絵を描く時の考え方

初心者必見!意外と知らない人が多い?2つの空気遠近法をマスターしよう

 

こんにちは!nagaです。
今回は、初心者必見!意外と知らない人が多い?2つの空気遠近法をマスターしよう
ということについてお話していこうと思います。

風景画を描く時、必ず理解しておかないといけないことの1つに
この空気遠近法というものがあります。

 

この空気遠近法を理解したうえで、絵を描くと
絵の奥行きや、遠近感をとらえられた絵が描けるので
是非覚えておくといいと思います。

 

 

そもそも空気遠近法とは何なのか?

 

 

空気遠近法とは、距離に応じて大気の層(空気の層)が厚くなり、
見えるものがその空気の層を通して徐々にかすんで見え
距離が遠くになればなるほど、最終的には見えるものが
空の青さに溶け込んで見えなくなることをいいます。

 

 

 

文章にすると分かりにくいと思うので、下図を見てください。↓↓↓

 

 

 

このように、遠くにある風景は近くでははっきりと色あいなども
分かりますが、距離が離れるにつれて、色合いは青みがかり、
やがては空の色に溶け込みます。

 

 

意外と知らない人が多い?空気遠近法の二つの見え方

 

この空気遠近法には、二つの見え方があります。
一つ目は、レイリー散乱という見え方をするものです。

 

このレイリー散乱ですが、先ほども言ったように、
大気の層(空気の層)には、窒素、酸素、二酸化炭素、アルゴン・・・
などのいくつかの空気の粒(気体)や細かな微粒子があります。

 

太陽光がこの空気の層に入ってくると、
空気の層にある、このいろいろな微粒子によって光は散乱します。

 

 

太陽光には波長というものがあり、
波長の短い光は多く散乱し、空いっぱいに広がります。
そして、波長の長い光は、散乱しずらく、地上に届きにくくなるので、
地上にいる人にはほぼ見えなくなります。

 

 

この原理から、
昼間はこの空気の層が薄く、光が通過する距離が短くなるため、
波長の長い光(赤く見える成分)は散乱しずらく、地上へ届くまでには少なくなり、
地上で見ている人の目にはほぼ見えません。そして、
波長の短い光(青く見える成分)はたくさん散乱し、空いっぱいに広がるので、
地上へも届きやすく、見ている人の目にも見えるので
昼間は、空全体が青く見え、遠くの景色はこれにより、
青みがかって見えます。

 

遠くの景色が青く見えるレイリー散乱(昼間)↓↓↓

 

 

そして、夕方は空気の層が厚く、太陽は傾き、
光が地上に通過する距離が長くなるので、
今度は波長の短い光(青く見える成分)は散乱しずらく、地上へ届くまでには少なくなり、
地上にいる人の目にもほぼ見えず、
波長の長い光(赤く見える成分)が多く散乱し、空いっぱいに広がり、
地上へも届きやすく、見ている人の目にも見えるので、
明け方や夕方は、空全体が赤く見え、遠くの景色も
赤みがかって見えます。

 

赤みがかって見えるレイリー散乱(夕方)↓↓↓

 

 

これがレイリー散乱という現象、見え方です。

 

 

 

 

そしてもう一つは、ミー散乱です。

これは朝日、夕日、チリやほこり、雨上がりのあとなど、
空気中の水蒸気が多い時に見られる現象です。

 

雲は水蒸気でできていますが、この水蒸気の粒は、太陽光、光の波長と
ほぼ同じ大きさ~より大きい粒でできています。
この粒や、空気中のチリやほこりに光が当たると、
空気の層が厚い所ほど、白っぽく見え、
遠くの景色はかすんで見えます。

 

ミー散乱により遠くの景色が白っぽく見える↓↓↓

 

 

これがミー散乱という現象、見え方です。

 

この二つの空気遠近法の原理を頭にいれて、風景画を描くと、
絵に奥行きと遠近感などが出るのでおすすめです。

 

今回のまとめ

 

今回は、初心者必見!意外と知らない人が多い?2つの空気遠近法をマスターしよう
ということについてお話しました。

 

空気遠近法は二つの見え方があり、
一つ目は、レイリー散乱で、
昼間はこの空気の層が薄く、光が通過する距離が短くなるため、
波長の長い光(赤く見える成分)は散乱しずらく、地上へ届くまでには少なくなり、
地上で見ている人の目にはほぼ見えません。そして、
波長の短い光(青く見える成分)はたくさん散乱し、空いっぱいに広がるので、
地上へも届きやすく、見ている人の目にも見えるので
昼間は、空全体が青く見え、遠くの景色はこれにより、
青みがかって見えるということ。

 

そして、夕方は空気の層が厚く、太陽は傾き、
光が地上に通過する距離が長くなるので、
今度は波長の短い光(青く見える成分)は散乱しずらく、地上へ届くまでには少なくなり、
地上にいる人の目にもほぼ見えず、
波長の長い光(赤く見える成分)が多く散乱し、空いっぱいに広がり、
地上へも届きやすく、見ている人の目にも見えるので、
明け方や夕方は、空全体が赤く見え、遠くの景色も
赤みがかって見えるということ。

 

 

そして、ミー散乱というものがあり、
朝日、夕日、チリやほこり、雨上がりのあとなど、
空気中の水蒸気が多い時に見られる現象で、
水蒸気や、空気中のチリやほこりに光が当たると、
空気の層が厚い所ほど、白っぽく見え、
遠くの景色はかすんで見えるということでした。

 

参考にしてみてください。
では、また次回。

(^O^)/

 

 

↓↓↓↓↓↓ この記事へ進む ↓↓↓↓↓↓

初心者必読!光の魔術師になれるグレーズ技法とは?

 

 

 

 

 

-絵を描く時の考え方
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,