絵を描く時の考え方

絵の迷い人必読!絵を描くためのアイディアや想像力を育てるポイント2つ

 

こんにちは。nagaです。
何か絵を描こうと思った時に、まず最初に思うことは、
「どんな絵を描こうかな?」ということを
必ず考えるのではないかなと思います。

 

 

今回は、この「何を描こうかな?」という思考の部分、
絵を描くためのアイディアや想像力を育てるポイント2つ
についてお話していこうかなと思います。

 

 

アイディアや想像力は才能なのか?

 

 

 

想像力やアイディアと一言で言っても、
なかなか難しいですよね。
絵が上手い人を見ては、
「いいなあ。あんなに想像力があって。」
「自分にはあんな才能はない。」

 

 

こんな風に思ったことが、
絵を描いている人と誰もが
一度は思ったことがあるのではないかと思います。

 

 

もちろん、私も一度や二度ではなく、
上手い人を見るたびに毎回そう思います。(^-^;

 

 

だってすごいですもんね。実際。
スーパースターに見えますもん。

 

でもこれ、生まれ持った才能ではなく
簡単に、誰にでもできちゃう方法がある
と言ったらどう思いますか?
ニヤリ(´∀`*)

 

 

もしそんな方法があるとしたら、
知りたくないですか?

 

 

それではここまで読んでくれた方のために
その方法をお話していこうと思います。

 

 

アイディアと想像力の育て方と方法とは

 

アイディアや想像力は、どんなに絵が上手い人でも、
何もない「無」の状態から、
突然パッと現れて、スラスラ描いたりなんてことは、
絶対にありません。

 

 

必ず誰しも、産まれてから今までに
経験してきたことや、体験したことの中から
ヒントになる記憶を使って、
アイディアや想像力を発揮して、
絵を作りだしています。

 

 

「何を描いたらいいのか分からない」
「何も思いつかない」
という人は、アイディアや想像力を発揮するための
準備ができていないからなんです。

 

 

アイディアや想像力を発揮するための準備とは?

 

 

step
1
ノートやスケッチブックを準備しよう

 

なんでもいいので、
好きなノートやスケッチブックを用意します。

 

 

step
2
心動かされたことを集めていこう

 

 

用意出来たら、自分が好きなものや
好きなこと、感動したことや、
心を動かされたことなどを集めて、
そのノートに貼っていってください。

 

 

例えば映画を見て、これは好きだと思ったり
感動したと思ったら、そのパンフレットの
一部を貼ったり、

 

 

雑誌を見て、この洋服のデザインが素敵だなと思ったら、
切り抜いて貼ったり、お菓子の包装や好きなキャラクターなど
なんでもいいです。

 

 

どんどんと集めて貼っていって、
想像力とアイディアのネタ帳を作ってみましょう。
これと同時に毎日日記をつけるのもいいです。
長々と書くのではなく、出来事を箇条書きにするとかで。

 

 

「自分には、好きなものなんてない」とか
「何が好きなのか分からない」
という人は、

 

自分が描いた絵を見てくれる人が、
どんな絵を描いたら喜んでくれるかな?
おもしろがってくれるかな?と
他人の気持ちになって考えて集めてみて
ください。

 

 

なんだか当たり前のことと思うかもしれませんが、
これが意外や意外で、いづれ
とてもとても大切なあなた自身にしか出せない、
アイディアや想像力の源、宝箱になるんですね。

 

 

で、これがなぜ大切かというと、
人の記憶は毎日どんどん新しいもので
上書きされてしまうので、忘れていってしまいます。

 

でも、心動いた大切なことを実体化しておけば、
開けばいつでも見ることができるし
見ることで、忘れてしまっていても、
いつでも昔に心動かされたことを思い
出すことができるからです。

 

 

そして、自分の心の中を
客観的に見ることも同時にできるからなんです。

 

 

絵は、自分が見るものではなく、
あくまで他人が見て、どう感じてほしいか?
ということが前提なので、客観的に見ることは
後に、とても大事になってきます。

 

 

そのうえでも、このノートを作ることを
是非参考にして、習慣化していってほしいなと思います。

 

 

今回のまとめ

 

今回は、絵を描くためのアイディアや想像力を育てるポイント2つ
についてお話しました。

 

アイディアや想像力は、生まれ持った才能ではなく
今までに自分が経験してきたことや、体験してきたこと
から生まれてれているということ。

 

 

そして、アイディアや想像力を育てる方法は
ノートやスケッチブックに、自分が
心動いたことを記録しておくと
のちに、そのネタ帳が自分自身を
助けてくれる宝箱になるよということでした。

 

 

これは、私自身がやっていることでもあるので
是非、参考にしてみてほしいなと思います。

 

ではまた次回。
ヽ(^o^)丿

 

↓↓↓↓↓ この記事へ進む ↓↓↓↓↓

絵の迷い人必読!描きたいものがまったく 思いつかないを回避する3つの方法

-絵を描く時の考え方
-, , , , , , ,