絵を描く時の考え方

単純な絵とはさようなら!迫力のある絵を描くためのコツと考え方3つ

 

こんにちは!nagaです。
今回は、単純な絵とはさようなら!迫力のある絵を描くためのコツと考え方3つ
についてお話したいと思います。

 

構図を勉強したりすると
こんな構図もあるんだ。と色々試したくなったり
するんですよね。でもなぜか上手くいかない・・・(-ω-)

 

そんな時のコツと考え方をさっそくお伝えしようと思います。

 

 

単純で迫力がでないのは、視点の位置が高いから

 

まず、描いた絵全体を見た時に、あんまり迫力がないなとか
なんかいまいちだなあ思ったら、
視点の位置(アイレベル)を下げて絵を描いてみる
ことを考えてみるといいと思います。

 

普通の視点(アイレベル)をいつものように画面の真ん中にして
絵を描くよりも、視点が下がり、見上げるような構図になるので
視点を真ん中にした時よりも、迫力がある絵になります。

 

この時の視点(アイレベル)の位置は、膝よりも下の位置からの
視点にする方が、スケール感や迫力は出ると思います。

 

単純にならないように、描きこみは遠景ほど描きこもう

 

スケール感や迫力のある壮大な絵を描きたい時は
遠景、奥の部分をしっかりと描きこむといいです。

中景~近景、手前の部分は、誰でもはっきりと
描きこむので、奥の細かい部分をごまかさないで
きちんと描くと、見る人の視線をしっかりと遠景に
向けることができるので、迫力感が出ます。

 

 

遠景部分を描きこむときは、写真や実際に見たものを
そのまま描くのもいいですが、それよりも、
すでに絵になっているものを参考にして描くといいです。

 

 

なぜなら、写真や実物だとなかなか細かくて大変だし、
そのままを絵にした時に、遠景だけあまりにはっきりと
してしまって、全体を見た時にどこか違和感がでるからです。

 

なので、すでに誰かが絵にしてくれているものを参考にした
方が、違和感なく、それらしく、見る人の視線を集めることが
できるのでいいと思います。

 

 

迫力のある絵を描きたいなら、映画・アニメを参考にしてみよう

 

 

迫力のある絵を描きたいと思ったら、
まずは映画やアニメを参考にしてみるといいと思います。

 

構図の取り方や場面の切り方はもちろん
何より参考になるのがライティングです。
暗い所に差し込むわずかな光とか、
人物にあたるリムライトとか、
それらしく見せる見せ方がとても勉強になります。

 

気に入った場面があったら、それを写真にとって
模写をしてみるのもいいです、この時はモノクロで
模写をすると、光と影のつけ方が勉強になるのでオススメです。

 

なぜモノクロかというと、物を単純に見ることができ
物の正確さを意識することができるからです。
たくさんの色で模写するのも悪いわけではないですが
色がいくつも使われているだけ、その部分を
たくさん認識しながら描かなくてはならないので

 

集中力が切れてしまったり、続かなかったりする
と思うので、最初はモノクロの2色だけで模写するといいと思います。
そして、慣れてきたら色を少しずつ入れての模写を
するといいと思います。

 

今回のまとめ

 

今回は単純な絵とはさようなら!迫力のある絵を描くためのコツと考え方3つについて
お話しました。

 

1、視点(アイレベル)の位置を下げてみる
いつもの真ん中あたりの視点ではなく、ひざ下からの視点にして
下から上を見上げる構図を作ってみるということ。

 

2、遠景ほど細かく描きこむ
スケール感や壮大感を出したい時は、見る人の視線を
しっかりと奥や遠景にまで向けるために、それらしく
描きこむということ。

 

3、映画やアニメを見て参考にし、模写をしてみる
構図の取り方や場面の切り方はもちろん
何より参考になるのがライティングなので、
物の正確さを意識して理解し、とらえるために、
最初はモノクロで模写し、次にカラーで模写してみる。

 

ということでした。
他にも迫力を出す方法はいくつもあると
思いますが、まずはすぐに試せる方法をお話してみたので
ためしてみてください。

ではまた次回。(^^)/

 

 

↓↓↓↓↓ この記事へ進む ↓↓↓↓↓

より自分の絵を豊かにするための3つの方法とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-絵を描く時の考え方
-, , , , , , , , ,