アナログ絵

【風景画練習方法】初心者でも簡単にできる、山並みの描き方の練習方法とは?

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【初心者でも簡単にできる、山並みの描き方の練習方法とは?】
についてお話していこうと思います。

 

風景画で、自然を題材にして絵を描くとき
「山並み」を入れて描くことが結構多いのではないかと思います。

実際に山を見れる地域にお住まいの方は
直に見れるのでいいと思いますが、
都市部にいると、なかなか山並みを見る機会もありませんよね。

 

なかなか普段から見ていないと、
山並みって描くの難しいです。
私も山並みを描くと、連続して、
同じ形の山を描きがちになってしまいます。

 

山並みは遠近ですが、意外にあなどれません!
山並みのバランス、けっこう重要です。

 

そんな時でも、気軽に山並みを描く練習ができる方法
これから説明していこうと思いますが、
今回は、1番最後に実際に練習する部分を動画にしてみましたので、
動画と合わせて、ぜひ見てみてください。

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

初心者でも簡単。山並みを描く練習方法とは?

まずは、コピー用紙を一枚用意してください。
白ければなんでもいいです。

 

大きさはA4サイズぐらいがいいと思います。
その紙を、縦半分に折ってから下の写真のように
適当に、自分の好きな形に折って山並みを作ってみてください。

 

こんな風にできましたか?

 

先ほど白い紙と限定したのは、山の稜線っぽい影ができて、
それが、白い紙だと影の部分がより分かりやすいからです。

 

できたら、次は山並みを描く練習に使う道具を用意していきます。

用意するもの

ケント紙(100均にもあります)・鉛筆(薄いものと濃いもの)・サッ筆・ティッシュ・ねり消しゴム・本物の山並みの写真いくつかあれば、なお良いです・自分で作った紙の山並み

 

用意できたら、先ほど自分で作った
紙の山並みをよく見て、ケント紙にまずは、山並みの輪郭から
薄い鉛筆を使って、描いていきます。

 

描けたら、次は山の表面のデコボコしている部分の
影を薄く塗りながら、サッ筆やティッシュを使って
影をぼかしていきます。

 

この時、サッ筆が鉛筆で黒くなっていくので、
サッ筆を回しながら、常にキレイな面でぼかしていくと
うまくぼかすことができます。

 

全面真っ黒になってしまったら、紙やすりで削ったり、
カッターで削ったりして、新しい面を作ってください。

 

サッ筆は紙でできているので、いくつか購入しておいても
お金はそんなにかかりません。

 

全体的に影の部分が塗れたら、次は先ほどよりも
濃い鉛筆に変えて、さらに、こい影の部分を塗っていきます。
これも、塗ったら先ほどと同じように
サッ筆やティッシュでぼかしていきます。

 

濃い部分が塗れたら、鉛筆を薄い鉛筆に交換して、
今度は山の表面部分を塗って、またぼかしていきます。

ここまでできたら、最後にとがった鉛筆を使って、
山並みのゴツゴツした稜線を、鉛筆で強弱をつけながら
描いていきます。

 

さらに描き込んで、もっと山並みらしくしたい人は、
最初に用意しておいた実際の山並みの写真などもよく見て
描き込んでいってください。

 

この紙で作った山並みを描く練習方法は、
一度も同じ形ができないので、繰り返しにならず、
その度に違う形で山並みを練習することができるので、
山並みが単調になりません。

 

こうやって練習しておくと、
実際に絵の具で絵を描いたときに、
山の影とか、稜線部分のエッジなんかも
描きやすくなるのではないかなと思います。

 

ぜひ参考に練習してみてください。
ではまた次回!

( ´ ▽ ` )ノ

 

山並みを描く練習方法の動画
↓↓↓↓↓↓↓