風景画実践

【絵の作り方】風景画を描くのが難しい !! どうやって描くの?と思ったときの順番と作り方とは?

 

こんにちは!nagaです。
ようやく肌寒い春雨の時期が終わり
だんだんと季節は夏に近づいているような
ジメッとした暑さを感じられるようになりましたね。

 

今年は梅雨入りも早まるらしいので
晴れた日がより貴重な洗濯びよりとなりそうです。
( ^∀^)

 

今回は、【風景画を描くのが難しい!どうやって描くの?
と思ったときの順番と作り方とは?】についてお話ししていこうと思います。

 

どんな絵を描いていくにも
その人によって様々な描き方や考え方があると思います。
とくに、これから始めて風景画を描いていく人は
どこからどうやって描いていったらいいのか?

 

クソ!難しすぎて風景画なんて嫌いになりそう!
o(`ω´ )o

と思っている人もいると思います。
私も実際そうでした。

そういう人たち(自分)のためにも
今回は、私自身が実際、風景を描いていくときの
作り方や考え方をお話ししていこうと思いますので
ぜひ参考にしてみてください。

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

風景画を描くときの順番。1. 構図とアングルを考える

 

 

風景画を描くうえで、これが1番考える部分ではないのかな
と思いますが、構図を考えるということです。

 

構図って難しいですよね。
とくに絵を描き始めた頃なんて
構図の意味すら理解するのも分からなかったし

 

私も構図に関して、いまも毎回どうしようかと
迷いまくって描いていますが

 

絵を描く前に、どんな絵を描こうとか
なんの絵を描こうか、ということを1番最初に決めてから
描くと思いますが、風景画の定番的構図といえば
水平線構図が多いのかなと思います。

こんな感じ
↓↓↓↓↓

 

なぜこの構図が風景画には多いのか?というと
すでに「前例ありの美しさが保証された構図」だからです。
絵はずっと大昔から、色々な巨匠たちが描いてきて
現在まで様々な構図で作られ
色々な時代の、たくさんの人々に共感されてきました。

 

「共感される」ということは、
それだけその風景構図が、誰が見ても見栄え良く
美しく、風景だとひと目見て分かる、理解できる構図
ということにもなります。

 

そして、有名画家や巨匠たちがこの構図で絵を描き
素晴らしいと賞賛された前例も数々あるために
こぞって、この水平線構図を風景で使い
やがて定番になっていきました。

 

でも、風景画を学ぶにはこの水平線構図から
学び始めるのが風景画を描いていくのに分かりやすく、最適なのですが、
「自分が表現したい風景画を描く」ということで考えた場合
それが世間では水平線構図が当たり前になって
常時化してしまっているので

 

人の目を惹きつける構図ということでは
絵自体に色々工夫をこらさないと
なかなか難しいかもしれません。そうならないために
「誰も見たことがない視点を探す」ということが
必要になるのかなと思います。

 

「誰も見たことがない視点を探す」ということは
誰にも共感されていないということでもあるので
構図で人の目を惹きつけるということでは
バッチリですが、他人に共感されるという面では
難しい部分もあります。

 

なので、他人から共感されて、なおかつ
誰も見たことがない視点で描かれている構図
を見つけることを意識して構図を考えていくといいのかなと思います。

 

そして、構図と一緒に決めておくといいのがアングルです。
アングルとは、角度のことです。
絵を描くときに、下から見上げた角度の絵にするのか
真っ直ぐ見たままの角度の絵にするのか
上から見下ろした角度の絵にするのかということです。

 

 

風景画を描くときの順番。2. 全体の彩度を考える。

 

構図とアングルを考えたら次に、絵全体の彩度を考えます。
彩度とは、以前も少しお話ししたと思いますが
色の鮮やかさのことを言います。

 

例えば、快晴の日は太陽がギラギラと輝き
まぶしいぐらいに、明るいですよね。
でも、曇りの日は太陽は雲に隠れているので
どんよりと薄暗く、晴れの日よりは明るくない。

 

下の写真のように晴れや曇り、夕立ちなど彩度が違うことが
分かると思います。

 

 

【晴れた日】
↓↓↓↓↓

 

 

【曇りの日】
↓↓↓↓↓

 

【夕立】
↓↓↓↓↓

 

急な夕立が来ると、曇りよりもさらに
真っ暗くなり、明るさはもっと感じなくなりますよね。
こんな風に、自分がどんな状態のときの風景を描くのか
によって下の3つのように、最初に全体の明るさを決めてしまいます。

 

高彩度・・・晴れ(明るい)
中彩度・・・曇り(薄暗い・あまり明るくない)
低彩度・・・雨・夜(暗い)

 

 

そうすると、絵の具で実際に描いてくときに
昼間の風景だから、使う色は全体的に明るい色
夕暮れの風景だから、ちょっと明るさを抑えた色
を使うことを意識すればいいんだな
と選ぶ色も分かりやすくなるかなと思います。

 

 

風景を描くときの順番。3. 光線状態を考える。

 

 

そして最後が、光線状態を考えるということです。
光線状態とは、光の角度や向き、位置のことです。

なぜこの光線状態を考えなければならないかというと
風景画は天候に限らず、太陽の光が絵の中では光源になっているからです。
なので、どこに太陽を置いて、どういうふうに光が差しているのか?

先ほどもお話ししたように
晴天なのか?曇りなのか?光は順光なのか?
逆光なのか?斜光なのか?ということを考えなければなりません。

 

もし、この光源を考えないで絵を描いたとしたら
光はないということになるので、
全面真っ黒けっけの絵になってしまいます。
これだと絵を描く意味がなくなってしまいますよね。

 

なので、太陽はどの位置にあるのか?
太陽の光はどんな風に、どの角度で差しているのか?
ということを考えて、下描きを作っていくと
絵の具を使っていく時にも
描きやすいのではないかなと思います。

 

今回のまとめ

 

【風景画を描くのが難しい!どうやって描くの?
と思ったときの順番と作り方とは?】ということについてお話ししました。

 

まず初めに
1. 構図とアングルを考える

「自分が表現したい風景画を描く」には
定番の水平線構図でもいいけれど、その時には
絵自体に何か工夫を入れるといいということ。

他人から共感されて、なおかつ
誰も見たことがない視点で描かれている構図
を見つけることを意識して構図を考えていくということ。

 

2. 絵全体の彩度を考える

自分が描きたい風景は、どんな状態のときの絵なのかを考えて、

高彩度・・・晴れ(明るい)
中彩度・・・曇り(薄暗い・あまり明るくない)
低彩度・・・雨・夜(暗い)

という3つの彩度の中から近いものを選んで
絵全体の彩度を考えておくということ。
これを決めておくと、絵の具を使って描いたときに
色を選びやすくなるということ。

 

3. 光線状態を考える

風景画は天候に限らず、太陽の光が絵の中では光源になっているので
どこに太陽を置いて、どういうふうに光が差しているのか?
晴天なのか?曇りなのか?光は順光なのか?
逆光なのか?斜光なのか?ということを考えるということでした。

 

これはあくまで、私が風景画を作るときに考えている方法
なので、他にも人によってたくさんの考え方があると思いますので
試してみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ