デジタル絵

初心者必読!デジタルで絵やイラストを描く時に必要なデジタル機器いったいどれが一番いいのか?

 

こんにちは。nagaです。
今回は、デジタルで絵やイラストを描く時に
必要なデジタル機器は一体どれが一番いいのか?についてお話していこう
と思います。

 

もはやデジタルで絵を描くのが当たり前な
世の中になり、ありとあらゆる機器が販売されて、
いったいどれを購入したらいいのか
分からない。

 

なんてことがありますよね。私も実際に
そうでした。とくに初めてデジタルで絵を
描こうと思ったときは、迷いましたね。

 

 

そんな方に、初めてデジタルで描く時にそろえた方がいい機器
などを紹介していこうと思います。

 

 

 

デジタル絵を描く時に必要な機器。初心者は、まずipad一つで十分

 

 

さっそく結論から言うと、
初めての人はまず
「ipad」のみを購入すればいいと思います。

なぜか?( ゚Д゚)ハァ??

 

 

step
1
デジタル機器の基本の使い方を網羅して習得するため。

 

 

というのも、今現在販売されている
お絵描きソフトの基本は、デザインこそ多々
ありますが、名称や使い方がわずかに違う
だけで、ほとんど変わらないからです。

 

 

これは、いろんなお絵かきソフトを使っていくと
実際に分かってきますが、基本が同じなため、
ipadでダウンロードして使えるお絵描きアプリも
操作性はほぼ変わらないんです。

 

 

それにipadのみなら、購入金額も安く
おさえられるし、最初からお絵描きアプリが
内蔵されていることもあるので、
他に余計な出費がかからないからです。

 

 

そして、もうちょっと細やかな設定で描ける
お絵描きソフトが欲しいと思ったら、
アプリから購入して、すぐに使うこともできます。

 

 

実際に、プロの方でも、このipadだけで
絵を描いて、収入を得ている方々もたくさんいます。

 

 

なので、まずはデジタルでの基本の操作性を
ipadで遊びながら覚えてから、他の機器を
購入することを検討すればいいのではないかと思います。

 

 

デジタルお絵描き中級以上はパソコンとペンタブ

 

自分は、最初からPCやペンタブで絵を描いて
いきたい!という人や、もっと複雑な機能で
グレードアップした絵を描きたい!という人は、
PCとペンタブ、お絵かきソフトを購入する必要があります。

 

step
1
パソコンはmacをオススメします。

 

 

「mac!?高くない?」と思う人も
いるかと思いますが、これにはいくつか理由があります。

 

 

例えば、描いた絵のファイルを送受信した時
に、相手はmacで自分はその他のPCだった場合、
その他のPCでimacのファイルを開くと
絵の色が微妙に違って見えてしまうことが多々あります。

 

 

例えば、赤いリンゴの絵のはずが、くすんだ
赤に見えたり、暗い闇の絵が明るく見えて
しまったりということですね。
また、その他のPCからmacに送る時も
この逆のことが起こる場合があります。

 

 

でも、mac同士のPCではこのように
ファイルを送受信しても、色が違って見える
ということがまず起こりません。
これは、macには「キャリブレーション機能」という
機能が備わっていて、これを設定しておくと
自動で色を正確に調整してくれるからなんです。

 

 

他のPCにもこの機能があるものが、
あるかのかもしれませんが、
たいていは、このキャリブレーションできる
機器を新たに購入し、自分でPCの色を調整する必要があります。

 

 

わたしの経験だと、この機能を使っても
やはり若干の色の違いがでます。
なので、せっかく自分の思った絵が描けたのに、
印刷してもらったら、まったく違う色合いに
なってしまったということがあるわけです。

 

 

なので、世界中のアーティストやデザイン
を仕事にしているプロの方々はmacを使う人が多いわけです。

 

 

デジタルで絵を描くには、板タブか液タブか?板タブをオススメします

 

なぜ板タブをオススメするのか?というと
まず、価格が圧倒的に安いことです。
液タブはそのまま画面に直接描くことが
できるので、使いやすいとは思うのですが、
価格がものすごく高いです。

 

 

そして、板タブは夏の暑さに強い。ヽ(^o^)丿
液タブは画面から熱が発生しているので、真夏の暑い日には、
とても長時間描いていられません。
暑さだけでもイライラするのに、描く時まで
放熱によってさらに嫌になります。

 

 

そして、この熱によって不具合が発生して
動かなくなったり、壊れたりするからです。
高額なお金をはたいてせっかく買ったのに、
コスパが悪かったらガッカリですよね。
・・・(゚Д゚゚;)・・・

 

 

その点、板タブは描く部分に熱は発生しないので、
真夏でも快適で、壊れにくい。
たとえ壊れたとしても安価なので、コスパもいいです。
そしてなにより、真っすぐPC画面を見ながら描くので、
姿勢も悪くなりずらいので、体も壊しにくいです。

 

 

板タブ、液タブどちらもいいのですが、
わたしは板タブをオススメします。

 

 

デジタルで絵を描くには板タブ・液タブはワコム製がおすすめ

 

板タブも・液タブも、海外のもので安い価格のものが
たくさん出てきていますが、わたしは
「ワコム製」のものをおすすめします。

 

なぜなら、まず使いやすい。そして、
サポート体制もしっかりしているからです。

 

海外のペンタブによくあるのですが、
描く時にペン先が沈み込むものがあったり
するのですが、それが非常に描いていると
ストレスになったりするのですが、

 

ワコムは沈み込みがありません。紙で描いて
いる状態となんら変わらないので、スラスラ
描けてしまいます。ほんの少しのこと
なのですが、長時間描いていると、
これが非常に重要だったりします。

 

気にならないようでしたら、海外製のもの
でも今はたくさんいいものが出てきている
ので、試してみるのもいいのではないかと思います。


 

 

今回のまとめ

 

今回はデジタルで絵やイラストを描く時に
必要なデジタル機器はいったいどれが一番いいのか?
についてお話しました。

 

まず、デジタル絵を初めて使う人に
オススメなのは、ipadで十分ということ。

 

そして、デジタルで描くことに慣れてきたら
imacとペンタブを購入し、お絵描きソフト
を使って描いてみようということでした。

是非参考にしてみてください。

 

 

今回はお絵描きソフトについては紹介して
なかったので、次回はお絵描きソフトについて
お話していこうかなと思います。

ではまた次回。

ヽ(^o^)丿

 

↓↓↓↓↓ この記事へ進む ↓↓↓↓↓

初心者必読!デジタルで描く時のおすすめお絵描きソフト2つ

-デジタル絵
-, , , , , , , , ,