風景画実践

【スケッチ後の着彩】風景スケッチのあとに着彩するためのオススメな画材3つとは?

 

 

こんにちは!nagaです。
もうすっかり春になりましたね。
そのせいなのか、朝眠くてなかなか布団から起きれない
毎日と戦っているこの頃です。。。

(_ _).。o○

 

今回は、【スケッチ後の着彩】風景スケッチのあとに着彩するためのおすすめな画材3つとは?
ということについてお話ししていこうと思います。

 

先日、鉛筆や耐水性のドローイングペン(ミリペン)などで
風景スケッチをするということをお話ししましたが、
この後に、色をつけていき、せっかくならば、
一つの風景スケッチとして完成させたいと思った時に、

 

どんな画材を使って、色をつけて、一つの風景作品として
完成させていくのがおすすめなのか?ということについて
詳しく紹介していこうと思いますので、

 

ぜひ、最後までお付き合いいただけると
嬉しく思います!

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

風景スケッチのあとに着彩する身近なオススメな画材3つとは?

 

 

まず、1番オススメな着彩画材は、
水彩絵の具になります。

 

1. 水彩絵の具

王道といえば王道なのですが、
風景スケッチには1番おすすめで、相性の良い画材です。

 

水彩絵の具には、【透明水彩】と【不透明水彩(ガッシュ)】
といわれている2種類の水彩絵の具が販売されています。
不透明水彩絵の具は、小学校などで使っていた比較的、価格が安い
絵の具で、一つの色の上に、乾いてから、違う色を重ねて塗ると、
初めに塗った下の色が見えなくなるので
不透明水彩といいます。

 

透明水彩絵の具は、学生時代にはあまり使ったことがない
絵の具だと思いますが、この絵の具は比較的、一本単位でも価格が
高価な絵の具です。この透明水彩絵の具は、一つの色を塗って、
乾いてから、上から違う絵の具を塗っても、
初めに塗った色が、上に塗り重ねた色の上からでも透けて見えるので、
透明水彩と言います。

 

この2種類の水彩絵の具の中でも、私がオススメなのが
透明水彩絵の具です。

 

なぜ、透明水彩絵の具がオススメなのかというと、
風景スケッチの場合、白い紙をキャンバスとして使いますが、
風景の光と、鉛筆やペンで描いた下描き、この白いキャンバスを生かした調和を、
紙の上で表現しながら描いていくのには
この透明水彩絵の具が、風景らしい雰囲気を出してくれるからです。

 

しかし、不透明水彩(ガッシュ)を使ってしまうと、
描けないことはないのですが、重ね塗りに向いている絵の具なので、
絵の具をよほど上手く使いこなせないと、
白い紙のキャンバスを生かしながら、風景の光も取り入れて描こうと思っても、
鉛筆やペンで描いた下描きなどもつぶれてしまったり、
不透明なため、どうしても色が濁ってしまうので、風景の光を
表現することが難しくなってしまうからです。

 

なので、私は風景スケッチには透明水彩オススメします。

 

そして何より透明水彩は、鉛筆やペンで描いた風景スケッチとの
相性がとてもよく、着彩すると鉛筆と透明水彩の柔らかな
風合いになるので、こういう意味でも、
風景スケッチを描くにはぴったりな画材だと思います。

 

 

2. 水彩色鉛筆

次に私がオススメする着彩画材は、水彩色鉛筆です。
水彩色鉛筆は、水彩絵の具が鉛筆の芯になっているものなのですが、
たぶん、今から20年ぐらい前になるんでしょうかね。。。?
これが販売されたときは、なんと便利で画期的な商品ができたんだ!
と驚きましたが、風景スケッチにもぴったりなものだと思います。

↑↑↑ 水彩色鉛筆です

 

外で風景スケッチをする場合、絵の具に水、筆などの画材を持って
行かなければなりませんが、この水彩色鉛筆があれば、
風景の色だけ、その場で水彩色鉛筆で塗っておいて、
後から家に帰って、水筆でささっと上から塗った
色を溶かしてあげると、絵の具に変わるので、とても便利です。

 

↑↑↑  こんな風に色を重ねて塗って・・・

 

 

 

 

↑↑↑ 水筆を使って上から水を塗ると・・・

 

 

 

↑↑↑ 水彩絵の具になります。

 

また、下描きも鉛筆やペンを使わず、最初から、この水彩色鉛筆のみ
で描いてしまって、後から水筆で色を伸ばして風景を描いていく
こともできるので、鉛筆やペンの下描きのあとを生かしたくない
場合にも便利だと思います。

 

 

 

3. 水彩絵の具+パステル鉛筆

 

最後にオススメな着彩画材は、先ほどの透明水彩にプラス
付け加えたものになりますが、透明水彩+パステル鉛筆になります。

 

透明水彩のことは、先ほど説明したので省略しますが、
パステル鉛筆とは、普通の色鉛筆とは違います。
普通の色鉛筆とよばれているものは、油性の色鉛筆になりますが、
このパステル色鉛筆は、パステルの粉が鉛筆の芯になった
色鉛筆のことをいいます。

 

なので、このパステル色鉛筆は油性ではなく、粉なので
この色鉛筆を使って描いた後に、指やティッシュ、サッ筆などを使って、
ぼかしたり、色を伸ばしたりして、表現することができます。


↑↑↑
私のオススメは【ファーバーカステルピット】というパステル鉛筆です。
一本単位250円〜ぐらいです。

 

 

普通の油性色鉛筆よりは、高価ですが、
一本単位で使いたい色だけを購入すれば、そんなにお金はかかりません。
私も数本だけ購入して、使っている感じです。

透明水彩で塗った後、乾いてから、
絵の具では色がつぶれてしまいがちな、細かい葉っぱの輪郭や
草むらなどの細かい草を描いたりする時、
あとは、桜や梅などの集合している花の細かい輪郭
を描いたりするときに使っています。

 

絵の具だけでも良いのですが、この素材が違う
パステル鉛筆の風合いを使って、あとから所々描き加えてあげると
その部分に、パステル鉛筆の粗さが引き立って、
風景の中のいいアクセントになって、また違う雰囲気の風景スケッチに
なるので、水彩だけで描いていて、なんだか変わり映えしないなあ
なんて思ったときなどにも結構オススメです。

 

まだまだ、風景スケッチにはいろんな画材が使えるのですが
今回は、スケッチのあとの着彩で、身近ですぐに手に入るものを
使って着彩できるということを考えて、私がオススメなものを紹介しました。

 

今回のまとめ

 

今回は、【初心者オススメ】風景スケッチのあとに着彩するためのおすすめな画材3つとは?
ということについてお話ししました。

 

1番オススメな風景スケッチのあとの
着彩画材は、透明水彩絵の具ということでした。

 

なぜ、透明水彩絵の具がオススメなのかというと、
風景スケッチの場合、白い紙をキャンバスとして使いますが、
風景の光と、鉛筆やペンで描いた下描き、この白いキャンバスを生かした調和を、
紙の上で表現しながら描いていくのには
この透明水彩絵の具が、風景らしい雰囲気を出してくれるからということ。

 

そして何より透明水彩は、鉛筆やペンで描いた風景スケッチとの
相性がとてもよく、着彩すると鉛筆と透明水彩の柔らかな
風合いになるので、こういう意味でも、
風景を描くにはぴったりな画材ということ。

 

 

そして、次に私がオススメする着彩画材は、水彩色鉛筆ということでした。
水彩色鉛筆は、水彩絵の具が鉛筆の芯になっているもののことで、
外で風景スケッチをする場合、絵の具に水を持って
行かなければなりませんが、この水彩色鉛筆があれば、
風景の色だけ、その場で水彩色鉛筆で塗っておいて、
後から家に帰って、水筆でささっと塗ってある色の上から
色を溶かしてあげると、絵の具に変わるので、とても便利ということ。

 

 

また、下描きも鉛筆やペンを使わず、最初から、この水彩色鉛筆のみ
で描いてしまって、後から水筆で色を伸ばして風景を描いていく
こともできるので、鉛筆やペンの下描きのあとを生かしたくない
場合にも便利だということでした。

 

 

最後にオススメな着彩画材は、先ほどの透明水彩にプラス
付け加えたものになりますが、透明水彩+パステル鉛筆。

パステル鉛筆とは、普通の色鉛筆とは違います。
普通の色鉛筆とよばれているものは、油性の色鉛筆になりますが、
このパステル色鉛筆は、パステルの粉が鉛筆の芯になった色鉛筆のことで、

 

このパステル色鉛筆は油性ではなく、粉なので
この色鉛筆を使って描いた後に、指やティッシュを使って、
ぼかしたり、色を伸ばしたりして、表現することができる
ということでした。

 

絵の具だけでも良いのですが、この素材が違う
パステル鉛筆の風合いを使って、あとから所々描き加えてあげると
その部分に、パステル鉛筆の粗さが引き立って、
風景の中のいいアクセントになって、また違う雰囲気の風景スケッチに
なるので、水彩だけで描いていて、なんだか変わり映えしないなあ
なんて思ったときなどにも結構オススメだよということでした。

 

 

今回私がオススメした着彩画材は、初心者でも、
比較的手に入れやすい、使いやすい、身近なものを紹介しました。
透明水彩絵の具や、パステル鉛筆をはじめからセットで買うと
高額になってしまうので、まず初めは、単色数本ずつを購入して、
お試しとして使いながら、足りない色を少しずつ揃えていくほうが
お金もかからないので、いいと思います。

 

ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ