デジタル絵

【早描き技法 ②】絵を描く時間がない!そんな時は、デジタルで時間を短縮して描いてみよう。

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【早描き技法 ②】絵を描く時間がない!
そんな時は、デジタルで時間を短縮して描いてみよう。
ということについてお話ししていこうと思います。

 

以前に、時間があまりとれない時に絵を描く方法として、
1つの描き方を紹介しましたが、
今回は、早く描く方法として、丁寧に描くということを除いて
このデジタルで描く方法というのが
時間短縮という面では1番早いのかなと思います。

 

私自身も絵を描く時間というのは、なかなか作るのが難しい
のですが、デジタルを使って描くと、少しの合間でも
ささっと描くことができるし、全く何も描かない時よりは、
確実に手が動いている分、絵の上達にもつながると思うので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、説明していこうと思います。

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

絵を描く時間がない時に、早く描けるデジタルで絵を描く方法とは?

 

デジタルで絵を描く方法とはどういうことなのか?
ということですが、以前、【デジタル機器】のところでも
少しだけ紹介したと思いますが、

 

そのデジタル機器を使って、絵を描いていくことを言います。
これはもう誰でも知っているようになりましたが、
iPadやスマホもその中の一つです。

 

デジタルペンや、指を使ってお絵描きソフトで
画面に直接絵を描いていく方法です。

そしてもう一つは、パソコンとペンタブレット(板タブ)を
つないで、パソコンを見ながら、このペンタブに絵を描いていく方法
そして、液晶ペンタブレット(液タブ)に直接デジタルペンで
絵を描いていく方法です。

 

iPadやスマホはこの液タブの種類に入りますよね。

 

アナログで絵を描くのと違い、紙や絵の具、筆や鉛筆などの画材を
いちいち用意しなくても、これらのデジタル機器さえあれば、
いつでも、どこでも絵を描くことができます。

 

じゃあ、このデジタル機器の中で、どの機材を用意すればいいのか?
ということについてこれからお話ししていこうと思います。

 

 

絵を描く時間がない時に、早く描けるデジタルで
絵を描くための機材はどれがいいのか?

 

これは、あくまで普段はアナログで絵を描いていて、
時間がない時におすすめな機材ということでの1番おすすめなもの
ということでお話ししたいと思いますが、

 

私は、iPadが1番いいと思います。

 

先ほど紹介した、そのほかのデジタル機材も私は実際に使っていますが、
時間がとれない時は、今はほとんどiPadのみを使って絵を描いています。
なぜなら、1番軽くて1番持ち運びに便利だからです。

 

他のデジタル機器も、画材などを準備しなくてすむということでは
とても便利なのですが、持ち運びには向かないので、
あくまで家で描くことを前提として使うという感じです。

 

iPadなら、もうすでにお絵描きソフトが内蔵されているので、
また別にソフトを購入する必要もないので、
すぐに絵を描くことができます。

 

じゃあ、このiPadを使って絵を描くことの何がいいのか?
というメリットについてもお話ししていこうと思います。

 

 

絵を描く時間がない時に、早く描けるiPadで
絵を描くためのメリットとは?

 

 

ます1つ目は、

1.  色々な画材や道具を用意する必要がない。

これは先ほども言いましたが、
アナログで絵を描くのとは違い、紙や絵の具、水や筆など
絵を描くために必要な道具や画材を用意する必要がなく、
デジタルペンとiPadだけあれば、すぐに絵を描くことができる
ということですね。

 

2. いつでもどこでも手軽に持ち運びできる。 

これは見たまんまのことですが、
薄くて、ノートサイズで、軽いので、カバンにも入れられるし、
場所を選ばず、いつでも絵を描くことができるということですね。

 

3. デジタルでも絵が描けるようになるので、表現の幅が広がる

普段、アナログで絵を描いていて、デジタルを使ったことがない
という人でも、iPadを使って絵を描いているうちに、
デジタルで絵を描くことになれるので、絵を描くことに対しての
表現の幅が広がるということです。

 

絵は紙やキャンバスで描かないと上手くならないと思っている人も
いるでしょうが、今はそんなことはありません。
デジタルだけで絵を描いても、絵は上達します。

 

私も人物などを練習するときは、ほとんどデジタルを使って
描く練習をしてきましたが、紙で描く時よりも消したり、
拡大したりすることが、すぐにできるので、上達も早いです。

 

 

 

 

4. お絵描きソフトがたくさんあるので、選び放題。

iPadなら、絵を描くためのソフト(アプリ)がたくさんあるので
自分に合った、好きなアプリを購入して、色んな描き方を
試すことができるということです。

 

 

 

 

 

5. たとえ絵を描かなくなっても、
iPadなら電子書籍などで使うことができる。

 

もし、iPadを購入して、デジタルで描くのには自分は向いていないと
思ったとしても、iPadは他にも色んな機能があるので、他の用途で
使うことができます。特に電子書籍として使うと、とても便利です。

デッサンや絵の参考本などを購入して読むと、電子書籍なら画像や
絵の写真なんかを拡大して、細かい部分のタッチまで見ることができるからです。

これが、紙版だと拡大はできないので、細かい部分までは
見ることができませんよね。そのまま載っている写真や画像の
大きさでしか見ることができません。

でも、電子書籍版を購入し、iPadで読めば、
絵を描くときに、参考本などの模写練習をする時には
とても役立つし便利なんです。実際に、私も今は参考本などを模写練習
するときは、今はほとんどこの電子書籍版の方を購入し、活用しています。
それに、電子書籍の方が割安になって販売されているので、
拡大して細かい部分も見ることができる上に、安いのでお得ですよね。

 

こういったように、デジタルで絵を描くというのも
結構メリットはたくさんあります。そしてデメリットも
あるので、それもお話ししていこうと思います。

 

 

 

絵を描く時間がない時に、早く描けるiPadで
絵を描くためのデメリットとは?

 

先ほどは、iPadを使うときのメリットについてお話ししましたが、
ではデメリットについてはどうなのか?ということについて
お話ししていこうと思います。

 

まず1つ目は、

1. 使い方を覚えるまでは時間がかかるかもしれない。

デジタル機器を初めて使って、絵を描く人にとっては、
多少、覚えるまでには時間がかかるかもしれないという
ことがあります。

 

でも、今は誰もがスマホを持って、扱っていますし、
iPadはスマホと同じなので、覚えるのは、お絵描きに使う
アプリの使い方だけなので、そんなに難しいこともないかなと思います。

アプリを押して、起動するだけなので、簡単ですよね。
描き方や、使い方はそのアプリによってわずかに違いがありますが、
今は使い方本なども販売されていたり、動画なんかでも使い方を紹介
していたりするので、分からなかったら、簡単に調べることもできます。

 

2. iPadの容量をなるべく大きいものにしないと、
描いた絵を保存することが難しい。

 

これはパソコンやスマホでもそうですが、iPadの中身の容量(脳みそ)を
大きい容量のものをできるだけ購入した方がいいということです。
メモ帳サイズにちょこっと描くのならば、最低の容量でも大丈夫
とは思いますが、A4サイズなんかで描こうと思ったら、できるだけ
大きい容量のものがいいと思います。

 

iPad自身のOS(脳みそ)も日々自動で新しい情報に更新されていくので、
小さい容量だと、どうしてもそのOSの容量だけに中身を使うことになってしまい、
他のことに使う空き容量がなくなってしまいます。

 

なので、できるだけ保存もきちんとできるようにするには、
懐が許す範囲で、大きな容量を選んで購入することをおすすめします。
ちなみに、私が今使っているのは、256G(ギガバイト)の容量です。
確か当時はこの大きさで、中間の容量の大きさのものでしたが、
今も余裕で絵を描くことができているので、中間容量でも大丈夫かなと思います。

 

これでも、もし足りなくなったら、iPadやiPhoneには
「クラウド」というものがあるので、これに描いた絵を
保存していけば大丈夫です。

 

クラウドとは、昔でいえば、自分専用のいつでもどこでも出し入れできる
貸金庫や私書箱、ロッカーのようなものですね。
購入したばかりの時は、5Gのクラウドが元々ついているのですが、
これはすぐに一杯になってしまうので、

 

そういう時は、このクラウドの容量を購入し、月払いで
支払って利用するということになります。
購入する容量によって金額が異なるので、気をつけてください。

 

こういうこともあるので、できれば容量が大きいものを最初から
購入する方がいいかなと思います。

 

 

3. 絵の具や水加減の使い方が分からなくなる。

もうこれは、仕方のないことですが、
画材や紙、キャンバスを使わなくなるので、
道具の使い方や、描き加減が分からなくなるということですね。

 

なので、私がおすすめするのは、アナログもデジタルも両方やる
ということですね。初めにもいったように、
時間がなかなかとれない時は、デジタルで手を動かして絵を描く。
時間がしっかりとれる時は、アナログで描く。
この二つを両方やることで、明らかに何も手を動かさない時よりは
確実に上達すると思うので、何もやらないよりはいいということです。

 

 

 

 

iPadに関しては、私自身も使っていますが、デメリットといっても
そんなに使いずらいうことを思ったことがないし、
むしろ絵を描くということに関しては、メリットの方が大きく
とても重宝しているので、今あげたデメリットはそんなに感じないので、
ぜひ使ってみてほしいなと思います。

 

今回のまとめ

今回は、今回は

今回は、【早描き技法 ②】絵を描く時間がない!
そんな時は、デジタルで時間を短縮して描いてみよう。
ということについてお話しました。

 

デジタルで絵を描いていく方法とは、ペンや、指を使って
デジタル機器のお絵描きソフトで
画面に直接絵を描いていく方法です。

そしてもう一つは、パソコンとペンタブレット(板タブ)を
つないで、パソコンを見ながら、この板タブを使って絵を描いていく方法
そして、液晶ペンタブレット(液タブ)に直接デジタルペンで
絵を描いていく方法でした。

 

で、時間がない時にすぐに絵を描くことができる
デジタル機器はiPadがおすすめということでした。
なぜなら、持ち運びに便利でいつでもどこでも持ち運びができ、

すでにお絵描きソフトが内蔵されているので、
また別にソフトを購入する必要もないので、
すぐに絵を描くことができるからということでした。

 

で、そのメリットとしては、

1.  色々な画材や道具を用意する必要がない。

2. いつでもどこでも手軽に持ち運びできる。 

3. デジタルでも絵が描けるようになるので、表現の幅が広がる

4. お絵描きソフトがたくさんあるので、選び放題。

5. たとえ絵を描かなくなっても、
iPadなら電子書籍などで使うことができる。

ということでした。

 

 

そして、デメリットとしては、

1. 使い方を覚えるまでは時間がかかるかもしれない。

2. iPadの容量をなるべく大きいものにしないと、
描いた絵を保存することが難しい。

3. 絵の具や水加減の使い方が分からなくなる。

ということでした。

 

 

今回は、あくまで時間がない時にデジタルで描くということも
取り入れて絵を描いていくと、少しの時間でも絵を描く時間を
作ることができるということを前提にお話ししました。

絵を描くということは、もともと時間をかけるものだと
私は思っているので、時間がきちんととれる時は、
面倒くさがらずに、ちゃんと描いたほうがいいと思います。

 

では、また次回。

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

↓↓↓↓↓↓

【早描き技法③】風景画を描く時間がない!そんな時は、部分着彩して時間を短縮してみよう。へ進む