風景画実践

①【構図】構図を味方にする!知らないだけで、実はたくさんあった!? 風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?

 

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、①【構図】構図を味方にする!知らないだけで、実はたくさんあった!?
風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?
ということについてお話ししていこうと思います。

 

私もはっきりいって、この「構図」
本当によくわかりませんでした。
( ;∀;)

 

なぜなら、風景画を描くっていうと大体が
地平線と、水平線を使った構図しか詳しく描かれていない。。。
いやだから、それはもう分かったのよ!

 

そう。何度か同じ構図で描いていると
マンネリ化してしまうんですよね。なので、
それ以外が知りたい!

 

参考本を読んでも、検索しても
みんな同じことしか書いていなかったんですよね。。。

 

 

でも、このまま分からない状態に
しておくというのも、絵を描いていく人間として
知っておいた方がいいよなあ。と思ったので
調べに調べましたので、
今回はこの構図について詳しく説明していこうと思います。

 

風景画の構図の定番といえば
「水平線型構図」「地平線型構図」「遠近型構図」
この3つの構図が多く知られていると思いますが
(知らなくても大丈夫です。この3つも今後解説していく予定です!!)

 

実はこの「風景画に使える構図」と呼ばれるもの、
さらに細かく分かれ、さまざまな構図があるのを知っていましたか?

 

私は、この構図ということを調べるまで、
まったく知りませんでしたし、なんでもっと早く
知ろうとしなかったんだ!とも思いました。

 

なので、まだ知らない、分からない人も
マンネリ化脱出したい人も、きっと役に立つと思うので、
ぜひ最後まで読んでみてください!

 

ではいきましょう!!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

風景画を描くときに役立つ、さまざまな構図とは?
1. 中心型構図

 

 

1. 中心型構図

 

「中心型構図」とは、
絵の中で、1番見せたい部分(主役)を画面の真ん中に
置いた構図のことをいいます。

 

こんな感じです
↓↓↓↓↓

 

 

人は、画面の真ん中に目がいく習性があるので
それを利用して、絵の中で1番見せたい部分(主役)を置くと
精神的な安心感や心の落ち着き、安定感、力強さ、
威圧感、堂々さなどを
見る側に感じさせる傾向があります。

 

「日の丸構図」などとも呼ばれいます。
日の丸の旗のように、真ん中に主役を配置する構図です。

 

今お話しした、中心型構図と同じ種類ですが、少し違った構図が
もう一つあります。それは、中心を少しだけ崩したもの
「中心崩し型構図」です。

 

 

 

風景画を描くときに役立つ、さまざまな構図とは?
2. 中心崩し型構図

 

2. 中心崩し型構図

 

「中心崩し型構図」とは、絵の中で1番見せたい部分(主役)を
中心から左右どちらかに、少しだけずらした構図のことをいいます。

 

こんな感じです
↓↓↓↓↓

 

「中心型構図」とは少し違い、
絵に動きが感じられるように見え
見る側の人に、優しさや穏やかさ、雄大さや開放感、躍動感
などを感じさせる傾向があります。

 

 

 

今回のまとめ

 

 

今回は、【構図】構図を味方にする!知らないだけで、実はたくさんあった!?
風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?
ということについてお話ししてきました。

 

まずは

1.  中心型構図

 

絵の中で、1番見せたい部分(主役)を画面の真ん中に
置いた構図のことをいい、人は、画面の真ん中に目がいく習性があるので
それを利用して、絵の中で1番見せたい部分(主役)を置くと
精神的な安心感や心の落ち着き、安定感、力強さ、威圧感、堂々さなどを
見る側に感じさせる傾向があるよということ。

 

 

そしてもう一つは、

2. 中心崩し型構図

絵の中で1番見せたい部分(主役)を
中心から左右どちらかに、少しだけずらした構図のことで、

「中心型構図」とは少し違い、
絵に動きが感じられるように見え
見る側の人に、優しさや穏やかさ、雄大さや開放感、躍動感
などを感じさせる傾向があるよということでした。

 

 

今回お話した、この2つの構図の他にも
まだまだ知っておくといい、たくさんの構図があります。
なので、次回もこの風景画に使える構図②
さらにやっていこうと思います。

 

風景画を描いていく時に
いつもどんな風に構成して、絵を作っていったらいいのか?
ということが、この構図というものを知ることで
少しは楽になるかなと思うので
ぜひ参考にしてみてください!

 

では、また次回!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

構図編 第二弾へ進む
↓↓↓↓↓↓

②【構図】構図を味方にする!知らないだけで、
実はたくさんあった!? 風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?
へ進む