アナログ絵

簡単!!絵を描く初心者のための練習 グリッド線を目安にして絵を描いてみよう!

 

 

 

こんにちは!nagaです。
今回は、簡単!!絵を描く初心者のための練習
グリッド線を目安にして絵を描いてみよう
ということについてお話しようと思います。

 

 

絵を始めたいけど、なかなか下描きの時点で上手く描けない。

毎回よく見て描いているのに、どこか違和感を感じる。

 

(´・ω・`)ん~・・・・なぜだ?

 

 

こんな風に思うことはありませんか?

 

そんな時にはこれからお伝えする方法を是非ためして
みてほしいなあと思います。

 

グリッド線をひいて、絵の下描きの目安にしてみよう

 

 

真っ白な紙やキャンバスに、何かモノを見て絵を描く時、
なかなかうまく描くことって意外と難しいですよね。

 

 

そんな時はまず、グリッド線というものを紙やキャンバスに
引いて、写真模写から絵を描きはじめてみることをオススメします。

 

 

 

今回はこのカエルの写真をお手本に描いてみようと思います。↓↓↓↓↓

 

 

 

まず、絵を描く紙の真ん中にタテ線を引きます。
次に、横にも真ん中に線を引きます。
十字線になりました。

 

 

 

 

次は、真ん中の線から左右に、A4用紙サイズなら、1.5㎝間隔で、
紙の両端に向かって線を引いていきます。同じく横も真ん中に引いていきます。

 

 

 

こんな感じに1.5㎝間隔のマス目状になりました。

 

 

 

 

最後の左右上下線のマス目は、半端な間隔になっていると思いますが
問題ありませんので、大丈夫です。

 

 

次は、描きたいもモノを写真にとって、
絵を描く紙やキャンバスと同じ大きさにその写真をコピーして、
そのコピーした紙にも、さっきと同じように
グリッド線を引いていきます。
見えずらかったら、赤い鉛筆やペンなどで引きましょう。

 

 

グリッド線の準備ができたら、早速その写真をお手本に
描いていきましょう。

 

 

 

はじめにグリッド線を引いたので、その線を見ながら、
描く対象物がどのグリッド線上に対応しているのかを、
少しずつ確認しながら描いていきます。
急いで描こうとしないで、時間を作って、
まずは少しづつ丁寧に描いていきます。

 

 

描いてみると実際に分かると思いますが、
グリッド線がない、真っ白な紙に描いた時よりも、
明らかに、絵がゆがまず、ズレず、安定して描けることが
分かるのではないかなと思います。

 

 

 

 

最後まで下描きが描けたら、このグリッド線は消しゴムで消してください。

 

これは、アナログでのグリッド線になりますが、
デジタルで絵を描いている人でも応用できると思います。
デジタルソフトの中には、すでに、グリッド線という項目が
あると思うので、それを表示させて描けばいいと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

今回のまとめ

 

 

 

今回は、簡単!!絵を描く初心者のための練習
グリッド線を目安にして絵を描いてみよう
ということについてお話しました。

 

 

1.まずは紙やキャンバスの中心線をとって、その中心線から
上下左右に向かって等間隔で線を引いていくということ。

 

2.描きたいものを写真にとって、それをコピーし、
そのコピーした紙にも等間隔でグリッド線を引いていくということ。

 

3.グリッド線が描けたら、描きたいものがそのグリッド線のどの部分に
対応しているかを丁寧に見ながら、少しずつ描きたいものの
アタリをとって描いていくということでした。

 

なぜかよく見ていても、うまく描けないとか、ズレたり、
ゆがんでいってしまうという人は、このグリッド線を使った
描き方を何度か試してみるといいと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

ではまた次回!
ヽ(^o^)丿

 

 

↓↓↓↓↓↓

初心者でも簡単!鉛筆デッサンで使えるさまざまなタッチ練習とは?へ進む

-アナログ絵
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,