アナログ絵

【絵の保存方法】紙に描いた絵を保存する、自分のふところ具合に合わせたオススメな方法4つ

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【絵の保存方法】紙に描いた絵を保存する、
自分のふところ具合に合わせたオススメな方法4つ
とは?
ということについてお話していこうと思います。

 

私も絵を本格的にやっていこうと思うまでは
この絵の保存方法など、気にもしなかったし、
適当な場所に置いて、適当に保存していたし、
まるで考えもしていませんでした。

 

これから絵を始める人や、今、絵を描き始めている人には
ぜひ、最初からこの保存方法を少しでも早く知ってもらえて
いればなと、最近思ったことがあったので、
自分のふところ具合にあったオススメな方法を
紹介していこうと思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

 

紙に描いた絵を保存する方法 オススメその1

 

 

紙に絵を描いたら、どうやって保存していますか?
私は、最近まで調べもせず、知ろうともしなかったので、
適当に置いて、そのまま放置したり、
何かの間に挟んだりしていました。( ;∀;)

 

 

 

はい。。。これ一番ダメな方法です。
はい。私です。。。( ;∀;)。。。すいません。

 

 

 

結論からいうと、一番オススメな保存方法は、やっぱり額装です。
額装は、空気に一番ふれにくいし、
絵をサンドするマット材に、酸化防止剤やカビ防止剤が
含まれていたり、絵を覆う表面のアクリル板がUVカット
されていたりと、

 

絵をものすごく大事に管理するためのスイートルーム
最高級ベッドのようなものなので、
絵にとってはとても居心地よく過ごせる場所だからです。

 

私は今まで、描いたら一度は額に入れて飾ってみたいなと
思っていましたが、結構いいお値段がしますよね。
絵のサイズが大きければ大きいほど、高額になりますし。

 

でも額装を調べて、知っていくうちにただ飾るためのモノではなく、
先ほど言ったように、
絵が劣化したり、絵が変色したり、絵が酸化しないような
構造になっているということが分かったので、
なるほど値が張るわけだと思いました。

 

なので、紙の絵を保存する方法で一番絵のためにとっていいのは
この額装保存だと思います。

 

 

 

紙に描いた絵を保存するオススメな方法 その2

 

 

そうはいっても、なかなか額装には値が張ることは確かで
ちょっと難しいなという人は、

 

ストレージケースでの保存方法がいいのかなと思います。
これは、絵の保存方法から反省し、
私自身も、今現在も使用している方法です。

 

このストレージケース保護ワニス剤、バリアペーパーを使って
水彩画を保存しています。

 

ストレージケースです。↓↓↓

 

実際に、絵を保存するための紙製の箱も
売ってはいるのですが、これも1つ4~5千円ぐらいするので
私はプラスチック製のストレージケースに
絵を保護ワニス剤をスプレーしてから
バリアペーパーで絵をサンドして
保存しています。

 

ストレージケースはF6サイズだと、一つ1000円ほどで、
全て一枚絵の場合だと、60枚ぐらい保存できるので
とても使い勝手もコスパもいいです。

 

サイズも、F6/F4/F2の3種類があるので
用途に合わせて使えるし、シンプルでスリムなので、
場所もとらないのでオススメです。

 

 

水彩画用の保護ワニスです↓↓↓

 

 

 

バリアペーパー(調湿紙)です↓↓↓

このバリアペーパーは、絵に湿気が吸収されるのを防いだり、
カビにくくしたり、色変わりを防いでくれたりする素材で作られているので
このバリアペーパーの間に絵を挟んで保存しておくと
絵が湿気でヨレヨレになったりしないので
オススメです。

 

四つ切り(40×50㎝)の大きさ、20枚で約1000円ほどなので、
この値段で、大切な絵を保存できるなら、
ふところにも優しいと思います。

 

 

絵が完成したあとに、保護ワニススプレーをかけているので、
今のところ、カビや色焼けも起こさずに保存できています。
高温多湿の場所や、日の当たらない所に保管しておけば
額装しなくても、絵が折れることもないので、おすすめです。



 

紙に描いた絵を保存するオススメな方法 その3

 

 

これは、もっと安価に保存したい人向けの方法ですが、
クリアファイルやクリアブックに入れて保存するという方法です。

 

クリアファイルやクリアブックはA3ぐらいまでの大きさなら、
100均にも売っていますね。
これも、絵が折れずに保存できるのいいと思いますが、
これだけでは、絵の日焼けや、カビが生えたりしてしまう時もあるので
できたら、先ほどもお話した、保護ワニスをスプレーしたあとに
バリアペーパーで作品を包んでから、クリアファイルに入れると
いいと思います。

 

保管場所も、同じく高温多湿や日の当たる場所は避けて
保管しておくといいと思います。

 

 

 

紙に描いた絵を保存するオススメな方法
その4 スケッチブック

 

 

あとは、スケッチブックなどに描いた絵の保存方法も
お話しておこうと思いますが、
スケッチブックは、私の場合は普通にそのまま
日が当たらない場所に保管してあります。

 

私の場合は、スケッチブックにはあまり本格的には
絵を描かないので、練習とか、下描きとか、アイディアだし
の時に使うぐらいなので、
一枚絵よりはあまり大事に保管していません。

 

でも、スケッチブックも大切に保管したいという人は、
先ほど紹介した、絵専用の保存箱がいいと思います。
そのままスケッチブックごと入れてしまうので楽チンですね。

 

保存箱は、見た目はただのボール紙の箱ですが、
バリアペーパー同様、中性紙でできているので、絵が酸化しないように
空気中の酸化物質から絵を中和して、劣化を防いでくれるように
作られています。大きさもS/M/Lとあるので
スケッチブックの大きさに合わせて使うことができます。

 

この箱を置く場所も、高温多湿をさけ、
日の当たらない場所に保管しておくのがいいと思います。

 

今回のまとめ

 

 

 

今回は、【絵の保存方法】紙に描いた絵を保存する、
自分のふところ具合に合わせたオススメな方法4つ
ということについてお話ししました。

 

一つ目は額装です。

額装は、空気に一番ふれにくく、
絵をサンドするマット材に、酸化防止剤やカビ防止剤が
含まれていたり、絵を覆う表面のアクリル板がUVカットされていたりするので、
絵を保管するには一番最適なものということでした。

 

 

 

そして、2つ目は
私自身も使っている、ストレージケースで保存する方法です。

ストレージケースに
絵を保護するための保護ワニス剤をスプレーしてから
バリアペーパーで絵をサンドして保管する方法ということ。
全て一枚絵の場合だと、60枚ぐらい保存できるので
とても使い勝手もコスパもいいということ。

 

 

そして3つ目は、
クリアファイルやクリアブックに入れて保存するという方法です。
でも、これだけだと絵の日焼けや、カビが生えたりしてしまうことに
少し不安があるので、保護ワニスをスプレーしたあとに
バリアペーパーで作品を包んでから、クリアファイルに入れると
いいということでした。

 

 

そして最後4つ目のスケッチブックの保存方法は
絵の保存箱がいいということ。

保存箱は、見た目はただのボール紙の箱ですが、
中性紙でできているので、絵が酸化しないように
空気中の酸化物質から絵を中和して、劣化を防いでくれるように
作られています。大きさもS/M/Lとあるので
スケッチブックの大きさに合わせて使うことができるということでした。

 

そして、この4つの方法は、どれも高温多湿や日の当たらない場所に
保管しておくことが前提です。

 

これ以外にも、絵を描く人さまざまな保存方法があると
思いますが、自分の一番使いやすい保存方法が一番いいと思いますので
ぜひ参考にしてみてください。

 

では、また次回
ヽ(^o^)丿

↓↓↓↓↓↓

【風景画画材】初心者が風景画を描く時に相性のいいオススメな画材3つとは?へ進む

 

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,