アナログ絵

【初心者でも簡単!】風景画での下描きで使える、鉛筆で描く木の描き方を練習してみよう

 

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【風景画に必須!】風景画での下描きで使える、
鉛筆で描く木の描き方を練習してみよう
ということについて、お話していこうと思います。

 

風景画を絵具で描いていく前に重要なのが
下描きになると思うのですが、
その中でも、どの風景を描いても
必ず絵の中に入っているであろう、脇役感の多い
木や草ですが、これが絵の中にあるのと無いのとでは、

 

絵を見る側の受け取り方や、感じ方が違ってきます。
この木や草を描くことを練習して、
風景画の表現をぜひ広げてもらえたらなと
思いますので、参考にしてみてください。

 

風景画での下描き。鉛筆で描く木や草の描き方練習とは?

 

 

先ほどもいいましたが、風景画の中には
必ずと言っていいほど、木や草が
いくつか描かれていますよね。

山並・海辺・街中・公園・住宅街・・・。
自然に生えているものもあれば、
街路樹だったり、個人の家に植えてある生垣だったり、
人工的に植えられたもの。

 

高さや大きさも、種類も様々あって、
その一つ一つがみな、違う形や大きさで生えています。
決まった形がない、自然なモノなので、
ビルや家なんかよりも、描きやすいと思いますが、

 

自由に描けるぶんだけ、絵に違和感を与えやすいのも
この木や草になります。そして、絵の中で一番重要な季節感を
出すのも、この木々や草、花です。

 

私もいまだに、木や草を描くのがとても苦手です。( ;∀;)

 

自然のモノって本当に規則性がないので、
何回練習しても、毎回これでいいのかな?と思ったりしていますが、
それでも、それなりに練習してきた方法を
これからポイントとしてお話していこうと思います。

 

 

まずは、風景画で描く木の種類としくみを理解してみる

 

 

まず木の種類からいうと、
木を大きく分類すると、広葉樹と針葉樹の2種類に分かれます。
秋になると葉っぱが紅葉したり、散れる木(落葉樹)のことをいいます。
この広葉樹は、木の高さはあまり高くならず、
葉っぱは広く丸みのある形が特徴です。
桜やケヤキなんかがそうです。

 

針葉樹は、広葉樹よりも木の高さはずっと高くなり、
葉っぱは、読んで字のごとく、
針のようにとがった形が特徴です。
杉や松、ヒノキなんかがそうです。

 

step
1
木々はフラクタルな形を意識して描いてみよう

 

【フラクタル】というのは、全体の形と部分的な形が
似ているもののことをいいます。

簡単にいうと、【木は枝であり、枝は木である。】みたいな感じです。。。

はっ?・・・・( ゚Д゚)

と言葉では分かりづらいので、絵にしてみます。

 

 

 

簡単に描いてみると下の絵のように、木全体の形を枝に応用してしまうということです。

 

木の枝ぶりって、一本を正確に描いていこうとすると、
それはそれは木、1本に相当な時間がかかってしまって、
イヤになってしまいますよね。

これが森や林を描こうものなら・・・恐怖すら感じますね    (  ;∀;)

 

まったく同じように描いていくのも構わないと思いますが、
木がたくさん生えている場所とかを描く時は、
一本一本全てを同じように描いていくのはあまりに大変なので、
木の形を、枝に応用して木らしく描いていくのも
ひとつのポイントなのかなと思います。

 

 

風景画で描く木をフラクタルを利用して描いてみる

 

まず、下の画像を見てください。
これは広葉樹ですが、広葉樹はいくつかの丸が連なったイメージで
木の葉っぱの枝ぶりを考えていきます。

 

 

 

 

そして、針葉樹は下の画像のように
感じの「糸」や「人」のような形、上から下は、ジグザグな枝ぶりに
なっているのが分かると思います。

 

 

 

 

 

 

描いてみると下のような感じです。
【落葉樹・広葉樹】

 

 

 

【針葉樹】

 

 

描き方は、人によってさまざまありますので、
色々な描き方を練習してみて、自分にあった描き方を
いくつか持っておく、自然的な不自然さがある
木々が描けるので、たくさん描く時は便利なのではないかなと思います。

 

今回のまとめ

 

 

【風景画に必須!】風景画での下描きで使える、
鉛筆で描く木の描き方を練習してみよう
ということについて、お話しました。

 

まず木の種類からいうと、
木を大きく分類すると、広葉樹と針葉樹の2種類に分かれ、
広葉樹は、木の高さはあまり高くならず、
葉っぱは広く丸みのある形が特徴ということ。

 

針葉樹は、広葉樹よりも木の高さはずっと高くなり、
葉っぱは、針のようにとがった形が特徴ということ。

 

そして、木々がたくさんある時は、フラクタルを意識して描いていくということ。
【フラクタル】というのは、全体の形と部分的な形が
似ているもののこと

で、これを利用して木々を描いていくと、
たくさん木々を描く時には、いちいち一本ずつ形をみながら
描かなくてもいいので、便利だということでした。

 

木々の描き方は、人によってさまざまで、正しい定義は
ありません。なので、自分に一番あった描き方を見つけて
描いていけばいいのかなと思います。

 

とても短いですが、動画にしてみましたので、
それも参考にしてみてもらえればと思います。

 

では、また次回。
ヽ(^o^)丿

 

 

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,