風景画実践

【早描き技法①】風景画を描く時間がない!そんな時はカマイユ画法で描く時間を短縮してみよう。

 

 

こんにちは!nagaです。

新年明けましておめでとうございます!
それぞれに良い年を迎えたでしょうか?
なんとこのブログも、2021年4月より始めてから、
今回の記事で、51回目の記事になりました。
あと半分で100記事目!

 

*\(^o^)/*
いやめでたい!

 

人より何度も繰り返しやらないと何事も身につかない自分が、
エッチラオッチラと、亀の歩みのように書き進め、
いつの間にやらこんなにたくさん記事にすることができていて
自分では信じられないほど、嬉しい限りです。

 

今年は、より分かりやすくを目指し、
動画にも力を入れていきたいと思いますので、
どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

ということで、新年1回目の記事は、
絵を描く時間があまりとれない時に使える方法として、
【早描き技法 ①】時間がない!そんな時はカマイユ画法で描く時間を短縮してみよう。
ということについて、お話していこうと思います。

 

それではいきましょう。
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

時間がない時に使える早描き技法。カマイユ画法とはどんな画法なのか?

 

 

カマイユ画法とは、古典的な(昔に)油絵を描く時に使われていた技法で
【カマイユ】はフランス語で、グレー系の色以外の単色(一つの色だけ)を
使って、色の濃淡や明暗で表現しながら描くことをいいます。

 

 

※ ただし、この技法が使えるのは、油絵や透明水彩絵の具、アクリル絵の具のみ
に対してですので、気をつけてくださいね。

 

 

カマイユに使う単色の色は、おもに褐色系の色を使って描きます。
褐色系とは、絵の具の名前で言えば、アンバーやバーントシェンナなどの色で
茶色や赤茶、サビ色、セピア色のような見た目の色です。

 

この褐色系の色、一色で描くと、とてもノスタルジックな雰囲気の絵になるので
たくさんの色を使って描く絵とはまた違った味わいのある絵になります。

 

日本にも、使うモノや色は違いますが、水墨画なんかもこの描き方に
とてもよく似ていますよね。墨一色を使って、墨の濃淡で絵を表現する。
水墨画にしか出せない、独特な雰囲気の味わいです。

 

では、なぜこのカマイユ画法が時間がない時に、いいのかというメリットついて
次にお話していこうと思います。

 

 

時間がない時に時間短縮として使える早描き技法。
カマイユ画法のメリットとは?

 

 

なぜ、このカマイユ画法が時間がない時に使えるのか?ということですが、
まず1つ目。

 

 

1. たくさんの色を使うことなく、
最後まで一色で描くことができるので、

色に惑わされることなく、集中して描ける。

 

普通、絵の具を使って絵を描いていくと、たくさんの色を使って、
絵を描いていくので、その度に、この部分の色はどの色を使おうとか
どうやって色を目立たせようとか、一つの部分に色をつけるだけでも
たくさんの情報量と自分の頭との戦いになりますが、

 

カマイユは、最初から最後まで使う色は一色なので、
まず、色の戦いからは頭が開放されます。(^_^;)
そして、あとは色の濃淡だけを考えて描いていけばいいので、
それだけでも、時間は短縮されます。

 

 

2. 使う色が一色のみなので、描くスピードが上がる

 

これも、先ほどと同じことが言えますが、一色だけで描くので、
たくさんの色を使うよりも、圧倒的に描くスピードは速くなります。
そして、ほかの色を使わないので、あの色が乾いたら塗り重ねようとか、
ほかの色を塗り重ねるのに、乾くのを待つための時間が少なくてすむ
ということもスピードが上がる理由の一つにもなります。

 

3. あとから時間がある時に、上から色をつけることができる

 

これは、カマイユ画法の一番のメリットかもしれませんが、
時間がない時には、カマイユ画法の一色のみで描いておいて、
時間がある時に、あとから色を、上から重ねてつけていくことができることです。
これが、普通に最初から色を使って描いていった絵とは違って、
とってもいい雰囲気と温もりが感じられる
暖かみのある絵になったりします。

 

人によっては、古臭い絵とか、貧乏くさいとか
いったりしますが、私は結構このノスタルジックな
暖かみや人肌を感じられるような雰囲気が好きです。

 

このように、カマイユ画法にはいくつかのメリットがあるので
時間がない人や、ささっと一色で、余計な頭を使わずに絵を描いて
いきたい人には、とてもオススメな描き方ではないかなと思います。

 

じゃあ、カマイユ画法にはデメリットはないのか?
ということですが、あります。そのデメリットについても
次にお話ししていこうと思います。

 

 

早描き、時間短縮になるカマイユ画法。デメリットは?

 

 

1. 水加減をうまく扱わないと、濃淡表現が難しい

 

先ほどもメリットのところでもお話ししましたが、
カマイユは、一色だけを使って最初から最後まで濃淡で表現しながら
描いていくので、絵の具と水加減の塩梅がうまくいかないと、
うまく濃淡を表現するのが難しいです。

 

なので、初めから濃い色と薄い色をいくつか別の容器に
作っておいて、あらかじめ筆で、ちょこっと画用紙に試し描きしてから
描き始めると、うまくいきやすいです。
作った色よりも濃いと思ったら、その色より筆で少し水を足せば
すぐに薄くなるので、こうすれば難しさもなくなります。

 

2. 色の表現がわからない

もうこれは、しょうがないとしか言えないのですが、
一色で描くために、色を使う表現がわからないという
そのままのことですね。

なので、
時間がある時は、色を使って絵を描いていくことも
一緒に練習していくと、表現の幅も広がるかなと思います。

 

 

 

3. 絵が古臭い、ノスタルジックになる

 

これはデメリットになる人、ならない人に分かれると思いますが、
使う色が褐色系、赤茶や茶色、サビ色、セピアなどの色を
使って描いていくので、どうしても経年劣化したような雰囲気に
なってしまいます。その感じが、私のように好きならば何も問題はない
のですが、あまり好きではない人にとっては、古臭いとか田舎臭い
というふうに思うかもしれない。ということがデメリットになるのかなと思います。

 

 

今回のまとめ

 

 

カマイユ画法とは、古典的な(昔に)油絵を描く時に使われていた技法で
【カマイユ】はフランス語で、グレー系の色以外の単色(一つの色だけ)を
使って、色の濃淡や明暗で表現しながら描くことをいう。

 

カマイユに使う単色の色は、おもに褐色系の色を使って描き、
褐色系とは、絵の具の名前で言えば、アンバーやバーントシェンナなどの色で
茶色や赤茶、サビ色、セピア色のような見た目の色のこと。

 

 

カマイユ画法で描くメリットとしては、

1. たくさんの色を使うことなく、
最後まで一色で描くことができるので、
色に惑わされることなく、集中して描ける。ということ。

最初から最後まで使う色は一色なので、
濃淡だけを考えて描いていけばいいので、
それだけでも、時間は短縮されるということ。

 

 

2. 使う色が一色のみなので、描くスピードが上がる

一色だけで描くので、塗り重ねの色を考えることなくすむので
たくさんの色を使うよりも、圧倒的に描くスピードは速くなるということ。

 

 

3. あとから時間がある時に、上から色をつけることができる

時間がない時には、カマイユ画法の一色のみで描いておいて、
時間がある時に、あとから色を、上から重ねてつけていくことができるということ。

 

 

 

そして、デメリットとしては、

1. 水加減をうまく扱わないと、濃淡表現が難しい

カマイユは、一色だけを使って最初から最後まで濃淡で表現しながら
描いていくので、絵の具と水加減の塩梅がうまくいかないと、
うまく濃淡を表現するのが難しいということ。

しかし、初めから濃い色と薄い色をいくつか別の容器に
作っておいて、あらかじめ筆で、ちょこっと画用紙に試し描きしてから
描き始めると、うまくいきやすいし、
作った色よりも濃いと思ったら、その色より筆で少し水を足せば
すぐに薄くなるので、こうすれば難しさもなくなるということ。

 

 

2. 色の表現がわからない

一色で描くために、色を使う表現がわからないということ。
時間がある時は、色を使って絵を描いていくことも一緒に練習していく
ということもあわせてやっていくことで、表現の幅も広がるということ。

 

 

 

3. 絵が古臭い、ノスタルジックになる

これはデメリットになる人、ならない人に分かれると思いますが、
使う色が褐色系、赤茶や茶色、サビ色、セピアなどの色を
使って描いていくので、どうしても経年劣化したような雰囲気に
なってしまうので、

 

 

その感じが私のように好きならば何も問題はない
のですが、あまり好きではない人にとっては、古臭いとか田舎臭い
というふうに思うかもしれないということでした。

 

 

メリット、デメリットともにお話ししてきましたが、
色をたくさん使う表現も、それなりに表現の幅は広がりますが、
あえて一色のみで描いていくことも、色を使う時と使わない時の
違いなんかも、自分で描いてみて感じることができると思うので、
興味のある人は、ぜひ挑戦してみてください。

 

そして、このカマイユ画法について、分かりやすいように、動画にしてみました。
動画と合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

 

↓↓↓↓↓↓ 

時間がない!そんな時は
カマイユ画法で描いてみようの動画へ進む

 

ではまた次回!

╰(*´︶`*)╯