風景画実践

【風景の描き方】初めての人でも描きやすい!焦点を絞った風景の描き方とは?

 

こんにちは!nagaです。
やっと少しずつ暖かくなり、春が近づいてきて、
これからは、絵を描くのにも最適な季節がやってきますね!

 

今回は、【風景の描き方】初めての人でも描きやすい!焦点を絞った風景の描き方とは?
ということについてお話ししていこうと思います。

 

以前、少しだけ下の記事でもお話ししたのですが、
↓↓↓↓↓
【風景コツ】初心者でも迷わなくなる描きやすい
風景の切りとり方とコツとは?へ進む

 

焦点をしぼった風景の描き方ということを
もう少し詳しくお話ししていこうと思います。

 

風景画を描くというと、全体的に画角の広がりがあるもの
のことだけをいうのかと思いがちですが、
そうではなく、風景画にも色々な描き方があります。

 

これからお話しする、この焦点を絞った風景の描き方は
初めて風景画を描く人でも、
比較的描きやすく、始めやすいと思うので、
ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

初めての人でも描きやすい!焦点を絞った風景の描き方とは?

 

「風景画」とひと言で言うと、
街並みや自然物、ビルや森に林、
川や池など・・・たくさんの情報量が描いてある
画角の広がりのあるものを思い浮かべるのかなと思います。

 

でも、風景画というのは、全体的に色々と描かれたものだけではなく、
一つのある風景から、一つのものに焦点をしぼって
描かれているものもあります。

 

例えば、道端全体を描くのではなく、道端に咲いている花のみを描く
紅葉と青空とススキのある風景なら、ススキのみに焦点を絞って描く
山の間を流れている川だけど、その川の流れだけに焦点を絞って描く

 

カメラを考えてもらえると、1番分かりやすいと思いますが、
一点にカメラをズームさせる
ということです。

 

一つの風景を丸ごと全部描いても、
もちろんそれは立派な風景画ですが、
初めからたくさんの情報量を描こうとすると、
一枚絵を描き上げるだけで精一杯になってしまって、
集中力が続かないことの方が多いのではないかなと思います。

 

なので、初めて風景画を描くという人はまず、
一つのものに焦点を絞って描いてみるといいと思います。

 

そして、段々と描くことに慣れてきたら、
描く対象物を一つずつ増やしていって、
風景全体を描いていくという方が、描きやすいと思います。

 

焦点を絞った風景を描くことでのメリットとは?

 

 

焦点を絞った風景を描くことについてのメリットですが、
焦点を一つに絞ることで、
そのモノだけに集中して描くことができるので、
全体的な風景を描くよりも、
観察力(目の解像度が上がりやすい)が上がりやすいということです。

 

それはそうですよね。
下描きをするにも、色を塗るにも、
焦点をある程度絞っているので、観察するときに
視線があちこちに散らばらないし、
一つのモノのことだけを考えて描いていけばいいわけですから、
とても描きやすいのではないかなと思います。

 

そして、構図に関しても、
全体的な風景を描く時よりも、明らかに迷うことがないので、
すんなりと描いていけます。

 

私も初めから画角の広い全体的な風景を描くことはできませんでした。
模写はできても、自分で描くとなると
すごく難しく感じてしまうんですよね。
なので、初めは焦点を絞ったモノを一つずつ。

そして、二つ三つと増やして描いていくと
画角の広い風景を描き上げていくことができると思います。

 

焦点を絞った風景を描くことでのデメリットとは?

 

 

焦点を絞った風景を描くことでのデメリットは
正直あまりないのですが、
この構図ばかりで描いていると、画角の広い風景画を描く時に
全体をつかむことが、難しく感じるかもしれないということです。

 

でもこれは、焦点を絞った描き方と
交互に描く練習をしていれば、デメリットにはならないと
思いますので、そこまで困ることではないと思います。

 

私自身も、この描き方をやっていて、
デメリットとして感じられるのは、ホントに
これくらいなので、このことを頭に入れて
描いていってほしいなと思います。

 

今回のまとめ

 

 

今回は、【風景の描き方】初めての人でも描きやすい!焦点を絞った風景の描き方とは?
ということについてお話ししました。

 

焦点を絞った風景画の描き方とは、
一つのある風景から、一つのものに焦点をしぼる
カメラで言えば、そのモノにズームした状態のモノを描くということです。

 

そして、メリットとしては、
焦点を絞った風景を描くことについてのメリットですが、
焦点を一つに絞ることで、
そのモノだけに集中して描くことができるので、
全体的な風景を描くよりも、
観察力(目の解像度が上がりやすい)が上がりやすいということ。

 

なぜなら、
焦点をある程度絞っているので、観察するときに
視線があちこちに散らばらないし、
一つのモノのことだけを考えて描いていけばいいからということでした。

 

そして、特別すごいデメリットとしてまではいかないけれど、
この構図ばかりで描いていると、画角の広い風景画を描く時に
全体をつかむことが、難しく感じるかもしれないということ。

 

なので、そうならないように、
焦点を絞った描き方と、画角の広い風景の描き方
両方をやっていくと、難しく感じることはないということでした。

 

風景画と言っても、
本当に色々な描き方があるので、
その中の一つとして参考にしてもらえたらなと思います。

 

ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ