アナログ絵

【風景画画材】初心者が風景画を描く時に相性のいいオススメな画材3つとは?

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【風景画画材】初心者が風景画を描く時に相性のいいオススメな画材3つとは?
ということについてお話していこうと思います。

 

風景画を描く方法や手段、画材などは、今現在
とてもたくさんの商品が販売されていますよね。
その中でも、私が思う、初心者の方でも風景画を描くうえで

 

描きやすい・扱いやすいオススメな画材を3つ紹介
していこうと思います。

 

私も絵を5年以上描いてきて、画材については色々と
さまよってきた方なので、これから風景画を始める人の
助けになればなと思います。

 

 

 

風景画を描く時に相性のいいオススメな画材その1 水彩絵具

 

 

 

水彩絵具は、子供のころから誰でも一番親しみのある画材だと思います。
知っている人もいると思いますが、この水彩絵具には、
大きく分けると2つの種類があります。

 

1つは、不透明水彩絵具、もう1つは、
透明水彩絵具、この2つの種類があります。

 

不透明水彩絵具は、ほとんどの人が学生時代に
使ったことがある絵具です。
不透明水彩絵具は、文字の通り、透明ではない絵具のことです。
分かりやすく言えば、乳酸菌飲料みたいに、色はついているけど、
濁っていて、透けてない。
折り紙の色のような感じです。

 

そして、透明水彩絵具も文字の通り、透明な絵具のことです。
分かりやすく言うと、透明なリンゴジュースのように、
色がついていて、透明。
カラーホイルの色のような感じです。

 

空や水面、光や空気感など、透明感があるものには、
透明水彩絵具を使ったり、
雲や大地、草や木など、立体感や厚みのあるものには
不透明水彩絵具を使ったりと、

 

その用途ごとに、この2つの絵具をうまく使い分けれると、
絵に奥行きや深み、光やモノの立体感などが
うまく表現できるのではないかなと思うからです。

 

そしてなにより、絵具の中でも一番身近な画材だとも思うので、
初心者の人でも手にしやすいと思います。

 

 

 

風景画を描く時に相性のいいオススメな画材その2 水彩色鉛筆

 

 

 

水彩色鉛筆も、最近はとても数多く販売されていますね。
この色鉛筆は、芯が固形の絵具でできている色鉛筆で、
この色鉛筆で塗った部分を、水筆でなぞると

 

塗った部分の固形絵具が水に溶けて、そのまま、水彩絵具で描いたように
絵が描けるという、とても便利で画期的な画材です。

 

この画材が発売された時は、衝撃でした。。。絵具もここまできたかと。(゚д゚)!

 

何が便利で画期的かというと、持ち運びがとてもラクということ。
ちょっと外に出て、スケッチしたり、旅先なんかでも
水筆とこの水彩色鉛筆だけ持っていけば、
簡単に色合いがつけられたりするので、絵具と筆を持ち運ぶよりも
はるかにお手軽に絵が描けてしまうことです。

 

それに、絵具が鉛筆になっているので、筆を扱うのに慣れていない人にも
鉛筆で塗ってから水筆で軽く溶かすだけなので、
意外と丁寧に描けてしまうこともオススメの1つです。
お子さんなら、ぬり絵なんかにも使えます。

 

なので、風景を鉛筆やペンなどの線画で描いて、
この水彩色鉛筆でササッと色をつけてあとは、水筆で軽く
色を溶かせば、短時間でも1枚描けてしまうので、風景画とも相性は
とてもいい画材だと思います。

 

 

風景画を描く時にオススメな相性のいい画材その3 アクリル絵具

 

 

そして、最後にオススメなのはアクリル絵具です。
この絵具は現在わたしも使っている絵具ですが、
紙にはもちろんのこと、木や石、ガラス、布などにも
絵を描くことができる、耐久性にも優れた絵具です。

 

水彩絵具だと、上から色を塗ると、必然的にしたの色までも
溶けて、色が混ざってしまうのですが、アクリル絵具は
一度乾くと、色が混ざったりすることがないので、
何度も塗り重ねることができます。

 

なので、たとえ色を間違えて塗ったとしても、
乾けば、また簡単に上から塗り重ねてしまえばいいので
間違えをいちいち気にしなくていいので、最初から
思いっきり好きなように描くことができます。

 

そして、このアクリル絵具にも、水彩絵具と同様に、
透明と不透明、半透明の絵具があるので、
情報量の多い風景画を描くのにも、とても相性がいいと思います。
ときには、ペンキのように厚く塗ってみたり、
ときには、色をうすく溶かして、水彩絵具のように使ってみたり
ということができるので、とてもオススメです。

 

 

 

今回のまとめ

 

今回は、【風景画画材】初心者が風景画を描く時に相性のいいオススメな画材3つとは?
ということについてお話しました。

 

1つ目は水彩絵具で、不透明水彩絵具と透明水彩絵具という
2つの種類があって、これを用途に合わせて2つの絵具を使って
うまく描き分けていくと、絵に奥行きや深み、
光やモノの立体感などがうまく表現できるということ。

 

そして2つ目は、水彩色鉛筆
この色鉛筆は、芯が固形の絵具でできている色鉛筆で、
この色鉛筆で塗った部分を、水筆でなぞると
塗った部分の固形絵具が水に溶けて、そのまま、
水彩絵具で描いたように絵が描けて、

 

水筆とこの水彩色鉛筆だけをもっていくだけで、
外出先でも、旅先でも簡単に絵を1枚描くことができるので
普段、筆を扱いなれていない人でも
この色鉛筆で塗ってから水筆で塗るだけなので、
誰でも簡単に絵が描けてしまうということ。

 

そして最後、3つ目はアクリル絵具で、
紙にはもちろんのこと、木や石、ガラス、布などにも
絵を描くことができる、耐久性にも優れた絵具で、

 

一度乾くと、色が混ざったりすることがないので、
何度も塗り重ねることができるので、
たとえ色を間違えて塗ったとしても、
乾けば、また簡単に上から塗り重ねてしまえばいいので
間違えをいちいち気にしなくていいので、最初から
思いっきり好きなように描くことができ、

 

このアクリル絵具にも、水彩絵具と同様に、
透明と不透明、半透明の絵具があるので、
ときには、ペンキのように厚く塗ってみたり、
ときには、色をうすく溶かして、水彩絵具のように使ってみたり
ということができるので、情報量の多い風景画を描くのにも
オススメな画材だよということでした。

 

 

これまで紹介した画材は、あくまで私の中でのオススメなので、
参考にしてもらって、いろいろと、自分なりに画材を絞っていくのも
いいのではないのかなと思います。

 

ではまた次回。
ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,