風景画を描く時の考え方

⑤【構図】構図を味方につける!知らないだけで、実はたくさんあった !? 風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?

 

こんにちは!nagaです。
寒い!!(´;ω;`)
私の住むところは、このところ冬みたいです。
せっかく暑くなってきたと思ったら
また寒くなって、長袖をいつになっても
しまえない今日この頃です。

 

今回は、構図の第5弾として
⑤【構図】構図を味方につける!知らないだけで、実はたくさんあった !?
風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?
ということについてお話ししていこうと思いますが、

 

大丈夫ですか?
第1弾〜第5弾までやってきましたが
風景画に使える構図としては
この第5弾が最後になりますので
ぜひ最後までお付き合いください!

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

風景画を描く時に役立つ、さまざまな構図とは?
1. 垂直型構図

 

1.  垂直型構図

 

「垂直型構図」とは
地平線型構図や水平線型構図に対し、
上に真っ直ぐ垂直に伸びる構図のことをいいます。

 

こんな感じです
↓↓↓↓↓

ビル街の場合

 

 

タワーの場合

 

水平線・地平線型構図と違い
モチーフが縦に垂直に伸びていますよね。

 

 

この構図を使った場合のメリットは
見る側に、存在感や強い意志、活力や生命力
堂々さなどを
感じさせる傾向があります。

 

高層ビル群や大きな建物がある街並み
巨木や塔などを描く時も、この構図が向いています。

 

 

 

風景画を描く時に役立つ、さまざまな構図とは?
2. 対決型構図

 

 

2. 対決型構図

 

「対決型構図」とは
モチーフとモチーフを対比(対決)させた
構図のことをいいます。

 

こんな感じです
↓↓↓↓↓

動かない岩と常に動いている川や滝の場合

 

 

対比(対決)とは何なのかというと
動くものと動かないもの
大きいものと小さいもの
鋭くとがったものと丸いもの....

 

というように、比べる関係のあるもののことをいいます。

 

これは、ものの形だけでの対比構図だけではなく
色や感情などの対比も含まれます。

 

明るい色と暗い色
暖かい色と寒い色
激しい感情と穏やかな感情
嬉しい感情と悲しい感情....などです。

 

この構図を使った場合のメリットは
見る側に、現実的や厳しさ、ドラマ性や緊張感
落ち着かない感情や不安、イキイキさや躍動感などを
感じさせる傾向があります。

 

 

風景画を描く時に役立つ、さまざまな構図とは?
3. 散開型構図

 

3. 散開型構図

 

「散開型構図」とは
中心となるような主役や、対決するモチーフや
色、感情、決まった形もなく、モチーフが
画面全体にさまざまに散らばった構図のことをいいます。

 

これは型にはまらない構図なので
図にしませんが、海の上に船があちこちに
たくさん散らばった感じとか

 

木や花が画面のあちこちに散らばった
感じのものもも散開型構図になります。
構図としては、以前お話しした、
「流水型構図」にもよく似ています。

 

今まで1~5弾までたくさんの構図を
紹介しましたが、この散開型構図がこの中では
1番扱いが難しいと思います。
そのため、風景画の中で使われる構図では
1番少ないかもしれません。

 

この構図を使った場合のメリットは
見る側に、自由、開放感、伸び伸び、軽やかさなどを
感じさせる傾向があります。

 

 

今回のまとめ

 

 

今回は今回は、構図の第5弾として
⑤【構図】構図を味方につける!知らないだけで、実はたくさんあった !?
風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?
ということについてお話ししてきました。

 

 

1.  垂直型構図

「垂直型構図」とは
地平線型構図や水平線型構図に対し、
上に真っ直ぐ垂直に伸びる構図のことをいい

この構図を使った場合のメリットは
見る側に、存在感や強い意志、活力や生命力
堂々さなどを
感じさせる傾向があるということ。

 

 

2. 対決型構図

「対決型構図」とは
モチーフとモチーフを対比(対決)させた構図のことをいい

この構図を使った場合のメリットは
見る側に、現実的や厳しさ、ドラマ性や緊張感
落ち着かない感情や不安、イキイキさや躍動感などを
感じさせる傾向があるということ。

 

3. 散開型構図

「散開型構図」とは
中心となるような主役や、対決するモチーフや
色、感情、決まった形もなく、モチーフが
画面全体にさまざまに散らばった構図のことをいい

この構図を使った場合のメリットは
見る側に、自由、開放感、伸び伸び、軽やかさなどを
感じさせる傾向があるということでした。

 

風景画に使える構図としては
ながながと第5弾にわたって紹介しましたが
まだまだ、私も知らない形があると思います。

 

今回紹介した構図でも
結構な数の形の風景画を描くことが
できると思いますので
ぜひ挑戦してみてください。

 

次回は、以前にも少しだけお話ししたことがある
風景画を描いていくときの
遠景・中景・近景について
やっていこうと思いますので
また是非のぞいてみてください!

 

ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ