アナログ絵

気軽に練習!鉛筆一本で明暗スケールでの練習をしてみよう

 

こんにちは!nagaです。
今回は、鉛筆一本で明暗スケールでの練習をしてみよう
ということについてお話していこうかと思います。

 

鉛筆デッサンでも、キャンバスデッサンでも
黒一色で描いていくことってなかなか難しいですよね。
わたしも正直って、あまり好きではありません。

だって色がないし、単調な作業だし・・・。(;^ω^)

 

なので、まずは気軽に始められるように、
鉛筆一本から練習してみることをおすすめします。
ではさっそく始めてみましょう。

 

 

 

鉛筆一本で明暗!明度とコントラスト

 

 

 

明度とは、色の明るさや、暗さの度合いのことをいいます。
モノの色が明るい時、明度が高いといい、
モノの色が暗い時、明度が低いともいいます。

 

 

そして、
コントラストとは、モノを全体的に見た時に感じる、
明るさと暗さの差のことをいいます。

 

 

下の図で説明すると、全体的に見た時に、白と黒(明るい部分と暗い部分)が、
はっきりくっきりと見えるのではないかと思います。

 

次に、もう一つの図を見ると、白と黒(明るい部分と暗い部分)を見た時、
全体的に、ボヤーっとグレーっぽく見えて、
あまりはっきりくっきりとは見えません。

 

これを絵の世界では、はっきりくっきりと見える方をコントラストが高い
はっきりくっきりと見えない方を、コントラストが低いといいます。

 

 

と、これを頭に入れておいて、なにはともあれ、
実際に描いてみるのが一番なので、
次は早速、明度のスケールを使って実際に
明暗を表現してみましょう。

 

 

明暗スケールと鉛筆を使って明暗を表現してみよう

 

 

まずは、先日タッチのことをお話しましたが、
その色々なタッチで、下の図のように、
マス目を作って、明暗の練習をしてみましょう。

 

 

平行線タッチの明暗スケール

 

 

 

 

クロスハッチングの明暗スケール

 

 

 

 

絡まりの明暗スケール

 

 

 

 

点描の明暗スケール

 

というように、まずは2B鉛筆一本からでもいいので、
いろんなタッチで明暗をつける練習をしてみてください。
ちなみ私が今回やったのは、2B一本です。

 

もう少し濃くしていきたい場合は、3B・4B・5B・・・と
鉛筆の濃度を濃くして、明暗の表現をしてみてください。

 

最初はなぜ、鉛筆を複数使わないのか?というと、
鉛筆を扱う時の力加減、どのぐらい力を入れたタッチで描くと
濃くなるのか、薄く描けるのか?ということが
より分かりやすいのではと思うからです。

 

鉛筆は濃くなればなるほど、芯は柔らかくなるので、
最初は一本の鉛筆から明暗をつける練習をすれば、
力加減がだいたいわかっているので、
次に始める時は、いきなり濃くなりすぎたということも
なくなるのではないかなと思います。

 

 

今回のまとめ

 

 

 

今回は、鉛筆一本で明暗スケールでの練習をしてみよう。
ということについてお話しました。

明度とは、色の明るさや、暗さの度合いのことで、
モノの色が明るい時、明度が高いといい、
モノの色が暗い時、明度が低いともいうこと。

 

そして、
コントラストとは、モノを全体的に見た時に感じる、
明るさと暗さの差のことをいうこと。

 

気軽に鉛筆一本からでいいので、
まずは鉛筆で明暗をつける力加減を覚えるということ。

 

 

そして、徐々に鉛筆の濃度を増やしていって、
練習したいタッチを使って、明暗のスケールを練習するということでした。

 

ぜひ参考にしてみてください。
では、また次回。

ヽ(^o^)丿

 

 

↓↓↓↓↓↓

絵を描く初心者のための練習 グリッド線を目安にして描いてみようへ進む

 

 

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,