風景画実践

②【構図】構図を味方にする!知らないだけで、実はたくさんあった!? 風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?

 

こんにちは!nagaです。
いやはや、今年も各地で早くも始まったようですね。
突然ひょうが降ったり、突風が吹いたり。。。
安定した気候になってほしいものですね。

 

今回は前回に続き、
②【構図】構図を味方にする!知らないだけで、実はたくさんあった!?
風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?
ということにつてお話ししていこうと思います。

 

 

前回、風景画の構図でよく知られているものが
「地平線型構図」「水平線型構図」「遠近型構図」
この3つがよく使われている構図だよということを
少しお話ししたと思いますが

 

風景画の構図の中では、この2つ
「地平線型構図」と「水平線型構図」が
風景画を初めて描く時によく使う基本的な構図
になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

では始めましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

風景画を描く時に役立つ、さまざまな構図とは?
1. 地平線型構図

 

 

1.  地平線型構図

 

「地平線型構図」とは
画面の中に地平線を基準として絵が描かれた構図のことをいいます。
これは、絵だけでなく、カメラの構図なんかでも
まず初めの基本の構図で、真っ直ぐ前を見たままの感じですね。

 

こんな感じです
↓↓↓↓↓

 

 

この地平線型構図を使った場合のメリット
見ている側に、穏やかさや、静かさ、落ち着き、安心などを
感じてもらえる傾向があります。

 

この構図は、人が目で見た時と
ほぼ、変わらない状況で、見えるので
絵にした時にも、不安さや違和感を感じづらく
多くの人に共感されやすい構図です。

 

 

そしてもう一つ、これと対にになる構図があります。
それは、「水平線型構図」です。
地平線型構図は、山や丘、野原や草原に使ったりしますが
「水平線型構図」は文字通り
水辺、海や湖などに使います。

 

風景画を描く時に役立つ、さまざまな構図とは?
2. 水平線型構図

 

 

2. 水平線型構図

 

「水平線型構図」とは、
画面の中に水平線を基準として絵が描かれた構図のことをいいます。

 

こんな感じです
↓↓↓↓↓

 

 

この水平線型構図を使った場合のメリットは
先ほどの地平線型構図と同じで、
見る側に、穏やかさや、静けさ、落ち着きや、安心などを
感じてもらえる傾向があります。

 

この構図も、人が見たままの状況と
ほぼ変わらないので、絵にした時にも
違和感や不安さを感じづらく、多くの人に
共感される構図になります。

 

 

この2つの構図、「地平線型構図」「水平線型構図」両方に
使える変形的な構図がもう一つあります。
それは、「傾きを加えた地平線・水平線構図」です。

 

 

風景画を描く時に役立つ、さまざまな構図とは?
3. 傾きを加えた地平線・水平線構図

 

 

3. 傾きを加えた地平線・水平線構図

「傾きを加えた地平線・水平線構図とは」
地平線・水平線構図のように真っ直ぐ真横に
地平線や水平線を描くのではなく、
あえて斜めに、地平線や水平線をとる構図のことをいいます。

 

 

こんな感じです
↓↓↓↓↓

荒波のようになる場合水平線は傾きます

 

 

急な坂の場合地平線は傾きます

 

 

この構図を使った場合のメリットは
見る側に緊張感や恐怖、ドラマ性や不安、躍動する生命力など
を感じさせる傾向があります。

 

先ほどの真っ直ぐな地平線や水平線をとる
構図とは違い、絵に何かしらの動きを感じられる
雰囲気になり、全体的にバランスがとりにくい構図です。

 

なので、初めて風景画を描くのには
この構図を使うと、少し難しいかもしれませんが
絵に動きを出したい時や、インパクトを与えたい時など
に使える構図なのではないかと思います。

 

 

 

今回のまとめ

 

 

今回は今回は前回に続き、
②【構図】知らないだけで、実はたくさんあった!?
風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?
ということにつてお話ししていきました。

 

 

1.  地平線型構図

「地平線型構図」とは
画面の中に地平線を基準として絵が描かれた構図のことをいい
この地平線型構図を使った場合のメリット
見ている側に、穏やかさや、静かさ、落ち着き、安心などを
感じてもらえる傾向があって

絵にした時にも、不安さや違和感を感じづらく
多くの人に共感されやすい構図だということ。

 

 

 

2. 水平線型構図

「水平線型構図」とは、
画面の中に水平線を基準として絵が描かれた構図のことをいい
この水平線型構図を使った場合のメリットは
先ほどの地平線型構図と同じで、
見る側に、穏やかさや、静けさ、落ち着きや、安心などを
感じてもらえる傾向があり、

この構図も、人が見たままの状況と
ほぼ変わらないので、絵にした時にも
違和感や不安さを感じづらく、多くの人に
共感される構図になるということ。

 

 

 

3. 傾きを加えた地平線・水平線構図

「傾きを加えた地平線・水平線構図とは」
地平線・水平線構図のように真っ直ぐ真横に
地平線や水平線を描くのではなく、
あえて斜めに、地平線や水平線をとる構図のことをいい

 

この構図を使った場合のメリットは
見る側に緊張感や恐怖、ドラマ性や不安、躍動する生命力など
を感じさせる傾向があり、絵に何かしらの動きを感じられる
雰囲気になり、全体的にバランスがとりにくい構なので、
初めて風景画を描くのには、この構図を使うと少し難しいかもしれない
ということでした。

 

 

今回は、風景画を初めて描くときの
基本的な構図を説明してみました。
次回も③構図として詳しく説明していこうと思いますので
ぜひ、見てみてください。

 

では、また次回!
( ´ ▽ ` )ノ

構図編 第三弾へ進む
↓↓↓↓↓↓

③【構図】構図を味方にする!知らないだけで、
実はたくさんあった!? 風景画を描く時に役立つさまざまな構図とは?へ進む