アナログ絵

【早描き技法③】風景画を描く時間がない!そんな時は、部分着彩して時間を短縮してみよう。

 

こんにちは!nagaです。
今回は、【早描き技法③】風景画を描く時間がない!
そんな時は、部分着彩して時間を短縮してみよう。
ということについてお話ししていこうと思います。

 

前回と、前々回、絵を描く時間を短縮できる方法についてお話しましたが、
今回も、多少時間を短縮できるのではないかな
と思う描き方を紹介していこうと思います。

もしかしたら、もうすでに風景画を描いている人は、
知っている方法かもしれませんが、
最後まで読んでみて、ぜひ挑戦してみてください。

 

ではさっそく解説していこうと思います。

 

( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

風景画を描く時間がない時に時間短縮できる部分着彩とは?

 

部分着彩とはなんなのか?ですが、
主に、線で絵を描いた時にその絵の中で、1番強調したい部分だけに
色をつける方法のことをいいます。

 

絵を描く時に、よくモノを面で描けといったりしますが、
面で描く絵ばかりが絵ではありませんよね。
線だけで描く線画だったり、ボールペンだけを使って描く
ボールペン画やペン画なども立派な絵です。

 

風景も、スケッチをしたりする時に、鉛筆などで描くと思いますが、
この線をあえて残して、その風景の中で
1番強調させたい部分や、色が際立っているなとか、
色が目立っているなというところにだけ色をのせます。

 

これは、線画を主役として絵にしたいときに描く方法です。
色を塗るのが面倒くさいからとか、手抜きをしたいからとか
そういうことではなく、あくまで、線を主役にしたものなので、
色はいつもよりも抑えて描いていきます。

 

全体的にがっちりした絵ではなく、ふんわりと柔らかな印象
受けるので、私は結構こんな雰囲気の絵も好きだったりします。

( ´ ▽ ` )

それに、風景画を描く時にも、この描き方は結構向いている
私は思っていて、とにかく風景は、描く部分の情報量が多いからです。
静物画や人物を描くときは、描く対象物の数がある程度決まっている
ことが多いですよね。でも、風景は山だったり、ビルだったり、
空だったり、道路だったり、看板だったり・・・

 

とにかく目に今見えているもの全てが風景の一つなので、
丁寧に最初から最後まで描こうものなら、時間はとにかく
たくさんかかります。なので、あまり時間がとれないけれど
風景画を描きたいというときは、線で描いて、少しだけ色を入れる
ということをうまく使うと、時間がなくても風景画を
描くことができるのではないかなと思います。

 

 

風景画を描く時間がない時に時間短縮できる部分着彩のメリットとは?

 

 

部分着彩のメリットについてですが、

1. 線画を主体にしているので、着彩する時間がかからない

この部分着彩という描き方は、線で絵を描くということを主体に
しているので、色を塗ることでは時間がかからないということです。
色は、その風景の中で強調したいなと思う部分に塗るので、
色を塗るということでは、普通に絵の具を使って描くときよりも
時間はかからないと思います。

 

 

2. 絵が柔らかい印象に仕上がる

先ほども少しお話しましたが、かっちりと絵の具を最初から
最後まで使って描いた絵とは違って、部分的にしか色を塗らない
ので、線や紙の余白によって、絵が柔らかく明るい印象になります。
なので、絵を本格的に描きたい人にはあまり向かないかなと思います。

 

 

3. 描く時間がかからないので、何枚も描ける

これは、絵の具を部分的にしか塗らないので、
線だけで風景をささっと描くことができれば、一日に
何枚も描いていくことができるのではないかなと思います。

 

 

 

風景画を描く時間がない時に時間短縮できる部分着彩のデメリットとは?

 

 

部分着彩のデメリットとは、

1. 線画で強弱をつけないとならない

 

例えば、奥行きの感じる風景なら、奥にあるものは
線を薄く、あまり筆圧を入れないで描くとか、
手前にある、近くに見えているものは、筆圧を少し強めに
入れて描くという感じです。

 

こうすることで、後から色をつけると、
線画がくっきりと残る部分と、あまり線画が目立たない部分ができ、
絵のバランスが崩れず、線画と色の調和がとれた絵に
仕上げることができるのですが、

 

この線画の強弱をつけないで描くと、部分的にしか色を塗らないので
メリハリのない、立体感をあまり感じられない絵になってしまいます。
なので、線画に強弱をきちんとつけて描いてあげるといいかなと思います。

 

 

 

2.  絵の具の濃度をうまく調整して塗らないと、
絵のバランスが崩れる

先ほどから何度も言っていますが、
線が主体の絵なので、普通に描くように、
そのまま絵の具を濃いままベタっっと塗ってしまうと、
線画とのバランスが崩れて、違和感のある絵になってしまうので
色を塗りたい部分の線画をよく見極めて、
絵の具の濃度をうまく調整して塗らないと、
絵のバランスが崩れてしまうので、気をつけないとならないかなと思います。

 

 

3. 線画が描けないとこの描き方は使えない

これは、もうどうしようもないことですが、
線で絵を描くことができなければ、この描き方は
使えないというそのままのことです。でも、
何かしらは誰でも必ず描けると思うので、これはデメリットとは
言わないかもしれません。

 

今回のまとめ

 

今回は、【早描き技法③】風景画を描く時間がない!
そんな時は、部分着彩して時間を短縮してみよう。
ということについてお話しました。

 

 

部分着彩とは
主に、線で絵を描いた時にその絵の中で、1番強調したい部分だけに
色をつける方法のこと。

 

 

 

メリットとしては、
1. 線画を主体にしているので、着彩する時間がかからない
2. 絵が柔らかい印象に仕上がる
3. 描く時間がかからないので、何枚も描ける
ということ。

 

 

 

そして、デメリットとしては、
1. 線画で強弱をつけないとならない
2.  絵の具の濃度をうまく調整して塗らないと、
絵のバランスが崩れ
3. 描く時間がかからないので、何枚も描ける
ということでした。

 

前回、前前回と、時間がない時や、どうしてもとれない時に
比較的に早く風景画を描ける方法として、全部で3つの
方法を紹介しました。

 

これ以外にも、たくさんの描き方があると思いますが、
絵は時間をきちんとかけて描いていくものだと私は思っているので、
時間がとれる時は、必ず時間をとって描いて欲しいなと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

 

また次回。

( ´ ▽ ` )ノ

 

↓↓↓↓↓↓

【早描き技法①】風景画を描く時間がない!そんな時はカマイユ画法で描く時間を短縮してみよう。へ進む