アナログ絵

前編!初心者でも分かりやすい!カゲにも影武者がいた?2つの影と陰の使い方とは?

 

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、前編!初心者でも分かりやすい!カゲには影武者がいた?
2つの影と陰の使い方とは?
についてお話していこうと思いますが、長くなってしまうので、続編として、
今回はまず、「影」の部分についてお話していこうと思います。

 

絵を描くとき、鉛筆や絵具で
絵を立体的に表現しながら描いていくと思うのですが、

 

立体的にモノを絵として表現するには、必ずモノのカゲ部分を
描かなければ立体的にモノを絵として表現する
ことができませんよね。

 

でも、絵を描き始めの頃は、この表現がとても難しいですよね。
わたしも最初は苦労しました。
光がこっちから当たってるから、カゲは・・・えーっと・・・

 

( ;∀;) わからな過ぎて泣きたい。。。

 

こんな調子で頭はぐちゃぐちゃで、
理解するまで、色々悩みました。

今回は、このカゲ部分を少しでも分かりやすく、
初心者でも理解しやすいような考え方についてお話していこうと思います。

 

 

カゲには「影」と「陰」の2種類がある。まさに影武者?

 

 

カゲとは、そもそも何なのか?
カゲ絵・カゲ踏みなんて言葉を子供の頃に聞いたことがある人も多いと思いますが、
漢字で表すこの「影」とは、

 

モノのがそこに存在し、その存在するモノによって
光がさえぎられることで、モノの周りにできる影のことをいいます。

 

例えば、箱を一つテーブルに置けば、
箱が置かれたことによって上からの光がさえぎられ、
箱自身の存在によって、机に影が落ちる。
下の図のような感じです。

 

 

そして、もう一つのカゲとは、
漢字で表すと「陰」となりますが、

 

この陰とは、光がモノにあたる向きとモノの表面の角度によって陰ができる、
モノの表面の明暗のことをいいます。
下図のような感じです。

 

カゲはこの2種類によって作られ、モノが立体的に見えるように
成り立っています。

 

では、このカゲを絵として描く時、いったいどうやって
カゲの部分を考えたらいいのかということを
説明していこうと思います。

 

 

「影」が落ちる部分を考えてみよう

 

まずは「影」についてお話していこうと思いますが、
一つの棒で考えてみます。
下図のように、この一本の棒の真正面から
光を当ててみると、影は光とは反対側にどこまでも長く伸びます。

 

 

次に、光が当たる角度を、棒の少し上から当ててみます。
すると、影は先ほどと違って短くなります。

 

 

影の長さというのは、光がどのくらいの角度
で当たるかによって、随時変わります。

 

 

今度はこれを箱で考えてみます。
箱の面と面が接する部分を一つの角を一本の棒として考えてみます。
箱なので棒は4つです。

 

 

そして、先ほどと同じように、光が少し上から当たっていると考えます。
さっきの棒の影を例として、先に4つの棒の影をひきます。
そして、棒の影のてっぺんとてっぺんを結ぶと、
箱の上の面の影が落ちる場所が分かります。

 

 

次に、箱を全面閉じてみます。
閉じてみると、今度はほかの面の落ちる影の残りの部分がわかりました。

 

 

これでこの光の角度で、この箱をこの角度で置いた時の影部分が判明しました。
箱でなく、円柱やほかのモノの形でも同じように考えることが
できます。

 

円柱ならば・・・

 

 

 

とこんな風に、円柱でもその他のものでも、棒を使って影の落ちる場所を
考えてみると、初めのうちは分かりやすいのではないかなと思います。
光や、モノの角度を変えて、自分で色々と試しに影の落ちる部分を
練習してみてください。

 

今回のまとめ

 

今回は、前編!初心者でも分かりやすい!カゲには影武者がいた?
2つの影と陰の使い方とは?
ということについてお話しました。

 

カゲには2つあって、「影」と「陰」があるということ。
「影」とは、その存在するモノによって
光がさえぎられることで、モノの周りにできる影のことをいい、

 

「陰」とは、光がモノにあたる向きとモノの表面の角度によって陰ができる、
モノの表面の明暗のことをいうということ。

 

そして、「影」が落ちる場所を考える時は、
まず棒を当てはめて考えてみると、影が落ちる場所が分かる
ということでした。

 

次回は、最初にお伝えしました、続編として、
「陰」についてお話していこうと思いますので、
ぜひまた読んでみてください。

 

それでは、また次回。
ヽ(^o^)丿

 

↓↓↓↓↓↓↓

続編!初心者でも分かりやすい!カゲにも影武者がいた?2つの影と陰の使い方とは?へ進む

 

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,