アナログ絵

初心者が風景画を描く時の練習法!身近なお手本はこれ!!風景を描きたいなら、背景美術を勉強してみよう!

 

こんにちは!nagaです。
今回は、初心者が風景画を描く時の練習法!身近なお手本はこれ!!
風景を描きたいなら、背景美術を勉強してみよう!
ということについてお話していこうと思います。

 

 

「背景美術」という言葉を、聞いたことがありますか?
背景美術とは、アニメなどでキャラクターがいる後ろに、
背景として描かれている空や林、森や家やビル群などの背景画のことをいいます。

 

私ももともと、この背景美術が好きで
こんな風に自在に美しく風景を描いていけたらな
と思って風景画をはじめた人なので、今でもどんなふうに
表現すればいいか迷ったときは、背景美術の画集を見て、
お手本にしたりしていますが、

 

今回は、そんな背景美術についていろいろお話していこうと思います。

 

 

初心者が風景画を描くなら、背景美術をお手本にしてみよう

 

なぜこの背景美術を勉強することが、風景を
描くうえで上達するのか?というと、

 

もうすでに「絵」として描かれているからなんです。

 

風景を描く時に、実際にその場で風景をみながら描くのも、
それはそれで描ける人は全然問題がないと思うのですが、

 

 

初めて風景を描く初心者にとって、
いきなり実際に、風景を見て描くとき、何をどうやって
1つのキャンバスや紙の中におさめて描いたらいいのか?
ということが難しく感じることが多いのではないのかなと思うからです。

 

 

その点、背景美術はもうすでに一つの風景として描かれているので、
初心者にとっては、身近にあるとてもいいお手本になります。

 

 

実際に私も、初めの頃は背景美術の画集を一冊購入して、
紙に下書きをして、絵具で模写をよくしていました。
たぶん、実際に風景を見て描くことよりも、
この模写をしていたことの方が多い気がします。

 

そのぐらい、好きだったということもありますが、
学ぶことが多かったので、とても勉強になりました。

 

風景画初心者が、背景美術を勉強する時に見る4つの見方とは?

 

 

じゃあ、一冊背景美術の画集を購入したとして、
いったいどこを見て勉強すればいいのかですが、

 

 

step
1
風景の切りとりかた

 

 

これは、構図ということなんですが、一つの風景の中で
何を一番見せたい、感じさせたいと思っている風景なのか?ということです。

 

 

例えば、森の風景だとしたら、森全体を見せているのか?
森の中の木々を見せているのか?
森に差し込む木漏れ日を見せているのか?
木々に蓄積された苔を見せているのか?
森に転がっている石ころを見せているのか?という部分です。

 

 

こんな風に、一つの風景が何を一番見せて描いている絵なのか?
ということを考えながら見ていくと、自分で風景画を描く時に、
何を一番ポイントにして、主役にして描けばいいのか、迷わずに描けるように
なっていくのではないのかなと思います。

 

step
2
筆づかい

 

 

2つ目は筆づかいです。遠景で描かれている部分はなかなか
分かりづらいですが、近景で描かれている部分は、筆跡がそのまま
残っていたりするので、岩の表現にはどんな風に筆をおいて岩らしい質感を
表現しているのか?とか、葉っぱの形や表現はどんなふうに筆跡を残して
いるのか?という筆づかいや筆跡がとても参考になります。

 

 

step
3
色あい

 

3つ目は色あいです。実際に風景を見て色を塗っていくと、
実際とどこかズレた色になったり、なんだかおかしいなと
違和感を感じることが、初めの頃はよくあると思うのですが、

背景美術の色合いを参考にして色を置いていくと
あまり違和感なく風景画として表現できるので、
とても参考になります。

 

とくに、暗闇の風景などは、闇の中で実際に風景を見て描く
ということはとても難しく、誰もできないので、
背景美術を参考にして、色を表現する
とても分かりやすいのではないのかなと思います。

 

 

 

step
4
光と影の表現

 

そして最後は、光と影の表現です。
これは、この4つの中で一番参考になると私は思っていますが、
光と影を描くのってとても難しいですよね。

 

 

でも、先ほども言ったように、すでに一つの「絵」として
背景美術は表現されているので、
これから風景画を始める人でも、表現することが
とても分かりやすいのではないかと思います。

 

 

どこまで光が差し込んでいるのか?
光と影の境界線の表し方はどう表現されているのか?
影はどこまで暗く表現しているのか?など、
とても参考になるのではないかと思います。

 

 

 

今回のまとめ

 

 

 

 

今回は、初心者が風景画を描く時の練習法!身近なお手本はこれ!!
風景を描きたいなら、背景美術を勉強してみよう!
ということについてお話してきました。

 

なぜこの背景美術を勉強することが、
風景を描くうえで上達するのか?というと、

 

もうすでに「絵」として描かれているからということでした。

 

いきなり実際に、風景を見て描くとき、何をどうやって
1つのキャンバスや紙の中におさめて描いたらいいのか?
ということを難しく感じることが多いので、

それを回避するためにも、まずはお手本として、
背景美術の画集を一冊購入して、模写をしてみるということ。

 

そして、背景美術のどこを見て勉強すればいいのか?
ということについては4つありました。

 

1.風景のきりとり方

一つの風景が何を一番見せて描いている絵なのか?
ということを考えながら見ていくと、自分で風景画を描く時に、
何を一番ポイントにして、主役にして描けばいいのか、迷いずらくなるということ。

 

 

 

2.筆づかい

近景で描かれている部分は、筆跡がそのまま
残っていたりするので、岩の表現にはどんな風に筆をおいて岩らしい質感を
表現しているのか?とか、葉っぱの形や表現はどんなふうに筆跡を残して
いるのか?という筆づかいや筆跡が自分で絵を描く時に、とても参考になるということ。

 

 

 

3.色あい

背景美術の色合いを参考にして色を置いていくと
あまり違和感なく風景画として表現できるし、とくに暗闇の表現は
実際に暗闇の風景を見て描くことはできないので
とくに参考になるということ。

 

4.光と影の表現

光と影の表現は、初めて風景を描く人には難しく、
すでに一つの「絵」として
背景美術は表現されているので、
これから風景画を始める人でも、表現することが
とても分かりやすいので、参考にしやすいとうことでした。

 

 

先ほども言ったように、私も初めの頃はよく
背景美術をお手本にして、練習していたので、
ぜひ一冊は背景美術の画集を買って
じっくり見ながらお手本にしてほしいなと思います。

 

ではまた次回。
ヽ(^o^)丿

↓↓↓↓↓↓

【初心のための練習】絵がうまく描けるようになるために、モノの質感を表現する練習をしてみよう!へ進む

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,