デジタル絵

【AI】絵描きは終わりなのか !? AI が絵を描く時代 Midjourneyとは?

 

 

こんにちは!nagaです
寒い!寒い!何やら急激に寒くなってきましたね
みなさん風邪などひかないように
暖かくしてお過ごしくださいね
( ;∀;)

 

今回は、絵描きさん達の間でも話題になっている
【絵描きは終わりなのか !? AI が絵を描く時代 Midjourneyとは?】
ということについて
お話ししていこうと思います。

 

最近AIなんて言葉を、いろいろなところで
よく耳にするようになりましたが
絵描きの世界にもついに、
AIという単語が現れました。
(ㆀ˘・з・˘)

 

AIが絵を描くというのはどういうことか?というと
ネット上にあるたくさんの画像や絵の中から
AI(人工知能)が、指令された言葉や単語を理解して
その言葉にあった絵を自ら作り上げるというものです。

 

絵描き泣かせのすごい時代になったなあなんて
個人的には思ってしまいますが、
これからの時代は、このようなAI技術も進んでいくことは
どうやら必須になっていきそうですね。

 

なので、今回そのAIで絵を描けるという
アプリの一つ、【Midjourney(ミッドジャーニー)】
という優れたAI機能を持つアプリを紹介しようと思います。

 

なかなか描きたい絵を思いつかない、考えられない
という人には是非、使ってみてほしいと思うので
ぜひ参考にしてほしいと思います。

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

優れたAI機能を持つアプリ Midjourney

 

 

先ほども言いましたが、
Midjourneyというアプリは
AI機能を使って、指令された単語や言葉を理解して
数あるネット上の画像や絵やイラストから
一枚の絵を作り上げてしまうというアプリです。

 

絵描きさんにとっては、なんとも恐ろしい
アプリになりそうでうすが、
このアプリ、使い方次第では絵描きさんの
強い味方になってくれそうなこともあるんです。

 

まずは結果からということで、
私が実際にこのMidjourneyを使って
絵を作ってみましたので見てみてください。
↓↓↓↓↓

 

 

ちなみに、この記事で載せている画像
全てMidjourneyで作ってみました。。。

すごくないですか? (・Д・)
この4枚の絵、AIが作りました。。。。
(絵描き泣かせの仕事っぷり!)

 

私は、入力部分に「雪・山・油絵風・写実的に」という
この単語を入れて、ボタンを押しただけです。。。

 

しかもすごいのが、入力した単語に近いものを
一度に4つも作り出してくれるということ。
そして、この中の一つを何度でも選んで
より鮮明に、より自分の思ってるイメージへと
詳細に絵を作り込んでいくことができてしまうんです。

 

なんとも恐ろしい、出来栄えで、絵描きは消えてしまうのでは
とも思ってしまいますが、絵や画像、イラストをもとに
AIが作り上げているので、やっぱり絵描きさんは
必要なんですよね。

 

そしてもう一つ、作ってみました
↓↓↓↓↓↓

 

これは「夜・雷・日本・龍」と入力してみました。
形はなんとなくできていますが
全体像的な感じだけですよね。

 

でも、この中から一枚を選んで
より詳細指令していくと、もっと形がはっきり
していきます。

 

 

 

こんな風に、単語を入れるだけで
自分の想像しているイメージに近いものを
描いてくれるので、絵を描き始めて間もない人
などは、イメージ全体を表現することがなかなか難しいので
とても参考になるのではないかなと思います。

 

 

優れたAI機能を持つアプリ Midjourney
誰でも使える 良いところとは?

 

 

このMidjourneyというアプリは
【Discord】というチャットアプリの中で
使うことができます。

 

なので、まずはこのDiscordをダウンロードして
自分のメルアドを入力し
アカウントを登録してから使うようにしてください。
スマホからもできますが、私はPC版を使うことを
おすすめします。

 

理由は、画面が広くて使いやすいからです。

 

Midjourneyは設定する部分は、日本語対応になって
いますが、その他の表示されている部分や
絵を作るときに入力する単語などは
英語のみですので、それを承知した上で
使ってみてください。

 

使い方は、【Midjourneyの使い方】などと
検索すると、たくさん表示されるので
そちらを参考にしてみてください。

 

Midjourneyは無料と有料があります。
アカウントを登録した時点では、みんな無料なので、
有料を使いたい人は、お金を支払って使うことになります。

 

無料で作った絵は、商用利用はできません
snsなどでのシェアは認められていますので
ブログやSNSには載せることができます。

有料で10ドル~/月 支払うと、商用利用できます。
<AI +自分が作成>ということになるようなので
無料の方の著作権はMidjourney側にあるようです。

 

有料の方だと、自分の描いたキャラクターと
背景はこのMidjourneyで作って
一つの作品にしてコラボしている人も
たくさんいるので、自分だけで絵を作るのも良いですが
また新たな絵の分野としても広がっていきそうな感じです。

 

無料でも、絵を描くときの参考資料
として使う分には、十分すぎるほど便利なもの
だと思うので、使わない手はないかなと思います。

 

AIで作った絵を
このまま丸写しで絵を描くのはダメですよ!
違法になりますのでね。

 

登録も、メルアドさえあれば普通のアプリと
なんら変わらないので、誰でも使うことが
できますし、アイディアが浮かばないとか、
考えがまとまらないなんていう時は

役に立ってくれる存在になるのではないかと
思います。

 

今回のまとめ

 

今回は、【絵描きは終わりなのか !? AI が絵を描く時代 Mid journeyとは?】
ということについてお話ししました。

 

 

Midjourneyというアプリは
AI機能を使って、指令された単語や言葉を理解して
数あるネット上の画像や絵やイラストから
一枚の絵を作り上げてしまうというアプリだということ

 

なんとも恐ろしい、出来栄えで、絵描きは消えてしまうのでは
とも思ってしまいますが、絵や画像、イラストをもとに
AIが作り上げているので、やっぱり絵描きさんは
必要なのだということ

 

有料の方だと、自分の描いたキャラクターと
背景はこのMidjourneyで作り
AIと自分のコラボで作品を作ることができるということ

 

無料だけでも、絵を描くときの参考資料
として使う分には、十分すぎるほど便利なもの
で、絵描きさんを助けてくれるアプリでもあると
思うので、使わない手はないということでした。

 

このAI機能が現れたときは
もう絵描きは終わる時代か・・・・
なんて思ったりもしましたが、
絵描きを助ける、役立つ部分もあるということが
わかったので、私もうまく活用できていけたらな
なんて思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。
ではまた次回!!
( ´ ▽ ` )ノ