、目にきちゃって、絵が全然描けないの。
歳にはかなわないなぁ。

 

よく聞きませんか?これ。
でも、それって本当ですか?と私は思うんです。

 

だって、定年してから絵を始めた人で、
めちゃくちゃ絵が上手い人もいるし、
若くて、何年も絵を描いている人なのに
上手くない人もいますよね。

 

じゃあ何がいったい違うのか?
これを自分に当てはめて考えてみたいと思います。

 

年齢が脳裏にちらつく・・・。絵を描くのは好きだったが、ヘタだった

 

私は、絵を描いたり、何かを工作したりする
ことが幼い頃からとても大好きでした。
でも、上手だったのか?と言われると、

 

まったくそんなことはありませんでした。
言わば平均、平凡で、普通という言葉が
当てはまる子供。つまりヘタです。

 

その証拠として、下の画像を見てください。
私が幼稚園の時、3歳の時に描いた絵です。

ね?普通なんですよ。子供の落書きです。

 

 

 

 

そして、もう一つこの画像を見てください。
これは幼稚園5歳くらいの時に描いた絵です。

ここでもいたって落書き程度です。
天才でも何でもありませんよね。

 

 

 

 

そして、次の画像は小学三年生くらいですね。

色鉛筆で色は使ったりしていますが
ありきたりな、太陽に木とか普通の子供の絵ですね。

 

 

 

次は中学生くらいの時に描いた
「ナウシカ」の模写ですね。

このあたりで、ようやくデッサンとか、
模写とかいう言葉を知って、描いた絵ですね。

でも、途中で嫌になって、手前部分なんか放棄していますね・・・(^-^;
飽きてしまって全く続かなかったんですね。

 

 

次は大人になってから、描いた絵ですね。
この頃は、自分の意識も変わったので、だいぶ描けるようになっているかなぁ
とは思いますが、うまいとは言えないですね。

 

 

で、なにが言いたいかというと、
絵が上手くなるのに、年齢はまったく関係ない
のではないかなということ。

 

私の画像を見てもらったので分かると
思いますが、子供時代はいたって普通ですよね。
誰でも描いている子供の絵です。

 

でも大人になって、
「絵を描く」という考えや意識を自分の中で変えたこと
によって、絵に向かう姿勢も変わったので、
しっかりと絵に対して向き合うようになった。

 

自分の今の絵の状態には、何が足りなくて
どんなふうに習得すれば、今よりもっと絵が上手くなるのか?

 

これを自分でしっかりと見極めて、
絵を描くことによって、だんだんと絵が
上達するのではないかと思います。

 

今回のまとめ

 

 

今回は、絵の迷い人必読!年齢が脳裏にちらついて迷う。
絵が上達するのに年齢は関係するのか?
についてお話しました。

 

 

私自身の、絵の上達過程を入れながら
絵と年齢について考えてみましたが、
「絵の上達=年齢」ということは、まったく関係ない
ことが、分かるのではないかなと思います。

 

 

「年齢」ではなく、自分の絵に対しての向きあう姿勢や、意識を変化させて
どれだけ絵に向き合うことができるか?

ということではないのかなと思います。

 

 

そして、自分に足りないものは何か?
どうすれば今よりもっと絵が上達するのか?
ということを見極める力も大切
だということ。

 

なんせ、私は色々あって本格的に絵と向き合おうと思って始めたのは
今から5年前のことですから。(;´・ω・)

そして、今も絶賛修行中。

もちろん何を始めるにも、早い方がいいのにこしたことはないですが、
そういう意味でも、年齢はあまり意味がないのかなと思っています。

 

参考になれば幸いです。ではまた次回。
ヽ(^o^)丿

 

 

↓↓↓↓↓ この記事へ進む ↓↓↓↓↓

絵の迷い人必読!絵を描くためのアイディアや想像力を育てるポイント2つ

 

-絵を描く時の考え方
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,