絵を描く時の考え方

【絵を描く時の考え方】絵は完璧じゃなくて大丈夫。絵としての魅力がもっと出る方法とは?

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は【絵を描く時の考え方】絵は完璧じゃなくて大丈夫。
絵としての魅力がもっと出る方法とは?
ということについてお話していこうと思います。

 

絵を初めて描いたとき、これから絵を描き始めてみようと
思ったときなんかに、よくこんなことを思ったり、
考えたりしますよね。

 

自分は絵を描くのが苦手だし、あんなに綺麗に描けないし
上手く描く人みたいに完璧になんて描けない!

 

私も最初に絵を描き始めた時は、
毎日のようにこんなことを考えては、
ウツウツとした気持ちになっていました。

 

でもそれ、ちょっと考え方違うかもしれません。
綺麗に、細密に、完璧に、くっきりと描いた絵が
上手い絵とは限らないし、

 

見ている人は、もしかしたらそんな完璧な絵を見ても
つまらないと思ってるかもしれません。

 

なぜか?・・・・

 

そのことをこれから詳しく説明していこうと思いますので、
上手く描けなくて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくれたらなと思います。

 

ではさっそくいきましょう!

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

絵は完璧じゃなくても大丈夫。その理由とは?

 

なぜ、絵は完璧じゃなくて大丈夫なのか?
完璧で、綺麗で、細密で、くっきりで、
誰が見てもすごい!と見ただけで思うような絵を描いた方が、
絶対に上手いと思うんだけど。。。

 

・・・(・・?)・・・

 

私もそう思っていました。絵を習うまでは。
でもそれって、とことん細密や綺麗、丁寧、くっきりと
どこまでも永遠と最終的につめていって、そんな絵がもし
描けるようになったとしたら・・・

 

それはもう絵じゃないんですよね。

 

絵でもなく、イラストでもなく、何なのか?といったら、
写真。
おそらく写真が1番近い存在になると思います。
現物をそっくりそのまま描いたら、
それはそれで、すごい技術で、描写力もあって、
目も肥えていて、本当にすごいと思いますし、尊敬もすると思います。

 

でも、一つの絵として見て考えた時、
これってじゃあ絵として描く必要があるのかな?
と思うわけです。

 

大昔は、写真というものが存在しなかったので、
人物画とか、静物画なんかをそっくりそのまま描いたら、
それはそれは、見る人達にはすごいと賞賛されたと思います。

 

でも、今は写真というものが存在します。
別にそっくりそのまま細部まで、絵として描く必要はなく
カメラやスマホでパシャリと一回押せばいいだけ。

 

そっくりそのまま、絵を描かない人でも
簡単に同じ風景を残すことができます。

 

なので、一つの絵としてそっくりそのまま完璧に描いた絵は
それはそれで写実的な絵になるかもしれないけれど、
見ている人にとっては、「だから何なの?」という風に
面白みのない、味のない絵として見られる可能性がある
かもしれないということになります。

 

そんなの嫌だ! ( *`ω´)
そうですよね?私もそう思います。

 

じゃあどんな風に絵を描いていけば、一つの絵としての
魅力がもっと出るのかということを次に説明していこうと思います。

 

 

絵は完璧じゃなくて大丈夫。絵の魅力を出す方法

 

私は、神社仏閣や彫刻とか伝統技術なんかも
好きなので、よく見たり訪れたりするのですが、

 

例えば、栃木県にある日光東照宮
きっと訪れたことがある人もいると思いますが、
この東照宮にある陽明門は有名ですよね。

 

この陽明門の12本の柱のうち、一本は逆さまに建てられ、
その中のグリ紋という柱の模様も、一つだけ逆に描かれています。
これは魔除けの意味合いと、「建物は完成した瞬間から崩壊が始まる」
という思想から、わざと完璧にせず、未完成のまま完成させてあります。

 

京都の龍安寺なんかもそうですよね。
ここの石庭にある石は、全部で15個あるのですが、
なぜか、どの角度から石を見ても、14個しか見えないようになっています。
これも完璧にせず、わざと未完成のまま完成させているわけです。

 

なぜ完璧に作ることができるのに、完璧にしないのか?
私達人間は、この世に誰一人として完璧な完成した人間は
世界中どこを探してもいません。もちろん、自然も動物も同じです。

 

だからこそ、完璧を求めたくなるし、
完璧を追求したくなる。でも、人間はわがままなので、
常に、完璧なものばかりを見ていると
今度は完璧でないものも見たくなる。

 

甘いものばかりを食べていると、しょっぱい物も食べたくなる
というのと同じですよね。(^^;

 

そういった意識を、常日頃コントロールすることが
人間には難しいので、あえて「不完全なもの」を入れて
完璧として作られています。

 

なので、絵を描くときも完璧を目指すのではなく、
あえて、自分なりの主観や遊び心を残したり、入れたりして
絵を見る人を楽しませることを考えて描いた方が、
その人の描く絵の面白みや、特徴が表れた絵になるので、
とても魅力が出る絵になるのではないかなと思います。

 

そして、絵を描くのはもちろん絵描きさん本人なのですが、
その先には、絵を見てくれる、見る人達がたくさんいます。
この人達にも一つの絵を見てもらうだけでなく、
参加させてあげることを考えて描くというのもいいかなと思います。

 

絵を見たときに、「はあ〜なるほど・・・。」
という一言で終わらせるのではなく、
見てもらう人に想像させる時間、参加してもらう時間を
絵の中に残したり、作ったりすることで、その絵の中に入って浸らせてあげて
その時間を楽しませてあげるということです。

 

絵本なんかは、この楽しませるという意味では、
たくさんありますよね。紐を引っ張ったら何か出てくるとか
ページをめくと、飛び出す仕掛け絵本とか。
これこそ見ている人を参加させて、絵の中に浸らせて楽しませる
ということそのままですよね。

 

普段、何気なく見ているテレビ番組もそうです。
「一体このあとどうなっていくのか!?正解はCMの後で!」
なんて引っ張る光景を目しますが、あれも未完成ですよね。
できるだけ長く番組を見て欲しいから、完璧にしないわけです。

 

なので、絵を描くときもこの感覚を入れて、完璧にしないで
あえて、見る人に想像させてあげる時間を与えてあげると
「面白い!」とか「不思議!」とか「なぜこんな風になっているのか?」
という没入感を与えてあげることができるかなと思います。

 

 

私もこれを日々学んでいる身ですが、
下の私が描いた絵を見てもらうと、、、

 

あえて目を閉じた虎を描いています。
目を「カッ!」と見開いた勇ましい迫力の
虎の絵というのは結構たくさんありますが、
目を閉じた穏やかな表情の虎の絵は、たぶんあまりないと思います。

 

そうするとある人は、「なぜこのトラは目を閉じているのだろう?」
と考えたり、「眠いのかな?」と疑問に思ったり、いろんな想像を巡らせます。
そうすることで、自分の絵を見てもらう時間を少しでも長く
体感してもらうことができますよね。

 

 

なので、完璧に描いた絵はそれなりにとても魅力があると
思いますが、全然完璧でなくとも、見る人にとってはたくさんの
魅力や面白さがあるし、没入感を与えられる絵なんだよということも
知っておいてほしいなと思います。

 

 

 

今回のまとめ

 

 

今回は【絵を描く時の考え方】絵は完璧じゃなくて大丈夫。
絵としての魅力がもっと出る方法とは?
ということについてお話しました。

 

 

なぜ、絵は完璧じゃなくて大丈夫なのか?というと、

とことん細密や綺麗、丁寧、くっきりと
どこまでも永遠と最終的につめていって、そんな絵がもし
描けるようになったとしたら・・・
それはもう絵ではなく、写真になってしまうから。

 

一つの絵としてそっくりそのまま完璧に描いた絵は
それはそれで写実的な絵になるかもしれないけれど、
見ている人にとっては、「だから何なの?」という風に
面白みのない、味のない絵として見られる可能性があるかもしれないということ。

 

 

そして、
なぜ完璧に作ることができるのに、完璧にしないのか?というと、
私達人間は、この世に誰一人として完璧な完成した人間は
世界中どこを探してもいないし、もちろん、自然も動物も同じ。

だからこそ、完璧を求めたくなるし、
完璧を追求したくなる。でも、人間はわがままなので、
常に、完璧なものばかりを見ていると
今度は完璧でないものも見たくなる。

そういった意識を、常日頃コントロールすることが
人間には難しいので、あえて「不完全なもの」を入れて
完璧として作られているということ。

 

だから絵を描くときも完璧を目指すのではなく、
見てもらう人に想像させる時間、参加してもらう時間を
絵の中に残したり、作ったりすることで、その絵の中に入って浸らせてあげて
その時間を楽しませてあげる

 

ということを考えて描くといいということでした。

 

頭では分かっていても、実際に絵で描こうとすると
なかなか思ったようにはいかないのが人間ですが、
知っていると、絵を描くときの手助けにはなるかなと思うので
ぜひ参考にして見てください。

 

ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ