アナログ絵

【色鉛筆】画材は日々進化している!?風景画にも使える色鉛筆と消しゴムとは?

 

こんにちは!nagaです。
新緑がキレイな芽吹きの季節になってきましたね。
私の近所では、街路樹のハナミヅキが咲きほこり
川ではカルガモが気持ちよさそうにスイスイ泳いでいます。

 

先日、知り合いのおばあちゃんが
今、デイサービスに通っていて、色鉛筆で絵を描いているのだけれど
間違えて塗ったところの色を消したいということで
今までは砂消しを使っていたのだけれど
(おおっ?砂消し!懐かしい響きだ。。。( ´∀`) 心の声 

 

砂消しだと、画用紙やA4普通紙がボロボロに
なってしまうので、ボロボロにならない
何かこの色鉛筆を消せるいい消しゴムはないの?
と相談されたので、

 

その時のことを含め、
同じように思っている人のためにも、
今回は【画材は日々進化している!?風景画にも使える色鉛筆と消しゴムとは?】
ということについてお話ししていこうと思います。

 

先日、風景画を描くときにオススメな画材として、
少しだけ、パステル鉛筆やクーピーのことをお話ししましたが、
色鉛筆とひと言で言っても
今はかなり色々な用途に合わせて、たくさんの種類の色鉛筆が
販売されていますよね。

 

そこで、まずはこの色鉛筆の種類はどんなものがあるのか?
どういう時に、どんな用途に合わせて
使い分けていいのか?ということについて
お話ししていこうと思います。

 

ではいきましょう!
( ´ ▽ ` )ノ

 

 

画材は日々進化している!?
風景を描く身近な画材。油性色鉛筆とは?

 

 

一般的に、色鉛筆といわれて想像するものは、
一度描いたら、消すことはできない
油性の色鉛筆のことを思いつくと思います。

 

油性色鉛筆とは、色鉛筆の顔料(色)をワックスやオイルで
固めて芯にしたもののことを言います。

この、ワックスやオイルは水では溶けないので、
溶かすときには、揮発性の高い油、
(主に、油絵具で使う油)などで溶かします。
なので、油性色鉛筆と呼ばれています。

 

この、油性色鉛筆には
芯が硬いものと、柔らかいものが販売されています。

子供の時に使った、比較的安価な値段の色鉛筆は、
ほとんどが、芯が硬いタイプかなと思います。

 

硬いタイプのものは、
線で絵を描くときや、細かいせまい部分などを
塗るのに向いています。

 

芯が柔らかいタイプのものは、
セットで買うと、比較的高価な色鉛筆で、
絵を描く人やデザインを描く人達に多く使われたりしています。

 

柔らかいタイプのものは、描いていても芯が
とても柔らかいので、広い面を塗ったり、
大まかに塗っていく時などに向いています。

 

油性色鉛筆は、先ほども言ったように、
オイルやワックスで固めて作っているので、
塗り間違えたとしても、消すことはできません。

 

これも、クーピーの時に少しお話ししましたが、
油性色鉛筆は、オイルやワックスなどの粘土性の高い
成分で作られているので、紙の表面のデコボコした部分(繊維)
の間に入ってしまうと、デコ凸の部分は消えても
ボコ凹の部分には、どうしても残ってしまうので、
消えなないということになります。

 

今は、油性色鉛筆専用の消しゴムがいくつか販売されています。
これを使うと、多少は消えますが、
描く前のように真っ白にはなりません。
うっすらと残る感じです。

 

油性色鉛筆の他にも、色鉛筆と呼ばれるものがいくつかあります。
それを次に紹介していこうと思います。

 

画材は日々進化している!?
風景を描く身近な画材。水彩色鉛筆とは?

 

 

水彩色鉛筆とは、顔料(色)を水で溶ける成分を使って
固めて芯にしたものを言います。

水彩色鉛筆も、芯が硬いタイプと、柔らかいタイプのもの
が販売されています。

 

これも、先ほどお話しした油性色鉛筆同様に、
硬いタイプのもは、線で描く時や細かい部分を塗るときに向いていて、
柔らかいタイプのものは、広い面や大まかに塗る時に向いています。

 

私もこれを知らなくて、なんでこんなふうになるのかな?
と思っていたことがあるので、気を付けてほしいのですが、

 

水彩色鉛筆の硬いタイプのものは、
筆で水に溶かしても、筆圧によっては、
線が残ってしまうときがあるということです。

 

色をもっと濃くつけたいなと思って、
ガシガシと強く塗って、さて筆で水を塗るかと思って塗ると・・・
なっ!跡が残ってる!( ´Д`)・・・。
だめだコリャ。

 

と、こんなふうになります。
濃く塗りたかったら、最初から絵の具にしましょうってことですね。

 

これは、私が失敗したようなことをせず
描く時に筆圧をあまりかけないように描いたり
塗ったりすれば、問題ないと思いますので
その部分だけ、気を付けながら描いてもらえればいいかなと思います。

 

 

油性色鉛筆、水彩色鉛筆についてお話ししてきましたが、
次に、パステル色鉛筆というものも、風景を描く時には結構便利なので
お話ししていこうと思います。

 

画材は日々進化している!?
風景を描く身近な画材。パステル色鉛筆とは?

 

 

パステル色鉛筆とは、オイルやワックスなどを
いっさい含んでいない色鉛筆のことで、画材のパステルというものが
販売されていますが、これを細くして芯にしたものをいいます。

 

描き具合は柔らかく、指やサッ筆などを使って
ぼかしたりするのにも向いています。
画材のパステルは一本が太いですが、
パステル色鉛筆は細いので、細かい部分を塗ったり
することができるので、とても便利です。

 

これも私は最初知らなくて、失敗したことがあるので
こうならないように気をつけてほしいのですが、
パステルや、このパステル色鉛筆で描いた後
必ずスプレー式の定着剤を描いた画面に吹き付けて
絵を保存してほしいということです。

 

そのまま保存すると、色がおちます。
スケッチブックなんかだと、隣に描いた違う絵と
色が混ざってしまったりします。

 

パステルはチョークのような粉っぽさで、
オイルやワックスが入っていないので、粉だらけになります。
なので、最後に粉がおちないように、定着剤という糊の
ようなもので画面にくっつけてあげます。

 

これさえ忘れなければ大丈夫なので、
最後の定着剤のサーっとひと吹きを忘れないでください。

 

最後に、画期的な色鉛筆についてお話ししていこうと
思いますが、どんなものかというと、
消える・消せる色鉛筆です。

 

画材は日々進化している!?風景を描く身近な画材。消える・消せる色鉛筆とは?

 

 

この消える・消せる色鉛筆は、まだ販売されてから
そんなに年数は立っていないと思いますが、
知っている人もたくさんいるのではと思います。

 

一つは、ペンで有名なパイロットさんから販売されている
フリクション色鉛筆です。

この色鉛筆は、摩擦熱を利用した消える色鉛筆です。

この色鉛筆は、ある一定上の温度になると
色鉛筆の色が消えて透明になってしまうという性質を持った色鉛筆です。
調べてみたところ、公式では、60℃以上になると
色鉛筆の芯が無色透明になり、
−10℃前後になると、消した跡が元に戻るとなっていました。

 

そういえば、発売当初、紙に描いた文字を
冷凍庫に入れたら本当に消えるのか?みたいな実験を見たことがあったなと
思い出しました。。。(゚∀゚)

 

この色鉛筆は本当に「消える」ということについては
すごいです。描く前と同じようにキレイに消えます。
フリクション専用の消しゴムも売っていますが、
各色鉛筆のお尻の部分に消しゴムがすでについているので、
一本ずつ買っても、すぐに消すことができます。

 

不思議ですよね。色が熱によって変化するなんて。
ってことは、この性質を利用したら、
ある時は絵が、無色透明になり、ある時は絵が現れる
なんていうトリック絵を描くこともできそうだな。
なんて思ってしまいましたが・・・

 

そしてもう一つは、三菱鉛筆さんから販売されている
消せる色鉛筆、ユニアーテレーズカラーという色鉛筆です。

 

セットで買うと、色鉛筆を消す専用の消しゴムがついているので
塗り間違えたり、はみ出たりした部分を
消すことができます。

 

ただし真っ白に、描く前と同じぐらいには消せない感じで、
うっすらは残るかなという感じです。
発色がとてもキレイで、パステルっぽいので
ぼかしたり、指でこすったりするのにはとても向いています。

 

色鉛筆とひとことで言っても、
こんな風に色鉛筆によって、いろんな特徴や特性があるので
とても面白いですよね。

 

今回のまとめ

 

 

今回は、相談されたこともあって、
同じように思っている人のためにも、と思って、
画材は日々進化している!風景画にも使える色鉛筆と消しゴムとは?】
ということについてお話ししました。

 

知り合いのおばあちゃんには、色鉛筆はすでにあったので
ご高齢ということも考えて、あまり力の入らない、ごくごく軽い力で
鉛筆も、色鉛筆も消せる消しゴムをプレゼントしておきました。

 

きっと探せばまだまだたくさん便利な色鉛筆や
消しゴムがあるとは思いますが、
今回は、私も使ったことがあるものをいくつか紹介してみました。

 

ぜひ参考にしてみてください!
ではまた次回!
( ´ ▽ ` )ノ