アナログ絵

【初心のための練習】絵がうまく描けるようになるために、モノの質感を表現する練習をしてみよう!

 

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【初心のための練習】絵がうまく描けるようになるために、
モノの質感を表現する練習をしてみよう!ということついて
お話していこうと思います。

 

 

風景を一つの絵として描く時、静物画と
違ってたくさんの情報量を描くことが必要になりますよね。

 

空だったり、雲だったり、水面だったり、
木・・・・だったりと。このいくつかの
対象物を描くには、さまざまな表現方法が必要になります。

 

とくに、初めて風景画を描いていく時には、
何をどうやって表現していけば、それらしく
見えるように描いていくのかが難しいと思います。

 

そんな時のモヤモヤを、少しでもなくして
いくために、今回はその練習方法を紹介していこうと思います。

 

今回は後半部分に、分かりやすいように動画にしてみましたので
最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

 

モノの質感を表現するには、まず鉛筆を使ってモノクロで描いてみよう。

 

まず、モノの質感、モノをそれらしく見せるために、
絵具ではなく、鉛筆を使ってモノクロで質感を表現する
がいいのではないのかなと思います。

 

 

なぜ、モノクロがいいのか?というと、
描きなれている人なら、色を何色も使って描いていっても構わない
と思いますが、初めて絵を描いていく人にとっては、
何色もの色を使って描いていくと、あまりの情報量の多さに、
集中力や飽きがきて、途中で続かなくなる可能性があるからです。

 

風景は、描く対象物がたくさんありますよね。
空や雲、木々や水面、草や動物、人・・・。
初めのうちは、この中の1つを描くのも大変なのに、

 

それに加えて、色をいくつも使って最初から光や影、
質感や色を表現していく。

 

んあーっ!キライになりそう・・・(;´∀`)

 

となりがちですが、鉛筆一本ならば、何色もの色を気にすることなく、
対象物を丁寧に見ながら描くこと、質感、光と影
この3つぐらいを考えながら描くことができるので、

 

より一層、集中しながら描けると思いますし、
何よりも、質感を表現するということに目標を置きながら練習できるので、
実際に絵具を使って描いた時には、練習する前よりも表現しやすく
なっているのではないのかなと思います。

 

なので、まず風景全体を描くことに難しさを感じる人や
対象物の表現がうまく描けないという時は、
対象物をモノクロで表現する練習をしてみるといいかなと思います。

 

 

モノの質感表現を練習するには、オノマトペを使ってみる

 

 

以前にも少しだけお話しましたが、質感の表現練習をするには、
「オノマトペ」を使って練習してみるといいです。

 

オノマトペとは、ゴツゴツ・ツルツル・カサカサ・ベタベタとか
見た目を音で表したもの
ですが、
これは絵を描いて表現していくときにも有効です。

 

岩ならゴツゴツした面を表現したり、
ガラス容器だったら、ツルツルな面を表現したり、
スライムや液体のようなものならば、ドロドロとかサラサラとか
絵を描く時には、このオノマトペによる表現が
とても役に立つのではないかなと思います。

 

前もって、色々な質感をオノマトペで練習しておくと、
実際に絵を描いた時に、水面ならサラサラ感だなとか、
あの葉っぱは表面がつやつやしているから、ガラスやプラスチックの
表現に使ったツルツルが使えるかな?とか

 

こんな風に、対象物の質感表現の練習に使った
描き方を応用しながら使っていくことができるからです。
なので、地道な練習に思えるかもしれませんが
何回か描いていると、これも自然と慣れて覚えてくるので
ぜひ試してみてほしいなと思います。

 

 

そこで、今回は質感の表現を実際に描いて動画にしてみましたので、
参考にしてみてください。

 

 

初めて動画を撮ったので、明るさや編集などまだまだですが、ご容赦ください・・・。)
( ;∀;) 今後勉強していきます。
↓↓↓↓↓↓

 

 

今回のまとめ

 

今回は、【初心のための練習】絵がうまく描けるようになるために、
モノの質感を表現する練習をしてみよう!ということついて
お話してきました。

 

まず、モノの質感、モノをそれらしく見せるために、
絵具ではなく、鉛筆を使ってモノクロで質感を表現していく練習をするということ

 

初めて絵を描いていく人にとっては、
何色もの色を使って描いていくと、あまりの情報量の多さに、
集中力や飽きがきて、途中で続かなくなる可能性があるので、

何色もの色を気にすることなく、
対象物を丁寧に見ながら描くこと、質感、光と影
この3つぐらいを考えながら描いていく方が
質感を表現するということに目標を置きながら練習できる
ということ

 

そして、「オノマトペ」を使って質感の練習をしてみるということ。

 

前もって、色々な質感をオノマトペで練習しておくと、
対象物の質感表現の練習に使った
描き方を応用しながら使っていくことができるということでした。

 

ぜひ参考に練習をしてみてください。
ではまた次回

ヽ(^o^)丿

 

↓↓↓↓↓↓

【アイレベルというモヤモヤ!】風景を描くには、アイレベルを理解して色々なモノの見え方を考えてみよう!へ進む

 

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,