風景画を描く時の考え方

【画面構成】誰でもできる風景画を作っていくための画面構成2つの方法とは?

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【画面構成】誰でもできる風景画を作っていくための画面構成2つの方法とは?
ということについてお話ししていこうと思います。

 

風景を描いていて、きちんと描いているはずなのに
全体を見てみると、なんだか違和感を感じる
こんな風に思ったことありませんか?

 

私も絵を描いてきて、この構成の部分は今でも
1番よく考えてから絵を描いています。
なぜなら、この構成をよく考えてから描いていかないと
どんなによく風景モチーフが描かれていたとしても
必ずどこか違和感を感じてしまうからです。

 

なので、風景を描いていて、何か違和感やおかしさ、
何か違うよなあと思って絵を描きている人は
この2つの方法を知っておくと、これだ!というしっくり感が
出てくるかもしれないので、
ぜひ最後まで読んでみてください。

 

( ´ ▽ ` )ノ

 

風景画を作っていくための画面構成とはなんなのか?

 

「構成」という言葉を調べてみると
表現上の要素を独自の手法で組み立てて、作品にすること。
となっています。もっと簡単にいうと
自分の表現したいモチーフを、多くの人に共感してもらえるような
組み立て方を作って絵を作るということです。

 

絵は多くの人に見てもらって、描いた人の心情を
共感してもらったり、絵から何かを感じ取ってもらったり
することに意味があったりしますよね?

 

なので、この画面構成がうまく作れていないと
絵にどこか違和感が出てしまい、見ている人の心情に
不快感が生まれやすくなってしまいます。ここでいう不快感は
「なんかおかしいよな?」とか「あれってあんな風になってたっけ?」
という現実との違いみたいなものをいいます。

 

なぜこの不快感が生まれやすくなってしまうかというと
構成は人間の目の動き(視線)と深い関係があるからなんです。

 

以前、
みんなに注目される絵が描ける!?人の目をひきつける絵作り2つのコツと方法
でも少しだけお話ししましたが
それをもう少し深く解説していこうと思います。

 

うまい画面構成を作る、2つの方法とは?

 

 

先ほども言ったように、
画面構成は人の目の動きと深い関係があります。
画面構成が上手く作られている風景画では
目が自然に絵の中で動き続け
絵が見飽きないような構成になっています。

 

例えば、人の目は絵の中でまず、1番明るい部分に目がいきます。
なのでこれを利用して、1番目にしてほしい部分に
明るい色を持ってきたり、暗い部分と明るい部分を
隣り合わせにして、明度の差を利用したりして視線の流れが
無意識に流れていくようにしたりするということです。

 

じゃあ、うまい画面構成を作るためには
どんなことに気をつけて、絵を作っていったらいいのか?というと

 

1.  モチーフと空間のバランスを考える

描きたいモチーフを考えるときに
モチーフを置く場所とモチーフを置かない背景や
空、地面などのバランスを見るということです。
このバランスが、うまくとれていないと
モチーフだらけで、絵がギュウギュウに詰まって
息苦しく感じたり、

 

逆に、空間だらけになると、どことなく
寂しさや、空虚感を感じたりします。
なので、自分の描きたいモチーフに合わせて
下描き前にこのバランスを考えておくと
まとまりのある絵になります。

 

 

2. サムネイル(小さい大きさのサイズで)構成を考える

 

サムネイルとは、「親指の爪」という意味です。
そのくらい小さなサイズで絵の構成全体を考えるということです。
大きい紙で、そのまま絵の全体を考えていると
全体をつかむことが難しいので、
爪ほど小さいとはいいませんが
小さいサイズで、絵全体を考えて作ると
全体がよく見えるので、構成を考えやすいです。

 

小さいサイズで構成が作れたら、実際に描くキャンバスと
同じ大きさの紙に下描きをして最終確認をしてみると
実際に本番を描いたときに、違和感がなくなります。

 

 

今回のまとめ

今回のまとめ

 

【画面構成】誰でもできる風景画を作っていくための画面構成2つの方法とは
ということについてお話ししてきました。

 

「構成」とは、
自分の表現したいモチーフを、多くの人に共感してもらえるような
組み立て方を作って絵を作るということで、
この画面構成がうまく作れていないと
絵にどこか違和感が出てしまい、見ている人の心情に
不快感が生まれてしまいやすいということ。

 

 

 

うまい画面構成を作るために気をつける2つの方法とは

 

 

1.  モチーフと空間のバランスを考える

モチーフを置く場所とモチーフを置かない背景や
空、地面などのバランスを見るということ。

 

 

2. サムネイル(小さい大きさのサイズで)構成を考える

 

大きい紙で、そのまま絵の全体を考えていると
全体をつかむことが難しいので、
爪ほど小さいとはいいませんが
小さいサイズで、絵全体を考えて作ると
全体がよく見えるので、構成を考えやすいよということでした。

 

画面構成は、本当に絵を描くたびに
私もまだまだ迷う部分なのですが、
この2つを頭に入れて構成を考えていくと
結構本番を描くときに迷わず描けるので
試してみたい人は、ぜひ挑戦してみてください。

 

では、また次回!
( ´ ▽ ` )ノ