風景画実践

【風景スケッチ】風景画を描くうえで必要な練習方法スケッチ。そのための準備とは?

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【風景画を描くうえで必要な練習方法スケッチ。そのための準備とは?】
ということについてお話ししていこうと思います。

 

風景画というと、水彩で描いたり、
油絵で描いたり・・・いろいろな画材を使って描く方法が
ありますが、何はともあれ、まず1番最初に、
風景画を始めるにあたって
この風景スケッチを練習してみるということが
これから風景画を始める方にとっても、とてもいい練習になると思うので、
まずは、心と道具の準備編として

 

ぜひ最後まで読んでみてください!
ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

風景画を描くうえで必要なスケッチ練習方法。スケッチとは?

 

スケッチとはなんなのか?
絵を描いていると、よく聞こえてくる言葉だと思いますが、
スケッチとは、見たもの、見ているものを
あまり時間をかけずに、紙などにそのものの印象を
描きとめることをいいます。

 

「風景画を描く」というと、キャンバスや絵の具などの画材を使って
下描きから始め、少しずつ丁寧に色を塗りながら
しっかりと絵を描いていきますが、

 

風景スケッチは、その場の雰囲気やその時印象に残った
ものを、時間をかけずにとらえてスケッチブックなどに
描いてくということです。

 

私は風景画をしっかり描くということも好きなのですが、
この風景スケッチも結構好きなんです。
しっかり絵として描くものと違って、
鉛筆を使って描くと、絵が柔らかい印象になるので、
どことなく自然そのものの心地よさを感じたりするからです。

 

このスケッチには、鉛筆で描く方法の他に、
ペンやボールペン、筆ペン・・・などまだ他にも使える画材が
多々あるのですが、今回はまず、初めて風景スケッチを描く人のために
1番身近な鉛筆を使ってスケッチを描くための準備について
お話ししていこうと思います。

 

風景スケッチ練習方法でまず、必要なものとは?

 

用意するもの

スケッチブック・鉛筆HB~4Bを一本ずつ(デッサン鉛筆があればなおいい)・ねり消し

 

 

 

まずは、用意するものとして、
紙、スケッチブックを一冊用意します。
スケッチの後に、絵具などで色をつけたい人は、
スケッチブックが水彩紙になっているものがいいと思いますが、
これは結構お値段がするので、難しいという人は、

 

紙の厚みがあったり、表紙が分厚いものを選ぶ
表紙が画板の代わりになって、
外でスケッチをするときなどは、手に持って行うので、
そのことを考えると、しっかりとした表紙だと、
多少絵の具を使って、水分を吸っても
紙がくにゃくにゃにならないかなと思いますので
よく見て選んでみてください。

 

もし、色は別につけたくない。鉛筆だけでいいという人は、
クロッキー帳でもいいです。
クロッキー帳はコピー用紙より若干薄くてペラペラな
感じのリングつづりになっているものです。
このクロッキー帳は、最近スーパーでも売ってたりするので
除いてみてください。

 

次に鉛筆ですが、風景スケッチに使う鉛筆は
HB~4Bぐらいまでがいいのではないかなと思います。
これはあくまで、デッサンではなくスケッチなので、
デッサンのように、時間をかけて濃く描く必要がないし、
5B以降の鉛筆だと、芯が結構柔らかいので、
スケッチにはあまり向かないかなと思います。

 

ちなみに、鉛筆のH .B.F・・・・というのは

H 【Hard ハード 固い】
B 【Black ブラック 黒い】
 F 【Fine ファイン 中間】HとHBの中間の濃さと硬さ
という意味があります。

 

なので、例えばHBだったら、固い黒いという意味になります。
そして、2Bとか数字がついていたら、
246・・・と数字が大きくなるにつれて、
色が濃くなっていき、芯は柔らかく、この数字が小さくなると、
色が薄くなっていき、芯は固くなっていくという意味です。

 

 

で、この鉛筆なんですが、ぜひ画材屋さん、などで購入して欲しいと思います。
最近は、100均でも4~5本組で「デッサン鉛筆」として販売されていて、
私も実際使ってみましたが、、、、
やっぱり絵を描くためにしっかり作られているものとは違いがあります
悪いとは決していいませんし、思いません。
でも、せっかく絵を描いていこうと思うのならば、

 

 

メーカーさんが
しっかり作られたものを使って練習して欲しいなと思います。
そのためにメーカーさんは長年丹精込めて、研究を重ねて
一生懸命作られていると思うのでね。
これに勝るものは、私はないと思います。

 

 

あとは、練り消しゴムです。
練り消しは、間違えたところを消したり、
濃淡を薄くしたりしたい時に使います。

 

なぜ、消しゴムではなく、練り消しなのか?
というと、これは以前、絵を描くときの紙の選び方
でも少しお話ししましたが、紙にはドーサ剤というものが
もともと塗ってあります。

 

なので、消しゴムを使って間違えたところなどを
何度もこすって消していると、
後から絵具などで色をつけたときに
こすった部分だけ、ドーサ剤がとれてしまって、
絵の具がうまくのらなかったり、
にじまなかったり、ぼかせなくなる原因になります。

 

なので、消しゴムではなく、練り消しで
こすって消すのではなく、
チョンチョンとたたくように消していく
ドーサ剤が剥がれにくいので
スケッチの後から絵具などで色をつけても
きれいに色をのせることができます。

 

私も描き始めの頃は、別に消しゴムでいいじゃん。
と思ってずっと使っていたんですね。
その時はまだ、ドーサ剤が塗ってあるなんてことも
全く知らなかったですから。。。

 

(T ^ T) 知らないよね普通・・・・。

 

で、絵の具を塗ってみると、やっぱり
こすった部分だけ絵の具がはじかれて、
そこだけ白ハゲっぽくなりましたよ。。。( ;∀;)

 

なので、これから絵を描き始める人は、
ぜひこれは覚えておいて欲しいなと思います。

 

そして最後に必要なのは、
風景スケッチをする「風景」です。

 

これは、自分の好きな場所に行って好きな風景を描く
ということだけなんですが、
真夏の暑い日とか、長時間ずっと同じ場所で描いているのは
疲れるし、人目が気になるし、あまり好きではないという人は、
描きたい場所の風景を、写真に撮ってきて
家で風景スケッチをするのもいいと思います。

 

実際私も、あまりその場でスケッチをするのが好きではないので、
ほとんど写真に撮ってきて、家でスケッチの練習をしています。
確かに外は気持ちがいいのですが、
あんまり集中できないんですよね。私の場合。
(´-`).。oO

 

なので、自分の好きなように風景をする場所や
スタイルを選んで、自分の1番やりやすい形でやってみてください。

 

今回のまとめ

 

 

 

今回は、【風景画を描くうえで必要な練習方法スケッチ。そのための準備とは?】
ということについてお話しました。

 

まず、スケッチとは何か?というと、
スケッチとは、見たもの、見ているものを
あまり時間をかけずに、紙などにそのものの印象を
描きとめることをいうということ。

 

そして、キャンバスや絵の具などの画材を使って
下描きから始め、少しずつ丁寧に色を塗りながら
しっかりと絵を描いくことと違い、

 

風景スケッチは、その場の雰囲気やその時印象に残った
ものを、時間をかけずにとらえてスケッチブックなどに
描いてくということでした。

 

スケッチに使うスケッチブックは、
紙の厚みがあったり、表紙が分厚いものを選ぶ
表紙が画板の代わりになるので、
スケッチ後に絵具で色を塗っても、紙がぐにゃぐにゃに
なりにくいよということ。

色は別につけたくない。鉛筆だけでいいという人は、
クロッキー帳でもいいよということ。

 

そして、鉛筆はHB~4Bを一本ずつぐらいあればいい
ということ。4B以降の鉛筆だと、
芯がだんだん柔らかくなっていくので、
細かい部分を描くスケッチにはあまり向かない
ということでした。

 

で、間違った部分を消したいときに使うのは
練り消しを使うということ。消しゴムだと
紙に塗ってあるドーザ剤が、こする摩擦でとれてしまうので、
練り消しでチョンチョンとたたくように
徐々に消していくと、ドーサが取れにくいので
いいということでした。

 

そして最後は、自分の好きな描きたい風景を選ぶ
ということでした。
人目が気になって、外でスケッチを描きたくないなら、
写真を撮ってきて、それを見ながら風景スケッチをするのも
いいよということでした。

 

今回は、心と道具の準備編ということで
風景スケッチをする前段階のお話しになりました。
外もだんだんと春の兆しを感じられるように
なってきたので、これからスケッチを始めるのには
とてもいい気候だと思いますので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

実際の風景スケッチをする方法を動画にしてみましたので
参考にしてみてください。

 

↓↓↓↓↓↓

風景画スケッチの描き方の動画へ進む

 

ではまた次回!

( ´ ▽ ` )ノ