アナログ絵

【紙の性質】絵をうまく描くためにはどんな紙を選べばいいのか?紙の性質を味方につける方法

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【紙の性質】絵をうまく描くためには、どんな紙を選べばいいのか?
紙の性質を味方につける方法。ということについてお話しこうと思います。

 

絵を描くとき、色々なキャンバスに絵を描くと思いますが、
今回は、【紙】をキャンバスにして絵を描く時に
どういった紙を使って絵を描いていけばいいのか
ということを詳しく説明していこうと思います。

 

普段から、紙に絵を描いている人は知っていることも
あると思いますが、ぜひ最後まで読んでみてください。
では早速いきましょう。

 

 

 

絵をうまく描くためにはどんな紙を選べばいいのか?紙の性質とは?

 

 

紙を使って絵を描いていく時、画材屋さんなどに行くと、
たくさんのメーカーからいくつも違う種類の画用紙が販売されています。
実はこの画用紙、それぞれに性質や特性がある
ということを知っていますか?

 

大きさや、紙表面のざらつき、粗目・中目・細目
という言葉はよく聞いたり、見たりすると思いますが、
実はこの紙について、絵の具がしみ込みやすい紙と、
しみ込みにくい紙があるんです。

 

これ、絵を描き始めた人とかは、恐らくあまり知りません。
はい。私も全く知りませんでした。
値段が安くて、たくさん枚数がある紙を
適当に選んで、これでいっか。。。( ・∇・)
こんな感じで選んでました。

 

せいぜい選んでも、紙の厚さと表面の凸凹、粗目・中目・細目
これぐらいを選ぶ条件として、紙を購入していました。

 

で、あるとき絵の具で紙に絵を描いていて、なんでこんなに絵の具の色が
この紙は、吸い込まないんだろう?と不思議に思ったことがあったんです。

 

けっこう絵の具の色を濃く作って、
紙に塗っていたのですが、なぜか色が下に染み込まず、
表面にじわーっと広がってばかりいたんですね。

 

おかしい・・・(¬_¬)
何かがおかしい・・・。

 

水分量が多すぎなのか?
絵の具なのか?
はたまた、この紙なのか?・・・
自分の技量の足りなさなのか?・・・

 

色々考えて、自分なりに調べてみたんです。
そしたら・・・そう、この【紙】が問題でした。

 

その時私が使っていたのは、水彩絵の具で絵を描いていたので
もちろん【水彩紙】を使っていました。

 

この水彩紙には、いくつか種類があって、
一般に販売されている水彩紙が全部同じ原料で
作られているわけではないということが分かったんです。

 

洋服でもそうですよね。綿100%と
化繊と綿が50%ずつでは、着たときに肌触りも
だいぶ違うし、ウールや化繊が多ければ多いほど
静電気を帯びて、身体中がチクチクして痒くなったり。

 

紙も実はそうだったんですね。作る原料からして
みんなバラバラ。そりゃあ絵の具や水の吸い込み具合が
違うわけです。

 

それを私は全く知らないまま、適当に紙を選んで描いていたので、
そりゃうまく描けるわけがないんです。
自分はその場に絵の具を塗ったつもりでも、
紙が絵の具を広がらせるような材質で作られているわけなので、
絵の具に罪はありません。

 

ただただ、絵の具は水と一緒に手を組んで、
描いてる人間の気持ちなど知るよしもなく、
ここぞとばかりに羽を伸ばし、
じわーっとリラックス状態で永遠に広がっていくわけです。

 

・・・・・( ゚д゚)・・・・・

 

じゃあ、この絵を描くための紙はどんな原料で作られているのか?
ということについてさらに説明していこうと思います。

 

絵を描くための紙はどんな原料で作られて、どんな種類があるのか?

 

 

紙と世間で呼ばれているものの原料は、大きく分けて、
コットン・パルプ・古紙パルプというものに分類されます。
(最近はペットボトルの繊維なんかも出てきましたが。。。)

コットンは綿からとれる繊維のことで、
パルプは木材からとれる繊維のことで、
古紙パルプは、段ボールや新聞雑誌などの古紙からとれる
繊維のことをいいます。

 

水彩紙でいえば、コットン・パルプ・混合のものが
主な原料になっています。
混合は、コットンとパルプが混ざったもののことです。

 

この紙に使われる原料の違いで、水分や絵の具の
しみ込み具合や発色、乾き具合も変わってくるということです。

 

これも洋服で考えてみると、分かりやすいのですが、
コットン100%の肌着を水に濡らすと、すぐに全体が
びちゃびちゃになりますよね。

 

でも、ナイロンや化繊、ウールのセーターなんかを
洗うときには、水に浮いてしまって、なかなか全体が
濡れず、すぐにはびちゃびちゃにはなりませんよね。

 

水彩紙もこれと同じです。
コットンの原料が多く入っている水彩紙は、
水や絵の具のしみ込みも良く、水分を保ちやすいので
なかなか乾きずらい。

 

パルプの原料が多く入っている水彩紙は、
水や絵の具は、しみ込みにくいけど、
水分を保ちにくいので、乾きやすい。

 

そして、混合はその中間ぐらいという感じです。

 

先ほども言いましたが、私もこのことを知るまでは、
何も考えずに適当に紙を選んで描いていたので、
うまく描けず、絵の具と水にずっと振り回されていました。

 

ここまで読んで、初めて知った!という人は
ぜひ次も読んでみてほしいと思いますが、
紙の性質や種類は分かったけど、じゃあ一体どんなことを
気をつけて実際に紙を選んだほうがいいのか?ということに
ついてお話ししていこうと思います。

 

 

絵をうまく描くためにはどんな紙を選べばいいのか?紙を選ぶための条件

 

 

1. 紙の重さ(厚さ)を選ぶ

これは紙を選ぶときには必ず見てほしい部分です。
一枚単体で購入しても、ブロックタイプで購入しても、
紙には必ず重さ(厚さ)があって、1㎡g(グラム)で表示されています。

100 150 200 300 400....㎡/g という感じです。

で、この紙の重さによっても性質は変わったりします。
水彩紙なんかは、水張りをしたときによく分かりますが、
紙の重さ(厚さ)が大きいとあまり紙の表面がくにゃくにゃとしませんが、
重さ(厚さ)が軽いと、くにゃくにゃと表面が波を打ちます。

 

そして、紙が重いほど水分もよく保ってくれるので
すぐに表面が乾いたりしません。
なので、乾くことを焦って描かなくてもいいという面もありますし、

反対に、紙が軽いと乾きは早いので、重ね塗りしたい時などは
すぐに乾くので短時間でどんどん描いていけるという面もあります。

 

なので、自分の描きたい用途に合わせて、
紙の重さを選ぶのがいいのかなと思います。

 

 

 

2. 紙の使っている原料を見て選ぶ

これは初めにもお話したと思いますが、
コットンやパルプ、その他の原料がどのくらい使われているか、
どんな種類の原料が使われて紙が作られているか
という部分を見るということです。

 

大体の紙には英語で紙の重さと一緒に書かれていたり
するので、そこを見てもらって、自分の使う画材や
描きたい表現などと合わせて、紙を選んでもらったらなと思います。

 

もし、書いていなかったら、メーカーのホームページ
を見てもらえば、たいていは載っているので、
そこを見てもらえばいいと思います。

 

 

3. サイジングを選ぶ

 

このサイジングということが紙の中では、結構大切かなと思います。

サイジングとは、サイズとか略されて言われていたりもしますが、
紙についているドーサ剤(にじみドメ)のことです。
水彩紙にはこのドーサ剤が、紙を作るときに、もともと施されてあります。
この施されているドーサ剤の種類や、割合によって、
絵の具や水の仕込み具合に大きく差が出ます。

 

このドーサ剤が施されていなかったり、ドーサが甘かったりする紙に
いくら上から絵の具で色をつけても、
綺麗に色がボケたり、色が滲んだりしないので、
せっかくの色が綺麗に発色せず、流れて弾かれて
しまったりします。

 

先ほど言った、私が実際に失敗したときがこれですね。。。
ヽ(;▽;)

 

これは、メーカーによって違いがあるので、
こればかりは、自分で紙をいくつか買って、
実際に描いてみて、自分の扱う画材や水分量、絵の具の量などとの
相性をよく見極めて、1番相性の良いものを選んでもらう
のがいいと思います。

 

そして、最後に一つ気をつけてほしいことがあります。
水彩紙に描く場合、このドーサがもともと施されて売られている
ということをお話しましたが、このドーサは、
月日が経ったり、高温多湿の場所に長時間置いておくと
紙にもともと施されているドーサ剤が劣化します。

 

劣化すると、紙の色が変色したり、ドーサが抜けてしまって
絵の具を弾いてしまったりすることがあります。
そうすると、きちんと絵の具を塗ったのに、ドーサが抜けて
しまった部分にはきちんと色がのらないので、その部分だけ
白っぽくなったりします。

 

これを紙が風邪をひくなんて言ったりもしますが、
こうなってしまうと、紙がとても無駄になったりしてしまうので、
風邪を引かせないように、紙を高温多湿に長時間
さらさないような場所に保管しておくといいと思います。

 

そして、紙が無駄にならないようなペースで絵を描く
ということが1番いいと思います。

 

 

 

4. 紙の目を選ぶ

 

最後は、紙の目を選ぶということです。
紙には表面に凹凸がありますよね。
これにも種類があります。極細目・細目・中目・荒目という感じです。

たぶんこれは、絵を描き始めた人でも
絵を描かない人でも、美術や図工の時間に習ったことが
あるかなと思いますが、紙の表面がザラザラが表とか裏とか
いう表面の凹凸のことです。

 

この凹凸の大きさが小さいか、大きいかということを
極細目・細目・中目・荒目というふうに
あらわしています。

 

筆跡をなるべく残したくない時や、絵を緻密に描きたい時は
細かい方を選んだり、筆跡をしっかり残したい表現をしたい時は
荒目を選んだりと、描きたい雰囲気の絵に合わせて
紙を選んでほしいなと思います。

 

 

今回のまとめ

 

 

今回は【紙の性質】絵をうまく描くためにはどんな紙を選べばいいのか?
紙の性質を味方につける方法
ということについてお話しました。

 

紙と世間で呼ばれているものの原料は、大きく分けて、
コットン・パルプ・古紙パルプというものに分類されて、

 

コットンは綿からとれる繊維のことで、
パルプは木材からとれる繊維のことで、
古紙パルプは、段ボールや新聞雑誌などの
古紙からとれる繊維のことでした。

 

水彩紙でいえば、コットン・パルプ・混合のものが
主な原料で、混合はコットンとパルプが混ざったもののこと。

 

そして、この紙に使われる原料の違いで、水分や絵の具の
しみ込み具合や発色、乾き具合も変わってくるということでした。

 

 

そして、絵をうまく描くために、
紙を選ぶ条件としてはどんなものがあるのか?というと、

 

1. 紙の重さ(厚さ)を選ぶ
2. 紙の使っている原料を見て選ぶ
3. サイジング(サイズ)を選ぶ
4. 紙の目を選ぶ

 

ということでした。
紙のことを知っているのと、全く知らないで
絵を描き始めるのとでは、絵が上達する早さも全く違うと思うので、
ぜひ紙のことをよく知って、見極めて、自分の描く絵の
最高の味方につけて、描いてみてほしいなと思います。

 

ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ